季語/新涼(しんりょう)を使った俳句

「新涼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新涼」について

【表記】新涼

【読み方】しんりょう

【ローマ字読み】shinryo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋涼し(あきすずし:akisuzushi)

・秋涼(しゅうりょう:shuryo)

・初めて涼し(はじめてすずし:hajimetesuzushi)

・初涼(しょりょう:shoryo)

・涼新た(りょうあらた:ryoarata)

・新たに涼し(あらたにすずし:aratanisuzushi)

・早くも涼し(はやくもすずし:hayakumosuzushi)

・早涼(そうりょう:soryo)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

新涼を含む俳句例

新涼や筆の中なる葦の筆/器

新涼の秣の中の女郎花/舟月

新涼の掌に丸薬は二つ置く/旭

秋涼し雨の過行く雄上川/樗良

懐に来る新涼の風少し/安原葉

新涼や盆唄ちらす箸袋/新井保

新涼や豆腐驚く唐辛/前田普羅

新涼の俄に到る草廬かな/風生

新涼の画を見る女画の女/蓼汀

蔵三階一塵とめず秋涼し/林翔

新涼の手拭浮けぬ洗面器/汀女

秋涼し野にある大き潦/田村了咲

秋涼し耳塚原の通り雨/飯田蛇笏

古机新涼の膝そろへけり/下田稔

秋涼し松にかゝりて天の川/蓼太

新涼やさらりと乾く足の裏/草城

新涼の港に大き魚影入る/中拓夫

新涼や仏にともし奉る/高浜虚子

新涼の畳になじむ肘枕/成田昭男

釣舟や鈴の光の秋涼し/渡辺水巴

俳句例:21句目~

新涼や磨きて対の木彫鹿/長田等

新涼の靴音を待つ石畳/西村和子

霧雫して新涼の翌檜/町田しげき

酒含みゐて新涼を分つなり/原裕

粛々と句座新涼の竹百幹/益田清

秋涼し魚木に上る水鏡/沢木欣一

涼新た畦こす水の浮藻草/飯田蛇笏

新涼や濡れ纜の砂まみれ/西山泊雲

波郷選出づ新涼の朝刊に/相馬遷子

新涼の母の箪笥に男帯/大木あまり

新涼に山芋売の来りけり/芝不器男

新涼を告ぐ一片の光り雲/相馬遷子

新涼のいのちしづかに蝶交む/蒼石

新涼や水に映りし橋の裏/間島律水

新涼の水の浮かべしあひるかな/敦

新涼のさくらの幹の捕虫網/中拓夫

新涼や骨董市は黙ばかり/植木里水

新涼の氷挽きゐる銀座裏/橋本榮治

新涼や雲に遅るる羊の歩/澤田緑生

新涼の泣く力こそ赤ん坊/廣瀬直人

俳句例:41句目~

新涼や鎌の刃先に草の屑/池田秀水

新涼の浪ひるがへり蜑が窓/秋櫻子

新涼や朝顔とみに花多く/高濱年尾

新涼の驚き貌に来りけり/高濱虚子

新涼の赤松の幹数へられ/西村和子

新涼や昔薪は山に樵り/松根東洋城

新涼や軍服の喪主焼香す/宮武寒々

両脚のなかの川幅涼新た/井上康明

新涼や蟹のさ走る能舞台/吉田鴻司

新涼や旅の夜もまた北枕/下村槐太

新涼や蜜の香のせる峠みち/岸田稚

新涼や舟底浅き舟に坐し/永井龍男

新涼や子を罵れる妻の野性/瀧春一

新涼の旅や越路の雨上る/高濱年尾

新涼の雨の雫のあまた凝る/森田峠

新涼や塒の鳥の足見へて/田波富布

新涼の雨真直に真白に/成瀬正とし

新涼の月こそかかれ槇柱/高浜虚子

新涼の匂ひは薄荷畠かな/由山滋子

新涼や寺町かけて人通り/松瀬青々

俳句例:61句目~

内緒話に新涼の草木濡れ/保坂敏子

新涼や百姓の子の東京に/石田波郷

新涼や井水をみたす厨桶/石川桂郎

新涼の船噛みに来る浪頭/野村喜舟

新涼の風韻きゐる風の中/藤田湘子

反橋を行き新涼の風の上/山田弘子

新涼の壁に珈琲分布地図/岩崎照子

新涼や空の深さを観覧車/田山諷子

新涼の大佛を撫づ失明児/狹川青史

秋涼し世の縄墨に従ひて/守屋吉郎

夜鴉の含み声なり秋涼し/中島月笠

新涼や白き鳥過ぐ杉の奥/茂里正治

新涼の机上漸く学ぶべく/和田西方

新涼や翼を張りて夜の富士/岸田稚

新涼やをり~昃る松の幹/中島月笠

新涼や亀の尾に似し笹巻葉/原月舟

益軒の養生訓や涼新た/星野麥丘人

牧駈けし犬の荒息涼新た/杉山鶴子

嶺近く新涼の身をひるがへす/宋淵

新涼の山荘既に門を閉づ/高浜年尾

俳句例:81句目~

新涼の山葵が鼻を走りけり/有働亨

新涼の素足桃色蕎麦の花/江川邑節

新涼の柳手といふ指圧法/高澤良一

新涼の掌にめづ小石かな/石井露月

新涼や吊つて楽しむ香り籠/堤多香子

新涼や夜の廻廊に潮差して/松田多朗

新涼や天領の町わらぢ売る/中西舗土

新涼や女に習ふマンドリン/日野草城

七つ星七つ数へて秋涼し/大場白水郎

新涼や姿勢正して墨をする/里見宜愁

仏飯に新涼の火も浅間かな/宮武寒々

兵用ふへき新涼の茶漬かな/尾崎紅葉

新涼や子とつれあそぶ大山蟻/原石鼎

新涼の鴎ひるがへる林檎園/石原舟月

新涼や小櫛をのせし母の髪/岡田和子

新涼や尾にも塩ふる焼肴/鈴木真砂女

大富士のはるか下雲涼新た/飯田蛇笏

新涼や山湖の色の靄離れ/大須賀乙字

子規虚子に会ふ新涼の扉押す/堀恭子

宿場行燈新涼の灯を入るるなし/林翔

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ