季語/麦の黒穂(むぎのくろほ)を使った俳句

「麦の黒穂」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麦の黒穂」について

【表記】麦の黒穂

【読み方】むぎのくろほ

【ローマ字読み】muginokuroho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・黒穂(くろほ:kuroho)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

麦の黒穂を含む俳句例

黒穂麦多し米軍返還地/古賀三十五

黒穂抜く何と重たき俤よ/松崎貞子

太陽に黒穂の黒き粉が育つ/堀内薫

光秀の生国黒穂踏みて佇つ/中澤康人

黒穂の粉ばさと双手に一揆村/松本旭

軽井沢麦の黒穂にきつね雨/小林貴子

黒穂出て村八分とは悲しけれ/星野椿

黒穂抜く童や顔に黒穂つけ/岩田麗日

すでにして黒穂と育つ他はなし/湯川雅

太陽に黒点のあり黒穂生ふ/石井とし夫

峠路は遥か黒穂の捨てゝあり/山口草堂

黒穂ぬく老いをな吹きそ山の風/中勘助

旅の靴黒穂を燃やす火を跨ぐ/橋本鶏二

晩年や黒穂の黒に指染まり/加倉井秋を

混血児と保姆と麦より黒穂抜く/島津亮

駅路や麦の黒穂の踏まれたる/芝不器男

黒穂もて丁々と打ち魂鎮む/田川飛旅子

黒穂抜き女ざかりを困りたる/後藤綾子

黒穂抜く愉しさ心病むならむ/福永耕二

黒穂など憶いしだいに酔いはじむ/徳弘純

俳句例:21句目~

さすらひて小箕よ乙女よ黒穂とり/中勘助

粟を刈る黒穂よごれの蜑の顔/塩谷はつ枝

舗装路に黒穂東京都に入れり/中島まさを

黒穂より黒き眸光るおばこの地/成田千空

黒穂一本まづ抜き麦を刈り始む/嶋田麻紀

麦黒穂阿呆と罵りし父は亡し/榎本冬一郎

黒穂抜く黒に徹せるものはよし/鷹羽狩行

黒穂焼く煙よりあはき星うまれ/木下夕爾

黒穂抜く島の真昼はけだるくて/鈴木真砂女

麦に黒穂多く償ひ得ざることせし/油布五線

黒穂には黒穂のさだめありにけり/川口咲子

阿蘇島の黒穂焼く火と判るまで/荒川あつし

黒穂抜けばあたりの麦の哀しめり/木下夕爾

麦に黒穂ひと日のストに鉄路錆び/福田蓼汀

師の逝くや麥のかなしび黒穂なせ/成瀬桜桃子

黒穂抜く火山灰のいたみもさりながら/泊喜雨

悪しき日のために黒穂をつみて挿す/田川飛旅子

うまや路や麦の黒穂の踏まれたる/定本芝不器男句集

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ