季語/網戸(あみど)を使った俳句

「網戸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「網戸」について

【表記】網戸

【読み方】あみど

【ローマ字読み】amido

子季語・関連季語・傍題・類語など

・網窓(あみまど:amimado)

・網障子(あみしょうじ:amishoji)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

網戸を含む俳句例

網戸はめ白樺の白変らざる/森田峠

緑増す景に御陵も網戸越/亀井糸游

笛少女網戸より風漉き入るる/原裕

夜は木々の匂を強く網戸風/堤京子

郭公や網戸に青き渦ならび/堀口星眠

軽井沢網戸に白みそめしかな/車谷弘

蛍籠網戸のごとく灯りたる/行方克巳

晩涼や網戸に透ける港の灯/高濱年尾

月光も潮の香りも網戸越し/岡本虹村

夕星を迎へむ網戸洗ひけり/織田耀子

網戸越し十日月あり山泊り/木村蕪城

身辺に加はる青さ網戸出す/児玉輝代

網戸抜け行ける煙草の煙かな/本井英

網戸より夕風心地よき時間/稲畑汀子

音読の背なに重ねし青網戸/平林恵子

蛾のほかは遠き山の灯青網戸/桂樟蹊子

雨音の近づいてゐる網戸かな/斉藤京子

露七彩網戸に満つや姉祷る/中戸川朝人

春生死す青き網戸に風出入り/宮坂静生

中尊寺その一坊の網戸かな/深見けん二

俳句例:21句目~

水音の檜山夜に入る網戸かな/木村蕪城

俄か涼網戸うるさくさへ目立ち/及川貞

水鶏鳴く闇が埋めし網戸の目/亀井糸游

深海の明るさに青網戸かな/上田五千石

青芝の匂ひが網戸ごしにして/高木晴子

真昼の村蝶のあらきを網戸越し/中拓夫

馬追の網戸を去らぬ胸さわぎ/伊藤孝一

網戸より雨の森とは遠くあり/星野高士

網戸入れ夜は深海に在る如し/平賀扶人

網戸押してインコ羨む犬の顔/堀口星眠

巌の濤見て来ていまは網戸の中/山口青邨

網戸入れ夜を鮮しくひとり住む/菖蒲あや

たらたらと星流れたる網戸かな/高野素十

ゑんどうや網戸が水に浸りをり/田中裕明

何よりも沼の夜風のある網戸/石井とし夫

切り返す言葉失くして繰る網戸/西村雅苑

網戸入れ波おとなしき日暮かな/花尻万博

網戸して叱る声にも遠慮あり/谷口まち子

守宮今ゆつくり網戸這つてをり/宮路夢樹

山せまりくる眞青なる網戸ごし/星野立子

俳句例:41句目~

網戸たて月明の海遠くしぬ/長谷川浪々子

山荘にきてゐるらしく網戸嵌め/清崎敏郎

破れたる網戸にいつも行く視線/黒川悦子

網戸ごしの葉ずれ映して赤ん坊/伊藤淳子

指置けば網戸の山河凹みたる/田川飛旅子

故人の間網戸のうちも固く締め/手塚基子

湖風の網戸を抜けるとき青し/梶山千鶴子

網戸嵌め只強くこそ住みなせり/高浜虚子

網戸より見えてあふるる玩具箱/布川武男

網戸より見ゆるものみな網戸色/原田耕二

網戸して五感の世界広がりぬ/堀川/福子

青梅雨の網戸を忘れゐたりけり/石川桂郎

青網戸張りても竹のまぎれなし/石川桂郎

風位正しく網戸を抜ける目高たち/穴井太

夜明しのわれと蛾と居る網戸かな/永井龍男

網戸していつしか鳥となり眠る/八百板俊子

網戸ごしに雲灼く入日卓を灼く/川島彷徨子

花火焚く網戸ごもりの吾に見よと/亀井糸游

病む母にみどりの網戸引きにけり/館岡沙緻

蜜分離網戸へ蜂がきてはとまる/川島彷徨子

俳句例:61句目~

蝶は飛び蛾の眠りゐる網戸かな/鈴木洋々子

街の灯のみんな十字となる網戸/木暮陶句郎

すぐ眠れさうな気のして夜の網戸/高橋笛美

娑婆といふ紅蓮を堰きて網戸あり/高澤良一

灯を消して海の夜気くる網戸かな/田辺城司

網戸はめ風が通るの通らぬのと/窪田鱒多路

網戸より変はらぬ山河見てゐたり/星野高士

山に向き網戸に向きて目覚めけり/館岡沙緻

網戸して世に遠ざかるおもひかな/中田禮子

網戸より夕ぐれいろのはじまりぬ/橋場千舟

灯を取りにきたぞと網戸の外の蝉/高澤良一

灯を消して網戸越しなる山の精/渡辺/和子

網戸越し例の合図をしてゆける/波多野爽波

くらがりに白雲のこる網戸かな/阿部みどり女

忘れゐし網戸の部屋であることを/中島よし絵

網戸して世をはばかれるこころもち/福永鳴風

網戸して小鳥のこゑのなかに病む/石田あき子

網戸越し隣はチャイコフスキーの夜/山田弘子

網戸入れてより喪ごころもなじむ青/能村登四郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ