季語/紅葉(もみじ/こうよう)を使った俳句

「紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「紅葉」について

【表記】紅葉

【読み方】もみじ/こうよう

【ローマ字読み】momiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・もみいづる(もみいづる:momiizuru)

・もみづる(もみづる:momizuru)

・白膠紅葉(ぬるでもみじ:nurudemomiji)

・柿紅葉(かきもみじ:kakimomiji)

・合歓紅葉(ねむもみじ:nemumomiji)

・満天星紅葉(どうだんもみじ:dodammomiji)

・葡萄紅葉(ぶどうもみじ:budomomiji)

・白樺黄葉(しらかばもみじ:shirakabamomiji)

・名木紅葉(なのきのもみじ:nanokinomomiji)

・夕紅葉(ゆうもみじ:yumomiji)

・むら紅葉(むらもみじ:muramomiji)

・下紅葉(したもみじ:shitamomiji)

・谿紅葉(たにもみじ:tanimomiji)

・庭紅葉(にわもみじ:niwamomiji)

・紅葉川(もみじがわ:momijigawa)

・紅葉山(もみじやま:momijiyama)

・紅葉の淵(もみじのふち:momijinofuchi)

・紅葉の笠(もみじのかさ:momijinokasa)

・龍田草(たつたぐさ:tatsutagusa)

・色見草(いろみぐさ:iromigusa)

・妻恋草(つまこいぐさ:tsumakoigusa)

季節による分類

・「も」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

紅葉を含む俳句例

吾妻に峠十三紅葉晴/上村占

人臭き紅葉谿また冬岬/原裕

君しるや花の林を紅葉狩/几董

錦繍に谷川岳は姿秘む/森田峠

こつつんと全山紅葉磧/松澤昭

吾妻に峠十三もみぢ晴/上村占

鮨鮒や終は五輪の下紅葉/高政

巌高し煙硝ほくち下紅葉/尺草

鬼の間や夜の紅葉の錦縁/言水

さくら紅葉相模の泥に下駄穿つ

鴨の足や今は氷の下紅葉/笑角

橋高し紅葉を埋む雨の雲/樗良

神田から秋の錦の紅葉哉/蓼太

武士の紅葉にこりず女とは/秋色

寿紅葉抜きんづ夫婦松/渡辺恭子

神業の柱状節理崖紅葉/高澤良一

掃音も聞えてさびし夕紅葉/蓼太

拵へたやうな紅葉やはつ氷/一茶

紅葉散る庵に平家物語/眞砂松韻

梓川柳の並木紅葉せり/野村泊月

俳句例:21句目~

大山祗おん懐の紅葉晴/加藤耕子

紅葉焚く火に北壁の嶮正し/朱鳥

陶酔の夕焼の中草紅葉/鈴木石夫

八重無尽山染上る紅葉かな/北枝

鯉こくや後すでに枝紅葉/上村占

一握の沈む紅葉一思想/石川青狼

残照の紅葉一天裏石廊/古舘曹人

人毎の口にあるなり下紅葉/芭蕉

石叩紅葉の下に現れし/野村泊月

家裏に空瓶透いて紅葉山/桂信子

宮裏の一樹はおそき紅葉哉/篠原

本能寺炎上漆紅葉かな/木田千女

楓稀に漆多くは紅葉す/福田把栗

紅葉見の岩に水取かな/蕪村遺稿

鰹見し若葉は紅葉はしり鮭/涼山

先生は誤解恐れず菱紅葉/辻桃子

菊坂は母の青春散紅葉/村松/堅

秋の道一日悲しもみぢ谷/田上尼

草紅葉音楽堂へ導けり/村越化石

竜安寺池半分の菱紅葉/高濱年尾

俳句例:41句目~

からかさや紅葉も白き紙袋/言水

曇り日や地熱の色の紅葉山/林翔

清盛が金扁光る紅葉哉/幸田露伴

紅葉谿野岩鉄道錆鉄橋/高澤良一

紫蘇漬や八塩の岡の下紅葉/等朗

山麓駅造花紅葉も酣に/高澤良一

きり~す桜の紅葉皆散りて/諷竹

柄の処僅に黄なる紅葉かな/篠原

寄進札大寄進札照紅葉/高野素十

紅葉の二三本見て疲れきる/原裕

伏す鹿の耳怠らず紅葉山/小島健

日沈み月昇る間の薄紅葉/村田脩

西行の夜具も出て有紅葉哉/蕪村

紅葉の養鰻池の骨と皮/中村和弘

紅葉散り女を先の船着場/杉本寛

遠望に櫨の早紅葉稲莚/鈴木花蓑

円窓の外彩りの影紅葉/三木星童

箸紙に最上舟唄渓紅葉/小原啄葉

裸木と紅葉半々山手線/高澤良一

照紅葉風の祓ひし鏡池/関森勝夫

俳句例:61句目~

世は紅葉盗人上戸や琴の松/自鶴

黄葉や白樺樹林五百本/水見壽男

神垣の紅葉流しといふ雨か/素十

表裏表裏散り紅葉かな/井上哲王

哲学の話も少し紅葉狩/柏原眠雨

大寺の片戸さしけり夕紅葉/一茶

山門や紅葉散りしく甓/寺田寅彦

薄紅葉囲む古刹は柿葺/寺島初巳

木の色の仏に紅葉明りかな/林翔

風のかげ彩ふやしゆく紅葉狩/裕

十里堤上櫨悉く紅葉す/寺田寅彦

彩の奥行見せて紅葉山/竹腰朋子

白河も黒谷も皆もみぢかな/嵐山

桜餅紅葉鏡花好み読む/野村喜舟

大山祗おん懐の紅葉晴/加藤耕子

町内の紅葉処を一巡り/高澤良一

本丸や楓片枝紅葉して/高澤良一

流動食の母へ深裂散紅葉/上村占

掻すての漆林や紅葉せり/鈴木元

又をかし桜の紅葉ふさぎ袖/和石

俳句例:81句目~

就中大明月といふ紅葉/野村泊月

焼餅の窓のけぶりや梅紅葉/成美

紅葉狩石観音は跣にて/平畑静塔

紅葉冷えきし閻王の業秤/加古宗也

復路には往路の木影草紅葉/一枝伸

紅葉や熊焼の串ずいと出し/辻桃子

影を濃く桜紅葉と川燈台/野木桃花

離乳粥少し固めに初紅葉/辻恵美子

黄葉を来て黙契の墓二つ/小澤克己

全山へ紅葉導火の蔦一縷/能村研三

紅葉山人語鳥語に匹敵す/高澤良一

婚整ふ桜紅葉の明り取り/森岡正作

傘に紅葉明りや語りゆく/籾山柑子

あながちに紅ゐならぬ紅葉哉/橋仙

荒涼と人間居りぬ紅葉山/奥坂まや

色見草より妻恋草の一日かな/林桂

先着にあな幣尊と紅葉山/飯田蛇笏

壺の碑の韃靼遠し草紅葉/倉橋羊村

紅葉山夢のとおりに道迷い/渋谷道

いづかたも音なき夜明山紅葉/日郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ