季語/名月(めいげつ)を使った俳句

「名月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「名月」について

【表記】名月

【読み方】めいげつ

【ローマ字読み】meigetsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・十五夜(じゅうごや:jugoya)

・仲秋節(ちゅうしゅうせつ:chushusetsu)

・芋名月(いもめいげつ:imomeigetsu)

・今日の月(きょうのつき:kyonotsuki)

・今宵の月(こよいのつき:koyoinotsuki)

・月今宵(つきこよい:tsukikoyoi)

・三五夜(さんごや:sangoya)

・三五の月(さんごのつき:sangonotsuki)

・端正の月(たんしょうのつき:tanshonotsuki)

・名高き月(なだかきつき:nadakakitsuki)

・望月(もちづき:mochizuki)

・望の夜(もちのよ:mochinoyo)

・満月(まんげつ:mangetsu)

・明月(めいげつ:meigetsu_)

季節による分類

・「め」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

名月を含む俳句例

明月を遮る庇面白し/虚子

名月や舟虫走る石の上/桃隣

名月や北国日和定なき/芭蕉

名月や源ちかき御溝水/武然

名月や明方青き淡路嶋/青蘿

名月や神泉苑の魚躍る/蕪村

名月や枕に匂ふ古手箱/成美

山里は汁の中迄名月ぞ/一茶

名月や宝の山は鼻の尖/嬰夫

名月や茄子畠に人の声/乙由

名月や故郷遠き影法師/漱石

院々の古き硯や今日の月/雁宕

名月や水底濁す四つ手網/亀柳

名月の御覧の通り屑家也/一茶

明月やばらばら鶏の俄客/浪化

名月や煙這ひ行く水の上/嵐雪

明月や一声くもる天津雁/許六

明月や風さへ見得て花薄/希因

名月に麓の霧や田の曇り/芭蕉

満月の紅き球体出で来る/誓子

俳句例:21句目~

名月や草木に劣る人の影/梅室

名月や宵は女の声ばかり/木節

名月や眼ふさげば海と山/白雄

名月や壁に酒のむ影法師/半綾

名月や芒に坐とる居酒呑/一茶

名月や草の闇みに白き花/左柳

名月や野末の雲に人の声/南雅

雲裏に閏名月方丈記/佐野美智

名月や家より出て家に入/一茶

名月や門へさしくる潮頭/芭蕉

夜烏や暁かけて今日の月/萬客

名月や高観音の御ひざ元/一茶

十五夜や母の薬の酒二合/木歩

名月や野中岩倉松ヶ崎/尾崎迷堂

月今宵野分の雲の中走る/辻桃子

名月や筆の言葉の引廻はし/園女

一村は芋名月の暈の中/工藤義夫

名月や垣根の内のもぎ茄子/巴流

けふの月空に心のすめる哉/桂舟

名月や夜は人住ぬ峰の茶屋/蕪村

俳句例:41句目~

盃はめぐり望月とゞまらず/躑躅

待つ程や趣向の枕今宵の月/丸之

名月にあからみそめよ櫨楓/文鳥

名月や墨摺くだす古瓦/加舎白雄

名月や佃を越せば寒うなる/山店

名月や何に驚く雉の声/京-示右

名月や客を窺ふ門の松/立花北枝

名月にゑのころ捨る下部哉/蕪村

名月の夜にも炭やく烟かな/乙二

名月や此の松陰の硯水/黒柳召波

嵐吹く草の中より今日の月/樗良

名月や兎の糞のあからさよ/超波

名月や宮城郡の松島寺/橋本夢道

命こそ芋種よまた今日の月/芭蕉

名月や椽とり廻す秬のから/去来

名月に葉隠れ柑子見出たり/成美

名月や厠にて詩の案じぐせ/召波

酒買に千里の外や今日の月/几董

隣へも酒のあまりや小名月/才麿

名月の昼迄大工遣ひかな/炭太祇

俳句例:61句目~

名月に鴉は声を呑まれけり/智月

酒臭き鼓うちけり今日の月/キ角

名月や煙はひ行水の上/服部嵐雪

名月や各々当座なかりけり/俵雨

名月や君かねてより寐ぬ病/太祇

名月や志賀の磯田の榎いろ/智月

蟷螂の小肱とらん今日の月/酒堂

名月や桜にしての遅桜/井原西鶴

名月や下戸の建たる蔵引ん/多少

名月や仏のやうに膝をくみ/一茶

名月や明けて気のつく芒疵/一茶

名月や琴柱にさはる栗の皮/園女

名月や雨を溜たる池のうへ/蕪村

名月や雷のこる柿の末/浜田酒堂

名月や露の流るゝ鐵兜/幸田露伴

望の月西行峠さびれける/下田稔

花守は野守に劣るけふの月/蕪村

一満月一韃靼の一楕円/加藤郁乎

早舞の融の霊や望の月/鈴木勘之

芋の子の名月を待つ心かな/許六

俳句例:81句目~

芋名月母妻嫁の並びをり/杉本寛

明月や家賃の外の坪のうち/野馬

明月や碁盤の如き珠数屋町/茅舎

明月や舟を放てば空に入る/露伴

名月や人に押合ふ鳥の影/千代尼

名月や洲にはね揚る江鮭魚/史庭

働いて机上乱雑満月なり/澁谷道

夕月のそれも満月遠野郷/岸田稚

満月に正面したる志/深川正一郎

満月の中島消えて島の影/岸田稚

満月の凛々たるへ一路かな/林翔

満月の暗闇多き奈良の町/知世子

満月を庵一杯の山居かな/中勘助

真向ひの山に満月柚子の里/公鳳

名月の帆さきに嬉し須磨明石/里紅

名月や十三円の家に住む/夏目漱石

名月や汐みちくればさゞれ蟹/蓼太

名月の竹竿細く緊りをり/山田晩水

蒼海の浪酒臭し今日の月/松尾芭蕉

名月の花かと見えて綿畠/松尾芭蕉

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ