季語/鳰(かいつぶり)を使った俳句

「鳰」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳰」について

【表記】鳰

【読み方】かいつぶり

【ローマ字読み】kaitsuburi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・赤頸かいつぶり(あかえりかいつぶり:akaerikaitsuburi)

・耳かいつぶり(みみかいつぶり:mimikaitsuburi)

・羽白かいつぶり(はじろかいつぶり:hajirokaitsuburi)

・かいつむり(かいつむり:kaitsumuri)

・におどり潜り鳥(むぐりどり:muguridori)

・一丁潜り(いちょうむぐり:ichomuguri)

・八丁潜り(はっちょうむぐり:hatchomuguri)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鳰を含む俳句例

畠打や肱の先の鳰の海/一茶

鳰円山川の緩流に/京極杞陽

燦燦と浪と浪間の鳰/中田剛

鳰鳥も蘆刈る人も風の中/黄枝

かくれけり師走の海の鳰/芭蕉

筑摩江やたつべをのぞく鳰汝村

破れ鐘も霞む類か鳰の海/言水

月光の波の鍵盤鳰の唄/原柯城

鳰人をしづかに湖の町/森澄雄

潜り際毬と見えたり鳰/中田剛

菜の花の匂ひや鳰の磯畑/素牛

鳰の声して風除の裏は湖/柏翠

一夜来て泣友にせん鳰の床/風国

きらめきし後の昏きが鳰/齋藤玄

鳰引佐郡引佐を潜りけり/峠素子

鳰吹かるる岸の曠野なり/斎藤玄

春の暮鴎の波に鳰の乗り/岸田稚

暮れはてて光の底の鳰/山西雅子

百姓の漸く暇に親子鳰/福田蓼汀

鳰入人をしづかに湖の町/森澄雄

俳句例:21句目~

朝茜鳰の浮巣を荘厳す/鈴木公二

金泥の水の落日鳰くぐる/桂信子

鳰人を面白さうに見る/高澤良一

みづうみの半眼にして鳰/中田剛

水の玉振るひおとせよ鳰/中田剛

鳰葭に集りぬ湖暮るる/中村汀女

水鳥もふねも塵なり鳰の海/梅室

鳰鳥の息のながさよ櫨紅葉/誓子

鳰の海紅梅の咲く渚より/森澄雄

道の児も鳰も西日の倭文村/龍太

鳰の巣の浮み出けり宵月夜/成美

湖や渺々として鳰一つ/正岡子規

鳰の奥の浮み出けり宵月夜/成美

鳰沈み水は一枚板となる/森田峠

漂へるものと遊びて鳰/大石悦子

潜かむと鳰一身を緊めし/本井英

鴨宿の裏あらはなり鳰/中井余花朗

鳰顔を洗ひに潜きけり/山崎十死生

幼なくて息のつづかぬ鳰/西村和子

嶽々や鳰とりまはす雪けぶり/史邦

俳句例:41句目~

雪晴や水騒がして交る鳰/鈴木花蓑

四方より花吹き入れて鳰の波/芭蕉

見渡して鳰の数ゐる松手入/森澄雄

散り紅葉泛べる水に鳰あそぶ/春潮

隠沼に鳰ゐて錆びぬ白椿/石川桂郎

日白うして鳰啼くや松納/渡辺水巴

薄氷やひとりたのしき鳰/石田波郷

花筏やぶつて鳰の顔のぞく/飴山實

あかときの淡海は昏き鳰の笛/春樹

無駄金をたんとつかへば鳰/辻桃子

鳰水凹ませて浮き出でし/小川軽舟

天平の鳰の裔かや初もぐり/飴山實

鳰にも青空のうれしくて/石田郷子

鳰どりも鴎もこゑの近松忌/森澄雄

柴漬の艫臍泣きゆく鳰の中/飴山實

一時間先の約束鳰浮いて/橋本榮治

かいつぶり鉄砧しばし火の雫/子郷

一湾や二つの鳰のゐるばかり/洗耳

月白うして鳰啼くや松納/渡辺水巴

鳰は潜水精進吾は句精進/高澤良一

俳句例:61句目~

道よりも天は淋しき鳰/河原枇杷男

かいつぶり浮出る迄見て過る/暁台

二三軒煤掃出すや鳰の海/松瀬青々

脇僧に似て坐りをり鳰の湖/登四郎

鳰の浮くべき方を心待ち/岸風三樓

鳰の水遠煙突の影を置く/佐野美智

泛かみ出て母の遠さよ鳰/行方克巳

鳰の巣や蛍もかりの足やすめ/荊口

俳諧の膳所に致仕して鳰/麻田椎花

秋苑に雛よぶ鳰の声透る/西本一都

浮かび出て遠き日向や鳰/山田弘子

浮くときも生れる水輪鳰/京極杞陽

萍に忍ぶが如く鳰浮けり/鈴木花蓑

浮御堂鳰の浮巣を秘中の秘/安住敦

萍のひらきて閉ぢて鳰くゞる/素十

鳰どりのかづく蓑なし芦の雨/乙二

鳰が生む沼の靨のまたひとつ/耕二

初鴨に居着の鳰のよく潜る/大串章

かいつぶり人は夕映着て帰る/林翔

黒点のふえし太陽鳰の上/藤田湘子

俳句例:81句目~

萱鳰があり粟鳰も稗鳰も/橋本鶏二

花の幕うしろ向なる鳰の池/鈴木花蓑

息長に子鳰潜つて見せにけり/樋笠文

鳰どりや顔見合はせて又はひる/蝶夢

鳰啼いて畝傍の町の昃りぬ/下村槐太

ききわけのよき子を育て鳰/大石悦子

真菰刈る童に鳰は水走り/水原秋櫻子

睡蓮に鳰の尻餅いくたびも/川端茅舎

日永さの鳰の湖べり長辿り/宮津昭彦

さらばこそ雪中の鳰として/赤尾兜子

たかだかと三代の松鳰の岸/加藤耕子

ちちははの彼岸にいつも鳰/田中荒砂

苗代の水のつゞきや鳰の海/松瀬青々

ねそベりて京都ながむる鳰/田中裕明

親鳰の子に与ふもの水底草/高澤良一

ひら比叡わか葉影さす鳰の海/中勘助

鳰鳴くや春著の鈴も夕急ぎ/香西照雄

鳰がゐて鳰の海とは昔より/高浜虚子

蜻蛉や日は入りながら鳰のうみ/惟然

朝蛙ひとつの声と鳰啼けり/木津柳芽

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ