季語/新樹(しんじゅ)を使った俳句

「新樹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新樹」について

【表記】新樹

【読み方】しんじゅ

【ローマ字読み】shinju

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

新樹を含む俳句例

人媚て朝宴す新樹陰/暁台

一行の瞬き仰ぐ新樹雨/高澤良一

星屑や鬱然として夜の新樹/草城

日の洩りて里守神の新樹哉/袋布

麻二寸雀かくれの新樹かな/野径

鳩もきて洗ひ仏に新樹光/杉本寛

隣には木造のぼる新樹哉/炭太祇

指輪せし指の倖せ新樹光/塩崎緑

夜鶯闇の新樹は閃きぬ/小池文子

落慶の大塔聳ゆ新樹晴/田伏幸一

空暗くなり来新樹に風騒ぎ/虚子

白雲を吹尽したる新樹かな/才麿

父想ふことが力よ新樹行/星野立子

煮鰹をほして新樹の烟哉/服部嵐雪

湖の舟に四方の新樹かな/樋口桂紅

楡新樹大いに笑ふ亡命者/有馬朗人

この新樹月光さへも重しとす/青邨

柿葺新樹のふらす花黄なり/瀧春一

枝重ね新樹となりし大桜/高木晴子

しら雲を吹尽したる新樹かな/才麿

俳句例:21句目~

枝深く新樹も冥さそだてをり/林翔

新樹山歩き廻りし足の筋/高澤良一

新樹山白雲移り易きかな/高澤良一

伊勢船を招く新樹の透間かな/素堂

鱒釣るや新樹の光一様に/中島月笠

入相の鐘鳴り渡る新樹かな/あふひ

霧の谷新樹層々と墨いろに/瀧春一

記念植樹白樺新樹五十本/高濱年尾

舞ふ我に新樹の風や薪能/金井綺羅

終曲や人動かずに新樹揺れ/杉本寛

畳替りて新樹の中の御庵/河野静雲

新樹透く夕陽や奈良の粗壁に/桂信子

前山の新樹に吸はる昼の雨/高澤良一

新樹道夕月いまだ色解かず/平松措大

新樹風一息に尾根渡る見ゆ/高澤良一

新樹高く吉田の橋もすぐるなり/巴人

君遠し夜の新樹の香殺到し/三好潤子

日の新樹雨の新樹と色重ね/稲畑汀子

朝の音重ね新樹の雨となる/稲畑汀子

林間にさんざめく鳥新樹雨/高澤良一

俳句例:41句目~

正夢のローマの町よ新樹光/今泉貞鳳

滝浴のまとふものなし夜の新樹/誓子

瀧三條夕日にかゝる新樹かな/泉鏡花

ひとりゆく新樹の夜道舐の如し/汀女

皇居辞し新樹に集ふ祝ぎ衣/藤田貞子

壬生念仏新樹廂の裏に伸び/岸風三楼

絵ガラスの聖書物語新樹光/守屋房子

夕風の一刻づつの新樹濃し/中村汀女

繋がれて新樹の犬の舌厚し/大石雄鬼

街の鳥此処に憩へり楠新樹/高澤良一

衣更へて新樹に対す心かな/島田青峰

夜の新樹より装束の能役者/千原叡子

新樹かげ濃き一本に牧広く/高濱年尾

覗きみて秘仏小さし新樹光/都筑智子

谷の坊屋形めでたき新樹かな/及川貞

隙々を白雲わたる新樹かな/西山泊雲

ピアノの灯新樹の雨に誕生日/及川貞

雉鳴いて新樹一斉に雫せり/相馬遷子

雨けぶる新樹書屋の墨竹図/西島麦南

夜の雲に噴煙うつる新樹かな/秋櫻子

俳句例:61句目~

雨を吸ひ物音を吸ひ山新樹/高木晴子

大学を暗しと見たる新樹かな/森田峠

露地新樹雀打つ子は直ぐかくれ/綾子

一聯の漁火つらぬける夜の新樹/蓼汀

青年の背丈新樹の間きて/百合山羽公

鳥ごゑの語尾尻上り新樹山/高澤良一

鳶の輪の広がる島の新樹光/村上辰良

鷺死んで下る新樹の白日や/渡辺水巴

新樹切り倒してみたき誕生日/皆吉司

新樹山玻璃一杯に納まれり/高澤良一

屋内へ雑木新樹の影さしぬ/右城暮石

新樹山連なるまゝを写生帖/高澤良一

新樹深く囲みて長し石の塀/吉屋信子

兄妹のパリーに会す新樹雨/高木晴子

円く濃き新樹の影にバスを待つ/篠原

新樹等の喝采の中通りけり/今瀬剛一

ポロネーズ新樹の森に甦る/篠崎余士子

山かけて新樹なだるゝ庭に雨/高木晴子

かぎりなく夕映かはる新樹かな/桜坡子

掬水のCOOLと女新樹より/古舘曹人

俳句例:81句目~

暁方を鹿の群れゐる新樹かな/石田郷子

この森の新樹くゞるも縁とす/杉山岳陽

山内やこん~として新樹の香/田村木国

山径を降らるるままに新樹雨/高澤良一

幸来ると思ひぬ新樹天に炎ゆ/細谷源二

新樹かげ朴の広葉は叩き合ふ/前田普羅

御羽車しろし新樹の闇ふかく/岸風三楼

朝の虹ひとり仰げる新樹かな/石田波郷

まのあたり朝日が当る新樹山/高澤良一

息合はせ漕ぎ出す舟や新樹光/小島由理

深海の如く色持つ山毛欅新樹/牧野鈴鹿

水音の中に句を書く新樹かな/渡辺水巴

白々と何の新樹か吹かれ立つ/高木晴子

わが恋は失せぬ新樹の夜の雨/石塚友二

湯疲れのそこはか溜る新樹雨/高澤良一

新樹蔭鬱然と深し歩をとどむ/内藤吐天

新樹光泉あふれてより昏し/鷲谷七菜子

新樹どち裹まんとし溢れんとす/草田男

新樹光月没れば夜に沈みけり/安井信朗

琴坂の新樹洩れくる夕日かな/星野立子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ