季語/夏草(なつくさ)を使った俳句

「夏草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏草」について

【表記】夏草

【読み方】なつくさ

【ローマ字読み】natsukusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏の草(なつのくさ:natsunokusa)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏草を含む俳句例

夏草や所々にはなれ駒/闌更

夏草、お墓をさがす/山頭火

水流に青草浸り稲の秋/林順子

夏草や夕顔町の小家がち/蝶夢

青草猫がやせている/橋本夢道

夏草の星にしらみて子規/麦水

夏草へ戦後袋路みな消えて/公平

夏草や海に傾く艀小屋/大野紫陽

一雨去り夏草の穂が力ぬく/蒼石

よく見れば朝露持ぬ夏の草/登舟

夏草の丈に夫婦の息沈む/桂信子

青草に西瓜枕す西瓜売/寺田寅彦

夏草に加担し畳息をせる/佃悦夫

夏草の息吹きに色に負け籠る/占

夏草に綿の如くに山羊のをり/泰

夏草に杉苗溺る廃家跡/倉橋羊村

夏草に沓脱石や余は空無/草田男

夏草や蛙銜へて出でし犬/野村泊月

夏草や端山の裾の野雪隠/藤野古白

夏草に鶏一羽かくれけり/福田把栗

俳句例:21句目~

夏草や畑の隈の小さき墓/倉田萩郎

夏草や甘露とかゝる御涙/子規句集

夏草や母親のみな衣黒し/中村汀女

汐上げてくるお台場の夏の草/孝作

夏草のひとり花ゆれ水鏡/上島鬼貫

大恵那の跼めばかくれ夏の草/耿陽

仕置場の題目塚や夏の草/鈴木虹原

鮮人の上ぐる焔の夕青草/細見綾子

夏草や少年黙し鎌を研ぐ/石澤達郎

夏草の上を船ゆく岬なり/那須乙郎

夏草と速度のみある夜の川/澁谷道

夏草にかかりて軽し布晒/西山泊雲

根こそぎの夏草流れ日本海/下田稔

夏草の中を一塁まで走る/深町一夫

夏草にかゝりて軽し布晒/西山泊雲

青草を食む膨大な第一胃/堀米秋良

夏草や俳壇に撒く除草剤/高澤良一

夏草にまだ夕暮の日の光/大西淳二

夏草に蹄ぬれ来る子馬哉/石井露月

青草に置く結願の足と靴/奈良文夫

俳句例:41句目~

院宣や夏草夏木振ひ立ち/子規句集

鉄板路隙間夏草天に噴き/沢木欣一

野の寺の夏草深み隠れ猫/子規句集

夏草へ鶏朦朧としてきたり/中田剛

棺を舁き下し青草踏む数人/竹中宏

夏草に富貴を飾れ蛇の衣/松尾芭蕉

夏草に這ひ上りたる捨蚕かな/鬼城

夏草に愛慕濃く踏む道ありぬ/久女

夏草や官幣大社富士浅間/尾崎迷堂

夏草や巡守の車鄒に入る/寺田寅彦

夏草の深きを走る筧かな/奈良鹿郎

夏草に摶ちては消ゆる嵐かな/普羅

夏草に敗れし妻は人の蛇/攝津幸彦

夏草や駅の木立に捨て車/飯田蛇笏

夏草に松の木やせる岡辺かな/曾良

夏草の溝越え茂る街汗す/横光利一

夏草の秋まつ程ぞ甘露玉/上島鬼貫

夏草や兵どもがゆめの跡/松尾芭蕉

夏草に沈みて風の五輪塔/沼田一老

夏草や野武士が持てる馬の数/大魯

俳句例:61句目~

赤土に夏草戦闘機の迷彩/沢木欣一

夏草の茫茫たるに額きぬ/高野素十

空蝉も墓も夏草隠りかな/小林康治

真昼間の夏草のなか海へ行く/林桂

湖に夏草を刈り落しけり/前田普羅

夏草や兵舎の跡は空堀に/大宮良夫

未調査の街の古墳に夏の草/高橋恭子

夏草に風の行方の別れかな/横山衣子

おしなべて夏草となり哀れなり/柏翠

夏草に飛び込みし犬現れず/内藤吐天

夏草のかげの礎石にたちくらみ/原裕

破れ傘まこと破れて夏の草/高野素十

磯馴松夏の草海ありにけり/尾崎迷堂

なでしこや夏草滋る夢の跡/幸田露伴

負の数の幾桁もあり夏の草/和田悟朗

夏草の上に雲あり倦める色/尾崎紅葉

夏草の中に一軒建ちにけり/野村泊月

夏草の光背なせる一墓あり/北澤瑞史

夏草の母校見てをりいま病めり/秩父

夏草の穂先くるくる回す風/高澤良一

俳句例:81句目~

夏草やうき世を覗く窓一ッ/松岡青蘿

夏草やところどころに鬼薊/山中北渚

夏草や乗り放ちたる誰が馬/会津八一

夏草や夜明の雲の動きそめ/増田龍雨

刈られたる夏草匂う立ち話/阿部秋水

夏草の根元透きつつ入日かな/桂信子

夏草や宙に我が顔淡く見ゆ/永田耕衣

園丁の鎌を夏草怖れけり/成瀬桜桃子

夏草や寮歌をもちて兵送る/岸風三楼

夏草や岬は船の消えやすし/深谷岳彦

夏草や嵯峨に美人の墓多し/正岡子規

夏草そこまで茂り母といる/橋本夢道

夏草や我先達ちて蛇狩らん/松尾芭蕉

夏草や支那人馬を走らする/野村泊月

夏草や森閑として塔ひとつ/北園克衛

夏草にかばかり露のありにけり/虚子

夏草や無用となりし木馬道/森定南楽

夏草や砲車の跡の縦横に/花の本聴秋

夏草や繭を作りて死ぬる蟲/村上鬼城

夏草や薊を幽かなるものに/尾崎迷堂

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ