季語/菖蒲湯(しょうぶゆ)を使った俳句

「菖蒲湯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菖蒲湯」について

【表記】菖蒲湯

【読み方】しょうぶゆ

【ローマ字読み】shobuyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菖蒲風呂(しょうぶぶろ:shobuburo)

・蘭湯(らんとう:ranto)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

菖蒲湯を含む俳句例

菖蒲湯に裸一貫の男見よ/尾崎紅葉

菖蒲湯も小さ盥ですましけり/一茶

菖蒲湯の菖蒲片寄り沸き居たり/篠原

菖蒲湯の底まで夕陽子と沈む/飴山實

菖蒲湯に永浸る妻何足るや/石田波郷

颯々と菖蒲湯こぼす女多し/萩原麦草

菖蒲湯や命めでたき老の者/若尾潤水

菖蒲湯に兄弟父を流し合ふ/高橋悦男

菖蒲湯の香の染みし手の厨ごと/及川貞

菖蒲湯に浸つてゐたる健吉忌/佐川広治

浸りつつたゆたふ齢菖蒲風呂/皆吉爽雨

少年のとび込む音す菖蒲風呂/中山純子

菖蒲湯の熱きに後頭まで漬る/川崎展宏

菖蒲湯へ来る少年の女下駄/小野冬虹子

わが肌に老斑いまだ菖蒲風呂/亀井糸游

菖蒲湯へ妻子がゆきぬ眉月が/古沢太穂

胸乳にも触る菖蒲湯の葉刀は/品川鈴子

菖蒲湯にあをきさざ波健吉忌/佐川広冶

菖蒲湯を纏いて眠れ眠れかな/二村典子

菖蒲湯を出て公達の目鼻だち/小澤克己

俳句例:21句目~

菖蒲湯にざっと浸りて若返る/高澤良一

廊下まで匂ふ楽屋の菖蒲風呂/片岡我当

菖蒲湯や病夫の腕のいくさ傷/斉藤富美

菖蒲湯の昼の窓から顔を出す/菅原鬨也

菖蒲湯の一夜経たるは禍々し/大石悦子

父ありし日の熱すぎし菖蒲風呂/廣瀬直人

研修を終へて来し子や菖蒲風呂/八巻絹子

蘇生してよりの長寿や菖蒲風呂/富田潮児

世に隠れ菖蒲湯をひた溢れしめ/小林康治

さうぶ湯やさうぶ寄くる乳のあたり/白雄

幸さながら青年の尻菖蒲湯に/秋元不死男

息ふかく菖蒲湯に肩しづめたり/渡辺立男

罪深き女よな菖蒲湯や出でし/芥川龍之介

菖蒲湯にひらきし五指の裏おもて/長田等

菖蒲湯に共につかりて母癒えよ/岡本庚子

菖蒲湯に四肢をいたはる呟きよ/河野南畦

菖蒲湯に妻より先の死を願ひ/冨田みのる

菖蒲湯に子のなき乳房沈めけり/高橋秀夫

菖蒲湯に端然と胸乳ふくまする/細見綾子

菖蒲湯に雨ききながら浸りゐる/田中冬二

俳句例:41句目~

菖蒲湯の形ばかりの葉を浮かべ/高浜年尾

さうぶ湯や濡手に受る雨三粒/大須賀乙字

菖蒲湯の菖蒲に寄せぬ術後の身/高澤良一

菖蒲湯の雀斑に匂ひなかりけり/高澤良一

菖蒲湯の香のしみし手の厨ごと/中村汀女

菖蒲湯の窓開けてをり灯さずに/横井博行

菖蒲湯や眉落したく思ひもす/高橋淡路女

菖蒲湯をざんぶりと出づ赤仁王/高澤良一

菖蒲湯を出てかんばしき女かな/日野草城

菖蒲湯を出て来て父も子も胡座/稲田眸子

頭からかぶり菖蒲湯香りけり/深見けん二

菖蒲湯へ旦の下駄のあとしるく/大橋櫻坡子

はやばやと入りて菖蒲湯匂はすか/高澤良一

菖蒲湯にかろき恙を入りにけり/大橋櫻坡子

児の臀のまろきを洗ひ菖蒲湯に/小松崎爽青

菖蒲湯に乳房冷えゆく死の報せ/加藤知世子

永浸る子が焚きくれし菖蒲湯に/石田あき子

菖蒲湯や男の子ばかりを育てたる/野一広美

菖蒲湯にとつぷり月のものあがり/品川鈴子

菖蒲湯の子の体積をあふれさす/黒坂紫陽子

俳句例:61句目~

菖蒲湯や立身のことおろそかに/鈴木しげを

我入れば暫し菖蒲湯あふれやまず/高浜虚子

旅の日の二日おくれの菖蒲風呂/平山/愛子

菖蒲湯にしたしく老躯しづめあふ/石原舟月

菖蒲湯に逢ひて世相を歎きけり/成瀬桜桃子

菖蒲湯を出てより守宮ぬられけり/松瀬青々

菖蒲湯の子の肩へ吾が掌より波/大岳水一路

菖蒲湯をたのしみ行きぬ町住ひ/高橋淡路女

ひき汐へ遠くなる菖蒲湯の我/飛鳥田れい無公

菖蒲湯や男の子はつひに生まざりし/飯田希々

菖蒲湯をかけ合ふ吾子にまじり浴ぶ/近藤一鴻

泣きながら子は育つもの菖蒲風呂/小浦登利子

子らばかりゐて菖蒲湯をぬるくしぬ/田村了咲

菖蒲湯に今日はじめての灯が浮ける/宮津昭彦

さうぶ湯につぶし島田の浮かみけり/加藤郁乎

さうぶ湯に老いたる獅子に似て沈む/伊藤白潮

ある露地に菖蒲湯あふれ来たりけり/石橋秀野

菖蒲湯にけふ染めし彩の掌をひろぐ/中戸川朝人

菖蒲湯にうめる水白く落ちにけり/阿部みどり女

子のをらぬ日の菖蒲湯をたてにけり/ふけとしこ

俳句例:81句目~

菖蒲湯や乳房ありけり童女のような/長谷川かな女

菖蒲湯へ月のからかさ傾きて/『定本石橋秀野句文集』

菖蒲湯へ罷りし留守のかどの錠/『定本石橋秀野句文集』

菖蒲湯へうちつけの言措きていづ/『定本石橋秀野句文集』

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ