季語/甚平(じんべい)を使った俳句

「甚平」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「甚平」について

【表記】甚平

【読み方】じんべい

【ローマ字読み】jimbei

子季語・関連季語・傍題・類語など

・甚兵衛(じんべえ:jimbe)

・じんべ(じんべ:jimbe_)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

甚平を含む俳句例

甚平に甚平の子の肩車/大口蘇峰

中元の昔甚平はや着まく/皆吉爽雨

甚平も胸毛も白き老筆司/菅田賢治

仏桑花柄の甚平奢りとす/高澤良一

雨ふるや甚平赤き田植人/岡本松浜

甚平の力をつかふ老の指/古舘曹人

甚平の父に酒豪の昔あり/島谷征良

甚平や鹿児島弁の接骨医/川村紫陽

晩年の甚平の袖大振りに/近藤一鴻

甚平や長身つねに歎きあり/赤松子

甚平の紐に都電の定期券/館岡沙緻

甚平着て人の噂の渦の中/青木重行

甚平を雲のごとくに終戦日/原田喬

誓文の赤甚平着て店主われ/辻本斐山

傍からの視線固より甚平着/高澤良一

甚平や雪駄の踵浮かせきし/脇坂啓子

型破りできぬ生涯甚平着て/伊東宏晃

裸子に甚平著せよ紅藍の花/高浜虚子

甚平やおもはぬ函に琴の爪/石川桂郎

着ずなりし甚平二枚秋の雨/皆吉爽雨

俳句例:21句目~

新涼の甚平に裾なかりけり/草間時彦

あっさりと白旗掲ぐ甚平着/高澤良一

皺む腹甚平におし包みけり/高澤良一

甚平を着て気味悪き男かな/京極杞陽

甚平着見て振り返る甚平着/高澤良一

甚平やこころざしなほ衰へず/佐藤忠

甚平着て父の背丈を思ひをり/杉本寛

甚平の肩怒らせて孤独なる/堀内一子

目と目遇ふ甚平同志軽会釈/高澤良一

きてもみよ甚平が羽織花衣/松尾芭蕉

甚平をもて老残をつつみをり/飴山實

甚平に捌けて口調も応対も/高澤良一

甚平を着て雲中にある思ひ/鷹羽狩行

甚平や老残いよよ明らかに/富田直治

甚平や勤めあげたる白き眉/近藤一鴻

甚平の紐結びやる濡手かな/皆吉爽雨

甚平を着て町裏の舟溜り/木村里風子

甚平や自作自銘の楽茶碗/水原秋櫻子

着始めは他人のやうに甚平着/高澤良一

老の肌甚平すこし刺すを着る/皆吉爽雨

俳句例:41句目~

老婆歩きつつ甚平に手を通す/山口誓子

行かざりし葬を思ふ甚平かな/綾部仁喜

阿波藍の甚平なじむ喜雨亭忌/岡田貞峰

仁丹があり甚平のポケットに/皆川白陀

佛いろなる甚平を着たりけり/金田咲子

甚平には草履不慣れな歩き方/高澤良一

妻がなければ甚平はじだらくや/森澄雄

戀はものの男甚平女紺しぼり/高濱虚子

淵のこと甚平翁に訊きゐたる/大石悦子

甚平が術後の吾を待ってをり/高澤良一

甚平とバッハを愛し不惑なり/満田光生

甚平に肩幅透きて夫癒ゆる/東郷喜久子

甚平に著替へて軽き起居かな/加藤三陽

甚平のよその児にゆく眼かな/石橋秀野

甚平の前をはだけて宇宙論/佐々木六戈

甚平の好さがわかってくる齢/高澤良一

甚平の小男の祖父偉かりき/百合山羽公

甚平の父を二人子守りけり/八木林之介

甚平の竿師一竿を仕上げ来る/内山亜川

甚平の紐ゆるやかに結びたる/鈴木貞雄

俳句例:61句目~

甚平ややがての日まで腕時計/遠藤梧逸

甚平や一誌を担う脛ほそし/松本夜詩夫

甚平や一誌持たねば仰がれず/草間時彦

甚平や性懲りもなく人の世話/山本蓬郎

甚平や浪花男といはれもし/石川ただし

甚平や籠ればややに市隠めき/石塚友二

甚平や肩書きとれてただのひと/岬雪夫

甚平や蔵書少なき身のほとり/高橋喜祐

甚平を着て出て竹箆返しかな/青木重行

甚平を着て妻に子に疎まるる/茨木和生

甚平を着て居籠れる齢ならず/大熊輝一

甚平を着て空中を歩きけり/磯貝碧蹄館

甚平を着て閑人のやうにをり/森田公司

甚平を着て鬼貫の忌なりけり/岸風三樓

甚平着て大阪人となりにけり/小池半山

甚平着て女難の相はなかりけり/安住敦

甚平着て転向といふ暗部あり/藤田湘子

甚平着て饅頭笠着て土佐の人/高浜年尾

甚平著て浮世離れの男かな/重森百合女

甚平著て饅頭笠著て土佐の人/高濱年尾

俳句例:81句目~

甚平着て別の賢さ生れたる/後藤比奈夫

甚平着て晩節汚すこともなし/赤木しげ子

お化け小屋呼び込み男の甚平着/高澤良一

物干に子の甚平のゆれてゐし/松藤/三鶴

甚平の紐結ふ手つき馴れてきし/高澤良一

サンダルを履き違へ来し甚平着/高澤良一

酢の飯を扇ぐ余生の甚平かな/河西みつる

甚平を著つゝ馴れにし門すずみ/清原枴童

甚平にヒヨイと夢附く摘み捨つ/永田耕衣

甚平着こころもとなき脛たたき/高澤良一

甚平着て老猿のごとく歩むなり/松村蒼石

甚平やすこしおでこで愛らしき/日野草城

甚平の食い込む紐をゆるめをり/高澤良一

甚平着て何やらゆとりとり戻す/藤田柾実

甚平着て間なし草履の鼻緒擦れ/高澤良一

甚平の父欅の母顕つ木槿路地/伊丹三樹彦

甚平の師をうやまふや限りなし/岩崎照子

甚平の似合ふ肩書取れてより/多賀谷榮一

甚平のふところ紐を先づしかと/高澤良一

脱け殻のごとき甚平たたみけり/長山芳子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ