季語/納涼(すずみ)を使った俳句

「納涼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「納涼」について

【表記】納涼

【読み方】すずみ

【ローマ字読み】suzumi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・涼み台(すずみだい:suzumidai)

・涼む(すずむ:suzumu)

・門涼み(かどすずみ:kadosuzumi)

・橋涼み(はしすずみ:hashisuzumi)

・縁涼み(えんすずみ:ensuzumi)

・土手涼み(どてすずみ:dotesuzumi)

・磯涼み(いそすずみ:isosuzumi)

・夕涼み(ゆうすずみ:yusuzumi)

・宵涼み(よいすずみ:yoisuzumi)

・夜涼み(よすずみ:yosuzumi)

・納涼舟(すずみぶね:suzumibune)

季節による分類

・「す」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

納涼を含む俳句例

松風に千の波引く涼み台/原裕

拾ひたる命存へ夕涼み/長谷川櫂

贅沢な人の涼みや柳橋/正岡子規

物干や屋賃の外に江戸涼み/調水

山伏の髪すきたてて夕涼み/許六

揚舟に汝も夜涼み猫の貌/下田稔

国芳の肉筆美人門涼み/高澤良一

芭蕉様の脛かじつて夕涼み/一茶

陸地皆黒き山塊納涼船/右城暮石

夕涼み笑つては泪ぐむ話/角光雄

ともし火の命の長き涼み哉/李淋

海鳴りに涼み将棋の影二つ/舜花

水の月右に左に舟涼み/鈴木花蓑

橋涼み話を川に落しをり/上野泰

三ツ二ツ星未だ暑し夕涼み/子曳

板塀に鼻のつかへる涼み哉/一茶

母足して納涼の端の薄明り/的野雄

羅の二人はよけれ納涼図/高澤良一

罪あらじ座頭の涼み耳なくば/一茶

蓑虫は水に下りつ朝納涼/渡辺水巴

俳句例:21句目~

雷も涼みに出たり海の上/尾崎紅葉

町筋は祭に似たり夕涼み/向井去来

夏かけて名月暑き涼み哉/松尾芭蕉

花折て夕闇戻る涼みかな/子規句集

夕涼み庭一巡りして終る/高木晴子

妻よりは妾の多し門涼み/正岡子規

双つ峰群青に暮れ橋涼み/沖山政子

燈台の下暗がりの磯涼み/鈴木花蓑

打水に残る涼みや梅の中/内藤丈草

くらべあふ股の太さや庭涼み/辰下

涼み舟川下遠く流れけり/正岡子規

ただ眠し砂色泥鰌砂涼み/香西照雄

ともし火の千鳥に動く涼み川/竹裡

月遅し涼みの袖の帰り風/尾崎紅葉

夕凪や釣舟去れば涼み舟/杉田久女

夕闇や腰に鎰鳴る門涼み/立花北枝

浦人の涼み浄瑠璃ありとかや/五平

長明はいかに見るらん涼み床/一鉄

此の松にかへす風あり庭涼み/其角

忙中閑星の世界に涼み台/斎藤康人

俳句例:41句目~

納涼舟解くや纜手探りに/西山泊雲

一人佇ち三人跼み磯涼み/上甲明石

女将まだ昼の装ひ涼み船/原田青児

高張も篝も濃き灯納涼能/亀井糸游

夜涼みに脇目もふらず犬通る/誓子

世知辛き浮世噺や門涼み/高浜虚子

人の情四囲の胸板夕涼み/石塚友二

校庭の納涼映画裏から見る/石原透

飛をながめあかざる涼みかな/篠原

小横物糸針よせよ涼みの軒/調幸子

八朔のきのふは松の下涼み/上村占

川風や薄柿着たる夕涼み/松尾芭蕉

皿鉢もほのかに闇の宵涼み/松尾芭蕉

鏑木清方風も描きて納涼図/高澤良一

白鳥に娘が韈編む涼みかな/飯田蛇笏

山国の太きうどんを湯涼みに/下田稔

あの時が恋の始まり床涼み/近衛節子

尺八の調子覚えし涼みかな/井上井月

瓜作る君があれなと夕涼み/松尾芭蕉

猫の子の巾着なぶる涼み哉/向井去来

俳句例:61句目~

大欅戦ぐ神社に涼みに来て/高澤良一

同窓の大方は欠け床涼み/冨田みのる

どもや桶とも知らで門涼み/小林一茶

命なりわづかの笠の下涼み/松尾芭蕉

かばやきの匂ひに暑き涼みかな/貝寿

飯あふぐ嚊が馳走や夕涼み/松尾芭蕉

唐破風の入日や薄き夕涼み/松尾芭蕉

大橋の数の外なる橋納涼/荻原井泉水

温海山や吹浦かけて夕涼み/松尾芭蕉

淵明も李白も来たり涼み台/井上井月

涼み舟浪花おろかに川埋む/松瀬青々

靴脱いで蹠さみしき涼み舟/館岡沙緻

涼み舟らしく寄りそふ灯二つ/森田峠

星ならば君はどの星夕涼み/会津八一

黙礼にこまる涼みや石の上/水田正秀

納涼の妻と手の影合しけり/戸田九作

納涼の宴がのぼる隅田川/山口超心鬼

涼みにも袖へ隠して運座舟/子規句集

涼みとは橋の名所か水の上/藤野古白

涼みつゝ父と対ふや口重に/杉山岳陽

俳句例:81句目~

納涼の映画渚が近過ぎる/山口波津女

はる~と越の松原ひと涼み/尾崎紅葉

ひとむしろ内儀ばかりや門涼み/月居

隅田川涼みがてらに渡る橋/高澤良一

浮草に我は根の付く涼みかな/千代尼

納涼や口にはばかる鯛の骨/大石悦子

水音の髪膚に響く川床涼み/西村和子

軒涼み尼の師弟の牀几かな/安田孔甫

母と在れば訛出やすし夕涼み/大串章

此松にかへす風あり庭涼み/榎本其角

怪談の昨日のつゞき涼み台/高浜虚子

夕涼みあぶなき石にのぼりけり/野坡

踏みどころなき干網に夕涼み/森田峠

此あたり二三度もどる涼みかな/野坡

月山の賽の河原に涼みゐる/楠/節子

行灯をしいてとらする涼みかな/探芝

提灯の少なき涼み舟がゆく/岸本尚毅

橋涼み氷りついたる人二三/尾崎紅葉

納涼映画裸電球椰子に吊り/水田光雄

三條の橋暮れて行く床涼み/高濱虚子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ