季語/夜濯(よすすぎ)を使った俳句

「夜濯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜濯」について

【表記】夜濯

【読み方】よすすぎ

【ローマ字読み】yosusugi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夜濯を含む俳句例

夜濯の音荒々しすぐ静か/上野泰

夜濯ぎの心やすさよ飛ぶ蛍/水巴

第二楽章夜濯の時間かな/折井紀衣

夜濯や避暑の第一日終る/西村和子

夜濯や逆光の母漂へり/藤村多加夫

夜濯ぎの白泡家を流れ出づ/右城暮石

夜濯や病癒えきし母のもの/浅見さよ

夜濯ぎの裸形吾が家の娘たち/瀧春一

夜濯や島に一つの門徒寺/大峯あきら

入院待つ日々夜濯ぎを怠らず/中野弘

南国の旅に夜濯欠かすなく/河野石嶺

夜濯ぎや育児休暇の父若き/鳥羽碧香

夜濯ぎをせる音水を流す音/右城暮石

夜濯のしぼりし水の美しく/中村汀女

夜濯の音いつまでも島の宿/本岡歌子

夜濯の婢女唄ふローレライ/吉屋信子

夜濯の蟹の門川あふれつつ/森川暁水

夜濯のあとを悲しき話出づ/下村槐太

夜濯の背に声かくる人は無し/樋笠文

夜濯や今日振り返ることもなく/堀恭子

俳句例:21句目~

夜濯や働らく母となりてより/下山宏子

追剥ぎのやうに夜濯もの集め/須川洋子

夜濯を干す音楽のある部屋に/能村研三

新入患者として夜濯の端にあり/岸田稚

旅の湯の陰夜濯にさも似たり/清水基吉

一つ井戸囲む夜濯ぎ島の海女/高田菲路

喪の妻や夜濯の歌おのづから/石田波郷

夜濯ぎになほ汚れたる蚕飼妻/萩原麦草

砂漠来て崑崙の水に夜濯ぎす/田中英子

舟の上の夜濯ぎ妻に鸚鵡啼く/石原八束

夜濯ぎのしぼりし水の美しく/中村汀女

舟住みの夜濯ぎ妻に鸚鵡啼く/石原八束

若者の夜濯ぎロック流しつつ/武田光子

夜濯ぎの女身触るゝは闇ばかり/藤紗月

話したきことあり母と夜濯に/田中三水

夜濯につきくる猫の目が二つ/村山一棹

夜濯に大きな舟のとほりけり/岩崎緑雲

夜濯に戎克のつくる波すこし/原田青児

夜濯に煩悩一つをさまりぬ/福屋千穂美

夜濯の音絶えて又はじまりぬ/高濱虚子

俳句例:41句目~

夜濯の手を休めつゝきゝ耳を/佐藤裸人

夜濯ぎの水を捨てたる音らしや/小林景峰

夜濯のひとりの音をたつるなり/清崎敏郎

白のみの夜濯ぎことば家に置く/寺田京子

夜濯ぎの白ばかりなる手くらがり/井上雪

明日ありと思ふ夜濯はじめけり/橋本榮治

デモの万灯消えし夜濯ぎ川深し/寺田京子

夜濯ぎにわけのわからぬ涙出て/八染藍子

夜濯にみどりの蟲のとびきたる/田中裕明

夜濯や生かされてゐる楽しさに/嶋田麻紀

夜濯をしてゐるうちに気が変り/神田敏子

夜濯ぎの水に涙ははばからず/文挟夫佐恵

夜濯の母へ星座は手をつなぎ/鈴木しげを

夜濯のざあざあ水をつかひけり/森川暁水

夜濯にしてはいさゝか嵩高に/中島よし絵

夜濯の音きこえくる旅寝かな/成瀬桜桃子

夜濯もひとり暮しの日課とて/鈴木すすむ

夜濯ぎのシャツに近寄る牧の馬/岩淵喜代子

夜濯やシャンソンも好きジャズも好き/篠原

夜濯ぎや富めるは知らぬ星の愛/磯貝碧蹄館

俳句例:61句目~

これよりの吾れに子育て夜濯す/高城美枝子

夜濯をなかなかやめぬ妻を呼ぶ/波多野爽波

夜濯をひとりたのしくはじめけり/森川暁水

夜濯の肘まで濡らしゐて訪はる/殿村菟絲子

夜濯のさみしき顔をさらしたり/鈴木真砂女

夜濯や軒のなかまで火山灰降りて/邊見京子

気がかりな空を気にして夜濯ぐ/鈴木真砂女

こんな夜の夜濯ぎ一茶も惟然もや/高澤良一

夜濯ぎの水をながしてをはりけり/加藤覚範

はや寝落つ夜濯の手のシャボンの香/森澄雄

夜濯にありあふものをまとひけり/森川暁水

芽木長屋夜濯ぎに鳴るポンプいくつ/飴山實

夜濯ぎのひとりの音をたつるなり/清崎敏郎

暗きまゝ処女の夜濯ぎなほつゞく/右城暮石

それぞれの夜濯ぎおへて旅にあり/小川濤美子

みごもれば身重になれて夜濯ぎす/本宮夏嶺男

夜濯ぎや水無きくらしありしこと/田中あかね

夜濯ぎの肘まで濡らしゐて訪はる/殿村莵絲子

夜濯ぎに賑はふコインランドリイ/松沢満里子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ