季語/葭戸(よしど)を使った俳句

「葭戸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葭戸」について

【表記】葭戸

【読み方】よしど

【ローマ字読み】yoshido

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葭障子(よししょうじ:yoshishoji)

・葭屏風(よしびょうぶ:yoshibyobu)

・簀戸(すど:sudo)

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

葭戸を含む俳句例

梅が香や奥物深き破れ簀戸/通達

日本橋葭町にして葭障子/秦豊吉

端渓の蓋の紫檀や葭障子/田中英子

寐返れば江の島見ゆる葭戸哉/竹囲

盆栽の松に風吹く葭戸哉/秋山楽之

地の白身をほぐす葭屏風/綾部仁喜

文机と硯箱のみ葭障子/経谷一二三

彩色は女の仕事葭障子/新山/武子

川痩せて点々と石葭障子/長谷川櫂

灯が消えて耳さとくをり葭障子/林翔

先代のうはさも少し葭障子/木村蕪城

白波の走るが見ゆれ葭障子/松藤夏山

簀戸たてゝ昼も啼せむきり~す/浪化

時じくに老母葭戸を燻らす/下村槐太

加茂人は葵の風に葭戸かな/渡辺水巴

牛込に細き空あり葭障子/小島千架子

父母の在りし日のごと葭障子/手塚金

濤声に簀戸堪へてあり鮓の桶/原石鼎

水音の近づいてくる葭障子/野澤節子

銀行の窓の葭戸や日の盛り/増田龍雨

俳句例:21句目~

山風を盆地へとほす葭障子/藤田直子

葭障子銀瓶ひとに過去ありき/及川貞

葭障子かさなり見ゆる間数かな/轡田進

葭障子細身の風の来たりけり/草間時彦

葭戸はめて柱も細き思ひかな/高濱虚子

しばらくは船の葭戸に遠花火/飯田蛇笏

葭障子洗ひ仕舞はれ月の蔵/波多野爽波

葭障子二枚綴りに三保見ゆる/松藤夏山

塔頭の茶屋めいて居て葭障子/河野静雲

葭戸幾つ列ねて奥や木々の風/島田青峰

葭戸過ぎ几帳も過ぎて風通る/山口誓子

人影のしきりに動き葭戸中/波多野爽波

朝があり夕べがありて葭障子/高野素十

葭屏風あらたまりては話なく/西村和子

雨だれや葭戸の中の灯しづか/日野草城

天馬橋見えて雨降る葭戸かな/山口青邨

鮒鮓の漬け方ならふ葭戸の間/大島民郎

広告の竹燈過ぎし葭戸かな/島村元句集

簀戸幾つ列ねて奥や木々の風/島田青峰

ものゝ影長くかゝりし葭障子/川崎展宏

俳句例:41句目~

簀戸はめて柱も細き思ひかな/高浜虚子

葭屏風立ててへだつる話かな/西村和子

真つ青に芙蓉蕾める葭戸かな/鈴木花蓑

起き臥しのすこし恙や葭屏風/大橋杣男

香を焚き簀戸くる風に朝茶くむ/及川貞

住みなして手狭ながらに葭障子/富安風生

何虫ぞ今宵も簀戸に来て鳴くは/寺田寅彦

川料理葭戸を透きて灯のながる/田中冬二

竹簀戸のあほちこぼつや梅の花/内藤丈草

簀戸の間に不況の家居藍を着て/長岡直子

簀戸入れていよゝ青しや今年竹/山岸治子

簀戸辷る疾き鳥に汐干日和なる/久米正雄

芙蓉ことに簀戸のへだての美しき/及川貞

葭屏風立てて待ちゐてくれたるよ/辻桃子

中庭に日のさしてゐる葭戸かな/渋沢秀雄

葭戸かげ置いて来し子のうすうすと/林翔

隠るるはすさびのはじめ葭障子/手塚美佐

葭戸しめてあまりひそかや枝蛙/増田龍雨

駅員の出たり入つたり葭戸かな/波多野爽波

みじか夜や間毎間毎の葭障子/久保田万太郎

俳句例:61句目~

茶の間まで葭戸幾重を見とほしに/大島民郎

膳はこぶ廊下のゆきゝ葭戸かな/大場白水郎

簀戸のうち二タ部屋通し使ふかな/小杉余子

灯を入れて葭戸透くなりどぜう鍋/石田波郷

やはらなる風のゆきゝや葭屏風/堀谷/鋭子

あけたての不思議なけれど葭障子/手塚美佐

簀戸の蔭すこし暗きがよかりけり/小杉余子

きのふより稽古休みし葭戸かな/稀音家塔九

葵かけし家の内なる葭戸かな/長谷川零餘子

野分浪立ちゐる簀戸をなほ替へず/内藤吐天

氷屋の簀戸に落ちたるはな火かな/会津八一

麻暖簾に掛けかへて奥に簀戸見ゆる/島田青峰

庭木見つゝ葭戸のかげに添乳かな/高橋淡路女

簀戸をたてに浴後の風を呼び居たり/島田青峰

堪へがたき海の青さに簀戸入るゝ/佐野まもる

簀戸いれて父母亡き座敷ただ広く/篠塚しげる

簀戸ごしに浮世のさまの墨絵めく/逢坂月央子

庭下りる人見えて居し葭戸かな/長谷川かな女

簀戸の中赤ん坊這ひ這ひするが見ゆ/山口青邨

昼寝起き簀戸打つ大蛾見たりけり/金尾梅の門

俳句例:81句目~

なりふりにかまけておくる葭戸かな/飯田蛇笏

たをやめのきりぎりすめく葭戸かな/吉屋信子

蠅啣へてむかで落ちたる葭戸かな/島村元句集

西が吹き出す簀戸から片身出て坐る/喜谷六花

葭戸出しそこに行李のしまはれぬ/波多野爽波

葭戸仕舞うて響也の手紙今日も来る/廣江八重櫻

簀戸入れて戸締まりもせぬ暮らしあり/上田一粒

葭戸中人立つてをるねころんでをる/波多野爽波

葭戸よりピンポン室の灯に惹かる/長谷川かな女

假越しのやゝ落ちつきし葭戸かな/久保田万太郎

萩のびて来てなつかしき葭戸かな/久保田万太郎

やゝつよき地震すぎたる葭戸かな/久保田万太郎

簀戸はめて能登に古りたる名家かな/大橋越央子

簀戸入れて住むによきほど海透けり/佐野まもる

簀戸のあけくれのあぐらの低さあはれむ/喜谷六花

月の簀戸しだいにかげりおそろしも/飛鳥田れい無公

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ