季語/沙羅の花(しゃらのはな)を使った俳句

「沙羅の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「沙羅の花」について

【表記】沙羅の花

【読み方】しゃらのはな

【ローマ字読み】sharanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏椿の花(なつつばきのはな:natsutsubakinohana)

・ひめしゃら(ひめしゃら:himeshara)

・さらの花(さらのはな:saranohana)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

沙羅の花を含む俳句例

夏椿水琴窟に水使ふ/乾/節子

曲水や後手突いて夕日山/沙羅

山水の音に四五人夏椿/岡井省二

追憶の波郷は優し沙羅の花/沢聰

葉の色に白は淋しき夏椿/高木晴子

よみがえる一瞬昏き夏椿/高澤晶子

蕾みては百の小坊主夏椿/高澤良一

木曾殿に一日花の沙羅白し/有働亨

掃苔の桶も帚も沙羅の雨/木田一杉

一瓣の紅さへ沙羅の夕かげり/林翔

夏椿今日も安楽椅子に夫/豊島美代

夏椿大佛のまゆかたに白/和知喜八

夏椿峡の湯岩古くなりぬ/横光利一

たっぷりと朝の気含む夏椿/稲辺美津

潔斎の僧が籠れる沙羅の花/津田清子

わが傘の滴も沙羅の落花打つ/岸善志

一筆の円を茶掛や夏つばき/荒井正隆

償いはしてもらいます夏椿/大西泰世

沙羅生けて平水指の朝茶かな/及川貞

夏椿落花こんなに雨止まず/高澤良一

俳句例:21句目~

夏椿一輪が守る虚子の墓/鈴木真砂女

拓本涼し紙透き出づる沙羅の詩/林翔

人われは言葉恥ぢらふ沙羅の花/林翔

冥界も茜さすらむ沙羅の花/若林小文

刹那てふ刻を重ねて沙羅落花/林直人

十日月沙羅の蕾は明日開く/正田稲洋

沙羅の葉に月の雫す涅槃像/吉富無韻

沙羅の花少女の髪の掌に余り/橘彰子

舌のみぞ知る夏椿辛きこと/攝津幸彦

沙羅の花咲く家潰す鉄の爪/田島蔦子

師逝きし早暁沙羅の花未だ/嶋田麻紀

庭石に影を遊ばす沙羅の花/影島智子

送行の笠抱へ立つ沙羅の庭/桑原光果

籠堂下りくる僧や沙羅の雨/村上荻風

白粥や沙羅の落花と一卓に/村越化石

白河に近き水音沙羅の花/鳥居おさむ

天界へ咲きつぐ沙羅の花のいろ伊丹公子

一夜寝て一夜うしなう夏椿/小池万里子

沙羅の花踏み白面の僧なりし/小倉由紀

夏椿咲きそめて子に婚期来る/茂恵一郎

俳句例:41句目~

夏椿御廟を守りて咲き出でぬ/石井桐陰

沙羅の木に寄るや声添ふ夏鴬/村越化石

掌をすぼめるやうに夏つばき/高澤良一

散るための雨を吸ひをり夏椿/高橋栄子

聴きなれしピアノの底に夏椿/田中信克

自死といふことの悲しや夏椿/河野友人

御僧と久闊沙羅は咲きゐるか/田村木国

肉体を離れてしずか沙羅の花/高澤晶子

下草にのりて明るき沙羅落葉/高木晴子

洗はれて朝の嶽濃し沙羅の花/矢島渚男

沙羅の花波間に蟹の沈むかな/岸本尚毅

沙羅咲きて一燈もるる持仏堂/細川螢火

沙羅咲いて花のまはりの夕かげり/林翔

仰ぎ見る間も光曳き沙羅落花/山本松子

沙羅の花耀くは風あるらしき/高木雨路

沙羅落花曙覧の国に来て拾ふ/浦野芳南

別れ来し人に文遣る沙羅の雨/西村和子

一の枝のことに夢咲き沙羅の花/赤松子

御佛を仰ぐ高さに沙羅の花/佐藤美恵子

沙羅の散る音は浄土に還る音/宮崎稔子

俳句例:61句目~

咲く沙羅のしづもり人の貌暮れぬ/林翔

沙羅の花曉より燻ゆる常香盤/茂里正治

沙羅落花齢ひつさぐるに似たり/岡本眸

飛石のほどよき湿り沙羅の花/西畑幸子

坪内の沙羅の芽吹の雨に濡れ/高木晴子

壺中より窺う天や沙羅万朶/宇多喜代子

夏寒き白根の風に沙羅咲くか/村越化石

時国家門扉閉ざせり沙羅の花/千田一路

小雨中一花を灯し沙羅の花/西島美代子

天界のものとし拾ふ沙羅落花/井沢正江

沙羅落花して白汚れなかりけり/稲畑汀子

沙羅落花大地に梵字こぼすかな/大橋敦子

夏椿こらへかねたる白さかな/佐藤美恵子

石塔寺韓のほとけに沙羅咲けり/水垣暁子

風過ぐるごと夏つばき花了へぬ/高澤良一

見て覚え見て覚え今日沙羅の花/後藤夜半

音立てて落花の沙羅の辺に睡る/伊丹公子

頬杖という杖ふくよかに沙羅の花/澁谷道

鴻毛の真白き沙羅をひろひけり/本多静江

わが声音母より承けし沙羅の花/鈴木貞雄

俳句例:81句目~

一日の花とし沙羅の散る夕べ/大間知山子

一花拾へば一花の匂ひ沙羅の花/吉野義子

井戸水のつめたき朝に沙羅ひらく/上村占

僧に乞ひ沙羅の花剪る朝湿るを/大野林火

和紙よりも縮れ微妙に沙羅の花/山下美典

咲く花も落ちたる花も沙羅清浄/下村梅子

地に落ちて花びらの錆沙羅の花/沢木欣一

夕空の紺よみがへる沙羅の花/大槻紀奴夫

天界に待つ人増えて沙羅の花/伊丹三樹彦

子につきて美容体操沙羅の花/石田あき子

安息のほのかに白し沙羅落花/千代田葛彦

山寺夜明沙羅の花より顕われて/伊丹公子

散るために病院に来し沙羅の花/朝倉和江

有情無情沙羅の花さき花散るも/安沢阿弥

桃色沙羅受ける諸手を器とし/伊丹三樹彦

死者生者涼めとここに沙羅一樹/村越化石

残生はあるがままにと沙羅の花/増田治子

水よりも地に翳りあり沙羅の花/伊藤柳香

齢一つ享けて目つむる沙羅の花/手塚美佐

沙羅の花十年詠つて十年老ゆ/伊丹三樹彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ