季語/麦藁(むぎわら)を使った俳句

「麦藁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「麦藁」について

【表記】麦藁

【読み方】むぎわら

【ローマ字読み】mugiwara

子季語・関連季語・傍題・類語など

・麦稈(むぎわら:mugiwara_)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

麦藁を含む俳句例

麦藁の家してやらん雨蛙/智月

目にあやし麦藁一把飛ぶ螢/高政

血族婚麦稈の香が村覆ふ/津田清子

麦藁を枕に瓜の昼寐かな/赤木格堂

高く飛ぶ麦藁束や大西日/野村泊月

麦藁に坐りて女乳たまる/萩原麦草

麦藁の馬吹きゐざる風少し/富安風生

麦藁は麦はく庭の箒きかな/上島鬼貫

麦藁を染めバラ色に空色に/後藤夜半

古墳まで麦藁干せり備前道/宮岡計次

麦藁を焚く火の音を懐しむ/茨木和生

麦藁を犇とくゝれば昼螢/百合山羽公

糸の雛麦藁の雛あはれなり/後藤夜半

離宮内にて麦藁を焚く猛火/山口誓子

あさあさと麦藁かけよ草苺/芥川龍之介

傷つきし手を麦藁の上に見る/萩原麦草

精霊の麦藁舟のいでにけり/吉岡禅寺洞

麦藁の上に憩ひて故郷かな/池内たけし

麦藁の家に小人の夫婦住み/芥川龍之介

麦藁を横切つて根は寂しき人/永田耕衣

俳句例:21句目~

麦藁を焚き放したる煙かな/池内たけし

麦藁を焼くや煙にむせびつゝ/柴山長子

麦藁をもつて麦藁を束ねたる/高浜虚子

光ぶつかり麦稈修羅の朝童子/内山寒雨

麦稈はちらばりやすし夏草に/滝井孝作

わらべらも添へて門火の麦藁火/木津柳芽

家を出しわれは蜻蛉か麦藁か/津沢マサ子

麦藁の今日の日のいろ日の匂ひ/木下夕爾

麦藁の大束抱けば雨にぎやか/榎本冬一郎

麦藁の馬で空ゆくイヨマンテ/相原左義長

兄現れて麦稈を嗅ぐ不貞かな/宇多喜代子

江の電の中まで麦稈とんぼかな/江口千樹

麦藁の散らばる道のあそここゝ/高浜虚子

麦稈を焚く火の真紅その日暮し/平畑静塔

麦稈を負ひ木曽馬の目の羞恥/殿村莵絲子

麦稈火遠くにあがり吉野ケ里/成宮紀代子

麦藁に鳴る雨銀河晴れてあり/安斎櫻カイ子

麦藁束立てかけてある夜のしめり/栗林千津

麦藁焚くけむり抜け出し千曲川/ながさく清江

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ