季語/夏の月(なつのつき)を使った俳句

「夏の月」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の月」について

【表記】夏の月

【読み方】なつのつき

【ローマ字読み】natsunotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏の霜(なつのしも:natsunoshimo)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の月を含む俳句例

妻去りし隣淋しや夏の月

遠浅に兵船や夏の月/蕪村

遠浅に兵舟や夏の月/蕪村

夜咄や詞残りて夏の月/立独

夏の月かゝりて色もねずが関

掃流す橋の埃や夏の月/炭太祇

肌荒れの松島波に夏の月/原裕

網もるゝ魚の光や夏の月/闌更

皆人の昼寝の種や夏の月/貞徳

町中を走る流れよ夏の月/白雄

河童の戀する宿や夏の月/蕪村

河童の恋する宿や夏の月/蕪村

橋落て人岸にあり夏の月/炭太祇

おき上る草木の影や夏の月/蝶夢

蛸壷やはかなき夢を夏の月/芭蕉

夏の月平陽の妓の水衣/五車反古

夜水とる里人の聲や夏の月/蕪村

夏の月手拭掛の影椽に/籾山柑子

堂守の小草ながめつ夏の月/蕪村

渋柿の青き光や夏の月/会津八一

俳句例:21句目~

夏の月膳の器に氷鳴る/永井龍男

やね葺が我屋ね葺や夏の月/夕兆

やね葺が我屋ね葺や夏の月/夕兆

太秦は竹ばかりなり夏の月/士朗

夏の月蚕は繭にかくれけり/水巴

橋落ちて人岸にあり夏の月/太祇

蚊帳を出て又障子あり夏の月/丈草

覚えうぞ十七日の夏の月/広瀬惟然

釣竿の糸にさはるや夏の月/千代尼

雨雲にめぐりもあはで夏の月/月渓

夏の月道広く道端の我家/滝井孝作

家のなき人二万人夏の月/子規句集

家は皆海に向ひて夏の月/柳原極堂

小食の猫を励ます夏の月/桑原三郎

少年の犬走らすや夏の月/黒柳召波

麦飯に何も申さじ夏の月/村上鬼城

夏の月弟妹多き散歩かな/久米正雄

夏の月弱けし影やうす衣/作者不知

山僧の米搗く窓や夏の月/藤野古白

川中にとどして見たし夏の月/園女

俳句例:41句目~

市中はもののにほいや夏の月/凡兆

後甲板巨きく夏の月近し/京極杞陽

我庵の臼は榻なり夏の月/西山泊雲

夏の月横切る人の美しき/榎本好宏

暑き夜や井戸に水なき夏の月/荻子

椽端や虫歯抱へて夏の月/正岡子規

楡の杜深く人ゐて夏の月/田村了咲

夏の月海豚の芸は了りけり/龍岡晋

河童の恋する宿や夏の月/與謝蕪村

河童の恋する宿や夏の月/与謝蕪村

人ならば上戸なるらん夏の月/鳥門

瀬石皆影曳き流れ夏の月/西山泊雲

片道はかはきて白し夏の月/炭太祇

夏の月牛蒡畠の茂りかな/山本村家

犬猫のいづれか走る夏の月/飴山實

生き疲れただ寝る犬や夏の月/蛇笏

夏の月眉を照して道遠し/夏目漱石

古君の化粧上手や夏の月/高井几董

困憊の机の広さ夏の月/宇多喜代子

甲板に寝る人多し夏の月/正岡子規

俳句例:61句目~

城跡の岡に上るや夏の月/寺田寅彦

神鳴の上りし松や夏の月/高井几董

筏来て集る川や夏の月/岡本癖三酔

網走に網走川や夏の月/今井杏太郎

夏の月いらぬ葛籠は梁へあげ/養浩

船で来る魚の命や夏の月/井上井月

草車遅れ戻るや夏の月/石島雉子郎

夏の月蔵の小窓をうごかすよ/渋谷道

雨後の雲収りしかば夏の月/野村泊月

夏の月混沌国に悠悠たり/高山れおな

夏の月焦げる匂を曳き昇る/村本畔秀

琴は離れ連珠は二階夏の月/羅蘇山人

夏の月皿の林檎の紅を失す/高浜虚子

夏の月蚊を疵にして五百両/榎本其角

夏の月美しきものそれは心/稲畑汀子

夏の月美しき喪のそれは心/稲畑汀子

瀬石皆影曳き流れぬ夏の月/西山泊雲

じやがいもの北海道や夏の月/龍岡晋

引力の届いてゐたり夏の月/浦川聡子

なほ北に行く汽車とまり夏の月/汀女

俳句例:81句目~

ぬけがけの淺瀬わたるや夏の月/蕪村

卯の花はしらがぞ夏の月がしら/貞徳

崖の蔓はねて風あり夏の月/鈴木花蓑

天泉の白髪にこそ夏の月/宇多喜代子

杉高しなほ高かりし夏の月/高木晴子

活けて来る魚船軽し夏の月/井上井月

独り出てかたぶくまでや夏の月/舞閣

泳ぎ場に人の残りや夏の月/子規句集

惨敗の八州に高く夏の月/宇多喜代子

我が庵の臼は榻なり夏の月/西山泊雲

中辺路を行く妙法に夏の月/保坂墨酔

今生にわが恋いくつ夏の月/藺草慶子

石陳のほとり過けり夏の月/蕪村遺稿

岐れ落つ坂の名二つ夏の月/古館曹人

勧工場出口になりぬ夏の月/籾山柑子

粧ひて家にある人夏の月/波多野爽波

天皇の白髪にこそ夏の月/宇多喜代子

紅茶さへ吾は水のむ夏の月/会津八一

夜水とる里人の声や夏の月/蕪村遺稿

夏の月近く二階の子供部屋/高澤良一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ