季語/水涸る(みずかる)を使った俳句

「水涸る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水涸る」について

【表記】水涸る

【読み方】みずかる

【ローマ字読み】mizukaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・渇水期(かっすいき:kassuiki)

・川涸る(かわかる:kawakaru)

・沼涸る(ぬまかる:numakaru)

・池涸る(いけかる:ikekaru)

・渓涸る(たにかる:tanikaru)

・滝涸る(たきかる:takikaru)

・涸池(かれいけ:kareike)

・涸沼(かれぬま:karenuma)

・涸滝(かれだき:karedaki)

・涸川(かれがわ:karegawa)

季節による分類

・「み」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

水涸るを含む俳句例

涸川の大禍時や徒渉る/槐太

水涸れて柳短き寒さ哉/呉仙

涸れきつた川を渡る/山頭火

涸川の一むら赤し蓼の茎/鼠骨

涸川に何焚きし灰堆く/高濱年尾

涸れきつた川を渡る/種田山頭火

水涸れてあはれや橋の添柱/平砂

涸滝のなほ執念の一縷かな/翠舟

境内に涸池二つ天竜寺/大場活刀

涸滝を遡りゆく黒揚羽/平林孝子

山水の涸れ~ながら玉走る/王城

涸れ残りたる水鏡暮れ残り/耕衣

岩相の九十九態や川涸るる/林翔

川涸れぬ磧の中の渡り板/高濱年尾

涸谿の木霊言霊冬ざるる/佐原トシ

涸れ滝へ人を誘ふ極寒裡/飯田蛇笏

涸磧梟師は長影をひき/宇多喜代子

祝宴へ幾すぢ涸れし川わたる/林翔

参詣の人に冬涸れ御講水/高浜虚子

涸川に石の放さぬ赤き布/辻田克巳

俳句例:21句目~

涸渓が荒海と会ふ裏日本/津田清子

水涸の水を硯の写経かな/尾崎迷堂

頑に音のんで溪涸れにけり/上村占

銃口に狙われ涸れし沼氷る/飴山實

沼涸れて狼渡る月夜かな/村上鬼城

水涸れて池のひづみや後の月/蕪村

蟒のすむ沼涸れて雲の峯/子規句集

男去る涸滝壺を罵りて/上田五千石

甌穴が三百ほども川涸るゝ/森田峠

涸川の流れの迷ふ大河原/宮田俊子

瀧涸れて垂水の黝く岩づたふ/篠原

滝涸れて垂水の黝く岩づたふ/篠原

滝川の涸れたる岩に人小さし/木国

涸滝の落ちゆく末は風の音/山口草堂

母病めば冬の涸れ溝風通ふ/小林康治

水仙の散華涸れざる現川/下村ひろし

水始めて涸るる磧に鴉ゐて/池田秀水

涸れ河へ白木蓮の聖歌隊/田川飛旅子

水涸れや蝦の泳ぎのすきとほり/良太

涸河の水海となる波立てり/松村蒼石

俳句例:41句目~

涸川を徒渉て恵方の観音堂/関森勝夫

涸川の飴いろ鴉来たりけり/長谷川双

一弟子と涸川わたり伊勢県/巌谷小波

一橋脚さびし涸川もそこに鳴る/林火

水涸るゝ上に道あり人通る/田中裕明

涸川の涸れ灌木に移りけり/高澤良一

水涸れし噴水台は鳩のもの/山本歩禅

水車廻す力を残し水涸るる/池田秀水

傷兵と子に噴泉の水は涸れ/岸風三楼

冬籠火上に瞳涸らしけり/大須賀乙字

水涸れし磧のはてに山眠る/田中冬二

水涸れて人は祷りのあかつきを/鷹女

水涸れて出る杭長し浮寝鳥/塩谷華園

岸と岸繋りそめて川涸るる/藤崎久を

涸川に鳥たつ木曽の夕ぐれは/桂信子

詩藻涸れ金銭感覚鈍りけり/鈴木修一

川涸れの蘆暮れなんとして白き/鴻村

蛇行せる力残して川涸るる/真田清見

簗かけし杭そのままに水涸るる/翠影

妻が指置きても涸れし泉石/桂樟蹊子

俳句例:61句目~

逢坂の蝉の小川は涸れにけり/野呂子

涸川に憮然と橋のかかりけり/大串章

金死して涸れ残る水の氷哉/正岡子規

滝涸れて一枚巌となりにけり/桜坡子

川涸れて包茎の岩現はるる/辻田克巳

涸れつくし母炎天の礫めく/小林康治

谷河の大岩の根に涸れ残る/寺田寅彦

滝つぼの底の大岩滝涸るゝ/伊東柳吟

涸川に影も小石の数もてり/平井照敏

涸るる水さらに三筋に岐れ落つ/爽波

山しづか涸滝も亦静なる/西岡つい女

水涸れて芦の中ゆく径かな/高田蝶衣

涸れきつた父よ臘梅から朝日/伊藤和

渓眠る石ありて水涸れ残る/内藤吐天

放蕩を尽せし滝の涸れにけり/大串章

汗涸れぬ高梁雲を凌ぐ午下/相馬遷子

涸れ川を右し左し探梅行/五十嵐播水

涸瀧の落ちゆく末は風の音/山口草堂

水涸れに尚うつる大榎かな/松浦為王

涸川の杭一禽を得て痩せぬ/池田秀水

俳句例:81句目~

涸川の岩に腹すり鱒ほそる/佐野美智

池涸れて尚ほ青空を映しをり/波止影夫

水涸れて天才少女とはかなし/田中裕明

涸れ川は蒼い包帯村の目覚め/斎藤白砂

涸れ川を鹿が横ぎる書架の裏/中島斌雄

涸川が野梅の裏にまた白し/百合山羽公

涸川の明るさ石を投げてより/鈴木重美

涸川や渡らで遠き梅見人/長谷川零餘子

涸池の光りてそこに水のこる/辻田克巳

涸溝の底つたひ田に人通ふ/川島彷徨子

涸滝にみち突き当る御陵みち/高濱年尾

涸滝のいつまで男去らしめず/倉橋弘躬

涸滝のなほどことなく水落す/高浜年尾

涸滝のにじみそめたる蕗の薹/清崎敏郎

涸滝の風生む力ありにけり/五十嵐播水

涸滝を色めきとびし鶲かな/五十嵐播水

滝涸るる遂に見せざる水の裏/河野南畦

滝涸れて気違ひ照りの紅葉哉/中川宋淵

三輪山の影置く池も涸れはじむ/森田峠

滝涸れて音なき山の深さかな/平林七重

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ