季語/蝉(せみ)を使った俳句

「蝉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蝉」について

【表記】蝉

【読み方】せみ

【ローマ字読み】semi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蝉時雨(せみしぐれ:semishigure)

・唖蝉(おしぜみ:oshizemi)

・にいにい蝉(にいにいぜみ:niiniizemi)

・油蝉(あぶらぜみ:aburazemi)

・みんみん蝉(みんみんぜみ:mimminzemi)

・深山蝉(みやまぜみ:miyamazemi)

・熊蝉(くまぜみ:kumazemi)

・蝦夷蝉(えぞぜみ:ezozemi)

・姫春蝉(ひめはるぜみ:himeharuzemi)

・初蝉(はつぜみ:hatsuzemi)

・朝蝉(あさぜみ:asazemi)

・夕蝉(ゆうぜみ:yuzemi)

・蝉涼し(せみすずし:semisuzushi)

・蝉捕り(せみとり:semitori)

季節による分類

・「せ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

蝉を含む俳句例

夕蝉や水底色に神の道/春樹

蝉時雨庇の下を通ひ路に/林火

片影の甍冷たく蝉越ゆる/欣一

蝉啼や僧上坊のゆあミ時/蕪村

蝉時雨より深きもの人の息/裕

蝉鳴や行者の過る午の刻/蕪村

天限る檜山が放つ蝉の声/林翔

軒や峯跡うつ蝉の炭俵/調翁子

夕蝉や女一人の山畠/相馬遷子

蝉の昼池の萍緑金に/内藤吐天

蝉鳴や土用の中の昼談義/程己

生永し息長蝉が息をつぐ/澄雄

閑さや岩にしみ入蝉の声/芭蕉

晩蝉に滅却心頭大自涼/高澤良一

朝蝉の日毎に薄れ儚言/高澤良一

滝水の中やながるる蝉の声/惟然

深山蝉杣夫抜け来し杉の城/原裕

蝉声に老杉は耳順ふよ/辻田克巳

にうつ一と塩の変蝉丸忌/上村占

夢の蝉ならずこの楠かの榎/耕二

俳句例:21句目~

蝉声の良導体に甕の水/辻田克巳

蝉鳴や麦を打音三々々/服部嵐雪

盆すぎの雨に蝉なく山の墓/麦南

蟻の穴蝉の穴雨流れ入る/中田剛

一と夏を蝉鳴き通す踏切よ/爽波

唖蝉の夢に隊長来たりけり/林桂

蝉時雨日斑あびて掃き移る/久女

朝蝉の頭越しなる喧屋/高澤良一

太陽系一惑星の蝉時雨/村松紅花

電柱に登りて工夫蝉となる/鷹女

蝉の背の紺青にして樫の風/石鼎

秋風や蜻蛉の翅蝉の羽/会津八一

目に光りくる蝉声と父の斧/原裕

蝉穴の暗さに死後の色おもふ/占

岳麓の達谷山房蝉涼し/伊東宏晃

平日の教会蝉へ窓開き/津田清子

蝉蛻く蛻き慣れたる者の如/瓜人

蝉銜へ枯山水を猫通る/関森勝夫

桟やあぶなげもなし蝉の声/許六

石枕してわれ蝉か泣き時雨/茅舎

俳句例:41句目~

蝉鳴いて掌の中鋭くす/大井雅人

唖蝉をつつき落して雀飛ぶ/鬼城

天界に散華きらきら蝉の昼/誓子

一蝉の鏑矢つよしわが行方/林翔

石車地にめりこむや蝉の声/素丸

ゆく水や竹に蝉なく相国寺/鬼貫

暁の蝉が聞ゆる岬かな/前田普羅

創痛や朝より蝉の力づき/有働亨

八幡の杜に君臨熊蝉は/高澤良一

忘却の彼方に大樹蝉しぐれ/原裕

寒蝉やわが色黒き妹達/三橋敏雄

蝉の穴赤銅は軒雫して/柿本多映

耳に声しらべ直すや律の蝉/露玉

渦潮に朝蝉の島青黒し/宮津昭彦

蝉時雨一空間を漬すなり/折井紀衣

武士の風貌に似ず蝉非力/高澤良一

蝉の羽の軽きうつりや竹の皮/園女

寺の庭をぬけて道なし蝉の声/號鳳

蝉の窓朝の花瓶の水にごる/桂信子

鼻唄の律呂初蝉泣き狂ふ/石塚友二

俳句例:61句目~

給水船待つ全島の蝉時雨/右城暮石

黙濤の一分長し蝉しぐれ/川村紫陽

朝蝉に涙ぬぐはず形見分け/有働亨

蝉声も入り来双眼鏡の内/右城暮石

蝉声の鉄壁も亦暮れがたし/有働亨

蝉声の家中透り父なき子/原コウ子

百姓の麦飯あつし蝉の昼/西山泊雲

高麗郡蝉の松山高からず/荒井正隆

高麗版の大般若経蝉の昼/田中英子

絆にも似たる疲れや遠き蝉/岡本眸

大樹全身蝉声の麻酔利く/辻田克巳

蝉喚く真言亡国禅天魔!/高澤良一

大阪の緑がふるえ朝の蝉/坪内稔典

淙々と水音珊々と深山蝉/福田蓼汀

蝉啼いて杉にも脂の流れけり/闌更

裾の蝉汗かき不動峰の蝉/和知喜八

蝉取の黐竿しなひ~駈け/清崎敏郎

奥宮や蝉脱け出たる穴二つ/松本旭

山王の蝉をゆくてや金売/増田龍雨

白雨や中戻りして蝉の声/水田正秀

俳句例:81句目~

蝉取の子供の中の女の子/高濱年尾

蝉交む乳白色の部分かな/永田耕衣

蝉丸忌半日鈍く京にをり/藤田湘子

白神の無音の朝千の蝉/新谷ひろし

婆死んで風上にある蝉の声/中拓夫

白泉のもの朽縄も唖蝉も/佐藤鬼房

一点の雲無くなんと蝉に風/原石鼎

杜の蝉少年達を生捕りに/大石浩平

一燈を谷の奈落に夜の蝉/伊藤京子

蝉は木に登る六根清浄と/高澤良一

蝉の音の万貫の石負ひにけり/楸邨

一蝉声刻つんざくや翁塚/小林康治

蝉の音に人も喘ぐや鳥羽縄手/寸馬

左手に蝉山茂る速球投手/攝津幸彦

颱風の合間蛮勇ふるふ蝉/高澤良一

上野山精養軒の蝉しぐれ/高澤良一

竜口寺蝉音の念彼観音力/高澤良一

青蝉の只中におく耳二つ/名取/晃

空蝉に蝉のかなしみ残りけり/林翔

昭代の樟二千年蝉音降る/田中英子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ