季語/七種爪(ななくさづめ)を使った俳句

「七種爪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「七種爪」について

【表記】七種爪

【読み方】ななくさづめ

【ローマ字読み】nanakusazume

子季語・関連季語・傍題・類語など

・薺爪(なずなづめ:nazunazume)

・菜爪(なづめ:nazume)

・六日爪(むいかづめ:muikazume)

・七日爪(なぬかづめ:nanukazume)

・爪剪り湯(つめきりゆ:tsumekiriyu)

季節による分類

・「な」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

七種爪を含む俳句例

垢爪や薺の前もはづかしき/一茶

小鋏の付根の鈴や薺爪/山田梅屋

爪垢や薺の前もはづかしき/一茶

まだ生の力の強し薺爪/松崎鉄之介

七種や爪にも齢兆しをり/山崎ひさを

薺爪つむしばらくが女の眼/加藤楸邨

薺爪女房殿へ飛ばしけり/大澤ひろし

藍染めの藍をとどめて薺爪/八染藍子

湯上りの七草爪をとりて昼/下田実花

あかんぼの七種爪もつみにけり/飴山實

寂けさの七種爪を剪りてのち/黒田杏子

すぐそこに母の世があり薺爪/中村祐子

つゝがなく齢かさねて薺爪/高橋淡路女

水仕せぬ母の手やさし薺爪/古賀まり子

薺爪あとより紅ををしにけり/青木月斗

薺爪ほろほろ一人にも慣れて/角川照子

薺爪小雨の縁に剪りにけり/高橋淡路女

病む夫の七草爪をとばしけり/向笠和子

飛ばしけり七草爪の大なるを/綾部仁喜

七種の爪を飛ばして終るかな/秋山巳之流

俳句例:21句目~

しきたりの七草爪もとりしこと/下田実花

みどりごも七草爪といふことを/西村和子

七種爪ベランダは陽にあふれをり/平井洋城

摘むほどもなき薺爪つみにけり/室積波那女

母の膝のぬくさ今なほ七草爪/長谷川かな女

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ