季語/栃の花(とちのはな)を使った俳句

「栃の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「栃の花」について

【表記】栃の花

【読み方】とちのはな

【ローマ字読み】tochinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・橡の花(とちのはな:tochinohana_)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

栃の花を含む俳句例

濃く淡く山脈昏るる栃の花/原裕

密林や少し明らみ橡の花/渡辺水巴

山霧の裾の重さよ栃の花/橋本榮治

遠谷へ雲かげ急ぐ栃の花/河野南畦

くらやみの噴火の天に栃の花/滝春一

栃の花日ぐれは逸る水の音/菅井静子

橡の花巣箱に円き闇ありて/荒井民子

青年に妻の好意や栃咲けり/草間時彦

仰ぐ顔に陰影あらじ橡の花/渡邊水巴

健脚と奥社でわかれ栃の花/藤原照子

分水嶺からの一水橡の花/伊丹三樹彦

橡の花肩に落ちたり善光寺/細見綾子

川隔て咲く栃の花人の声/清水貴久彦

旅人旅を思ひ橡の花知りし/喜谷六花

早乙女の一群すぎぬ栃の花/前田普羅

広島の空ついて橡咲きにけり/林晴美

星乙女の一群すぎぬ栃の花/前田普羅

栃の花に疾風俗名閑右衛門/塚本邦雄

橡の花雪の大嶺をわが頭上/木下青嶂

橡咲くや霧わたる音の原始林/渡邊水巴

俳句例:21句目~

橡咲くや夜学生へのパン売場/田中灯京

天日に焦げそむ橡の花きよら/亀井糸游

栃の花安静時間明くる待つ/石田あき子

橡の花きつと最後の夕日さす/飯島晴子

橡の花ひそかな紅を身の奥に/渡辺恭子

空の音空にて消ゆる栃の花/正木ゆう子

海に一と日一と日は山に栃の花/森澄雄

葉裏葉影ざわめく風や橡の花/渡邊水巴

記憶なき記憶なつかし橡の花/富安風生

朴咲いて栃咲いて雨煙リをり/高濱年尾

橡咲いて一天蒼さばかりなる/渡邊水巴

橡咲くやまぬかれ難き女の身/石田波郷

栃咲くやまぬかれ難き女の身/石田波郷

栃の花はつはつの雨おもしろし/石田波郷

山砂の流れ止めて橡咲けり/長谷川かな女

明日恃みゐて橡の花夜も白き/小松崎爽青

橡の花貴船といへばこぼれけり/後藤夜半

仰ぎ見る樹齢いくばくぞ栃の花/杉田久女

栃咲くや少女あふれるケーキ店/松本照子

栃咲くや病床夫にはげまされ/石田あき子

俳句例:41句目~

立喰ひそば駅毎にあり橡の花/椙本千代子

橡の花初めてまみゆごとく見る/松村蒼石

橡咲けり人等疲れて笑ひやすく/八木絵馬

深山橡咲くはんざきの子に脚が/松村蒼石

裏谷に橡咲きうつらうつら老ゆ/飯島晴子

わが胸ぞ揺らるる栃の花吹けば/石田あき子

二タ棟の屋根に散り敷き栃の花/中田みづほ

栃咲くや飛騨をかぎりて摩利支天/堀口星眠

栃の花またもこぼれ来去りがたく/横井迦南

橡の花葉越しの真日に散りやまず/渡邊水巴

雪の富士に藍いくすぢや橡咲いて/渡辺水巴

水中にしんと日を置く橡の花/ながさく清江

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ