季語/苗木植う(なえぎうう)を使った俳句

「苗木植う」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苗木植う」について

【表記】苗木植う

【読み方】なえぎうう

【ローマ字読み】naegiu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・植林(しょくりん:shokurin)

・杉苗(すぎなえ:suginae)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

苗木植うを含む俳句例

帰り咲いて西日と白し苗桜

今植し桜や世々の春の雲/也有

海展けゆく植林に風の牙/原裕

植林の斜面横ぎる草の絮/原裕

二月や松の苗売る松の下/素牛

植林のみち風を絶ち一老婦/原裕

夏草に杉苗溺る廃家跡/倉橋羊村

草刈に杉苗刈られ薫るなり/敏雄

猪垣の上植林の大斜面/茨木和生

月光に羽黒杉苗匂ひけり/小島健

棒苗を植ゑて間遠や桐畑/宮岡計次

共學の少年少女植林す/鈴木洋々子

雨水のバケツに溜り桜苗/長谷川櫂

短夜や一寸のびる桐の苗/正岡子規

檜苗銀河を父として育つ/橋本鶏二

棒苗を植ゑて間遠や桐畑/宮岡計次

杉苗の畑もありて春の山/野村泊月

苗木植う父なき山に跪き/小林久雄

杉苗を谿に漬けあり山桜/西本一都

如月や松の苗売る松の下/広瀬惟然

俳句例:21句目~

杉苗が浮く滝壺の濁り水/茨木和生

散り初めし桜の下の桜苗/長谷川櫂

二三片落花しそめぬ苗桜/飯田蛇笏

夕空やゆるく括れる桜苗/長谷川櫂

いま植えし苗木や影の雲動く/徳弘純

熱風や砂にあまたの松の苗/長谷川櫂

真清水に日は衰へて杉小苗/赤尾兜子

苗桜もみづりて芒の中によ/佐野良太

三月の雲のひかりに植林歌/飯田蛇笏

苗すでに北山杉の容かな/城戸崎丹花

山国に嫁げば杉を植うことも/西尾苑

白樺の苗木植うるや丘の上/三宅優子

杉植ゑてこの山齢の若返る/赤座閑山

柳植ゑ終り桜を植ゑてをり/後藤夜半

江北に植ゑても松のみどりかな/一茶

杉植うる一穂々々を天日に/皆吉爽雨

三葉ちりてあとは枯木や桐の苗/凡兆

夕日中ちちが背負へる檜苗/白澤良子

散骨の寄る辺の桜苗木かな/菊池志乃

杉苗に杉菜生そふあら野哉/加舎白雄

俳句例:41句目~

杉苗の束割る杉の苗はじけ/今瀬剛一

杉苗植う学校林の遠き道/澤柳たか子

杉苗を植うる夕日に雉子の声/佐野美智

杉植ゑて十津川気骨なほ存す/吉波泡生

しんかんと檜苗植う女ばかり/佐野美智

桜植ゑて母の初七日夕あかり/奈良文夫

負ひ来り杉苗栽うる供養かな/西本一都

柱穴に植ゑし苗木や内裏あと/大島民郎

移り住む家もあらなく苗木植う/上村占

阿夫利嶺の俄かなる雷杉植ゑる/中拓夫

苗木植うすぐ風に耐ふ姿かな/山内山彦

苗木選る千年杉の種といふ/三浦のぼる

苗木植え妻が稚くなる日暮れ/斉藤白砂

植うる事子のごとくせよ児桜/松尾芭蕉

杉植うる父と顔合ふところまで/下田稔

桐植ゑて祖先は遠き一葉かな/山口青邨

故郷にわが植ゑおきし柳かな/子規句集

行春や松植ゑて人割烹に/長谷川零餘子

しんかんと檜苗植う女ばかり/佐野美智

檜葉苗にふるさと根づく思ひあり/原裕

俳句例:61句目~

家主が植ゑてくれたる松の秋/子規句集

植林のあと月光が見回りに/青柳志解樹

團栗を家のぐるりに植にけり/松瀬青々

十二代甚兵衛も亦杉を植う/阿波野青畝

杉植うる加勢の苗を背負ひ来し/梶本夜星

苗木植ゑ指折る子の年夫の年/武田みさ子

霧深し補植の苗木火山灰に埋め/橋本鶏二

五人まで友をおもふて杉植ゑる/栗林千津

湖心透る空緑なり木の実植う/河東碧梧桐

子の代に伐る杉苗を植ゑてゆく/影島智子

明日植ゑる杉苗に降る山の雨/八牧美喜子

杉植うる加勢の苗を背負ひ来し/梶本夜星

継ぎ目あとしかと桜の苗木かな/高澤良一

杉苗の折れて匂へる秋日かな/大木あまり

杉苗を植うれば桜散りにけり/大場白水郎

桜苗しだれていとけなかりけり/長谷川櫂

明日植ゑる杉苗に降る山の雨/八牧美喜子

青天や植ゑし苗木を聳えしむ/徳永山冬子

子の代に伐る杉苗を植ゑてゆく/影島智子

土の香の立つを親しと苗木植う/稲畑汀子

俳句例:81句目~

土塊に語りかけつつ苗木植う/福永みち子

山の雲一人占めして苗木植う/鈴木やす江

木鼠の落す実猿が植ゑにけり/安斎桜カイ子

たぎつ瀬に苗浸けてあり杉を植う/平松竃馬

うつし植ゑし若木桜のほころびよ/島田青峰

苗木植ゑをりしところへ笑つて客/後藤夜半

苗木植う山を昔に返すべく/いのうえかつこ

気が遠くなる先の世へ杉植うる/小沢きく子

己が植ゑし桜吹雪の中を逝きぬ/猿橋統流子

ひざまづきぬかづき檜苗植うる/上田五千石

佳き客に師が植ゑし松笑ふなり/小松崎爽青

ひざまづきぬかづき檜苗植うる/上田五千石

吹き上げてくる滝風や杉を植う/野生月冷子

たぎつ瀬に苗浸けてあり杉を植う/平松竃馬

鉢植の杉の芽楚々と淡路女忌/阿部みどり女

杉を植う木うら木おもて間違はず/上村七里峡

海埋めて桜を植ゑてジャポニスム/小泉瀬衣子

苗木植うひとのあやぶむからだして/高田蝶衣

師の恩のふかき苗木を植ゑにけり/近藤彦三郎

ぶたう苗木寸土に植ゑて子とゐる日/古沢太穂

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ