季語/花園(はなぞの)を使った俳句

「花園」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花園」について

【表記】花園

【読み方】はなぞの

【ローマ字読み】hanazono

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花壇(かだん:kadan)

・花畑(はなばたけ:hanabatake)

・花圃(かほ:kaho)

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

花園を含む俳句例

春分を迎ふ花園の終夜燈/飯田蛇笏

梨の花園丁の恋知つてをり/林克己

氷上に花園なして鴛鴦ねむる/星眠

燈台の娘は花園に土用浪/飯田蛇笏

百八や月の花園真如堂/松根東洋城

花園の垣倒れたる野分哉/正岡子規

花園の塀の中より石鹸玉/鈴木花蓑

花園や畑中にたつ大根市/西山泊雲

草花に茶代を吝む鶯花園/正岡子規

仲秋や花園のものみな高し/山口青邨

海酸漿籠に花園盛るごとし/宮津昭彦

花園に晩涼の蝶一しきり/松本たかし

花園よりだるい手が伸び灰雲垂れ/八木三日女

花園日記図でものゝ芽をたどりけり/西山泊雲

税署の花園に「みなさんの花です大切に」/中村草田男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ