季語/郁子(むべ)を使った俳句

「郁子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「郁子」について

【表記】郁子

【読み方】むべ

【ローマ字読み】mube

子季語・関連季語・傍題・類語など

・うべ(うべ:ube)

・ときわあけび(ときわあけび:tokiwaakebi_)

季節による分類

・「む」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

郁子を含む俳句例

橋畔の櫻餅屋の郁子の軒/京極杞陽

勤業や郁子棚に郁子色づける/里見梢

熔岩蔭に潮騒届き郁子熟るる/中原槐

壺にさす郁子の金葉二三片/飯田蛇笏

郁子一つ芭蕉生家の文机に/宮下翠舟

峠路や俯向きて受く郁子の雨/岸田稚

陶器めく郁子に紫一寸入る/高澤良一

郁子の実や墓地へゆく道母の道/浜芳女

郁子垣をはなはだ低く秋の宿/富安風生

塞の神かくや飄々郁子さげ来/羽部洞然

姉よ抛らん郁子の実の青い拳/金子皆子

むべの実に紫のりし十二月/栗林千津/

郁子垣に夜霧つめたし海東忌/石原舟月

郁子熟るや忍野湧水砂あげて/斎藤梅子

郁子吊りて猟嚢古き羽とばす/米沢吾亦紅

駄馬に會ふことも旧道郁子垂れて/及川貞

むべ熟す母故郷に永あそび/近藤馬込子/

塗盆に茶屋の女房の郁子をのせ/高浜虚子

宗匠は軽みに倦みて郁子熟るる/守谷茂泰

律義なる郁子の青実とその葉叢/高澤良一

俳句例:21句目~

波郷忌のくらがりの郁子盗みけり/岸田稚

盛物にそへてめでたし郁子二つ/野村泊月

膳に郁子姥子とつぷり暮れてゐし/下田稔

葉と色を分つほど郁子色づきて/坂口麻呂

葉叢より郁子の数寄顔覗かせて/高澤良一

透き通り仏師の家の郁子のあめ/高澤良一

郁子熟れて太初の色に冬立てり/青木重行

郁子の実の垂れし人なき山の小屋/荒久子

郁子の棚いつも気になる家の前/高澤良一

郁子一顆賜はれと僧にもの申す/青木重行

郁子とるや見あげ見おろす顔と顔/藤後左右

覗きゐてやがてくゞりぬ郁子の門/野村泊月

郁子の実の三つ四つさがり軒暗し/坪根里杏

郁子四、五個なり空裂けるときも/森田緑郎

約束の郁子提げて夫見舞ふなり/石田あき子

郁子棚の郁子熟れそむる庵かな/経谷一二三

杣患者受診に郁子をさげて来し/夏秋仰星子

郁子いけて白蚊帳秋となりにけり/飯田蛇笏

島の郁子人が住むなら恋がある/やしま季晴

郁子の実の抛り上げたき軽さかな/宮津昭彦

俳句例:41句目~

だんだんと見えてくるなり棚の郁子/高澤良一

喪の家の郁子にふれたるうなじかな/細川加賀

送り出て月下の郁子をとりくれて/加賀谷凡秋

郁子の門くゞりてつねのごと帰る/長谷川素逝

郁子は実にこの家の主見たことなし/高澤良一

生涯用いぬ日本語があり郁子に種子/池田澄子

郁子通草阿吽のさまに熟れにけり/北見さとる

酒買いに行きて帰らず郁子が見ゆ/鈴木六林男

振れてゐる郁子の蔓にはこどもかな/藤後左右

郁子さげてどの子の髪も火山灰汚れ/鶴川田郷

よるべなき手のからみ合ふ郁子の蔓/本田あふひ

郁子の蔓引つぱり合うてちぎりけり/天野微苦笑

郁子なるかなイサクも神のひとりつ子/加藤郁乎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ