季語/夏大根(なつだいこん)を使った俳句

「夏大根」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏大根」について

【表記】夏大根

【読み方】なつだいこん

【ローマ字読み】natsudaikon

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏大根を含む俳句例

木曾は今桜もさきぬ夏大根/支考

外人の眼に神饌の夏大根/原月舟

貧乏な青物店や夏大根/河東碧梧桐

朔はぴりりと辛し夏大根/染矢久仁

夏大根女が生める男かな/鳴戸奈菜

ボタ山の裾に二畝夏大根/久高育子

夏大根辛くて妻を一瞥す/皆川白陀

堰一つ国を隣りぬ夏大根/小林輝子

轍また深みにはいり夏大根/桂信子

夏大根一泊の地のうす醤油/佐川広治

夏大根摺る悪人の手と思う/森澤義生

釣の餌の虫取る朝や夏大根/野村泊月

夏大根肩抜き風林火山の地/松本泰二

葉を長く残して届く夏大根/嶋田麻紀

別の死が夏大根のうち通る/飯島晴子

夏大根畝蒔きて莞爾たり/五十嵐/象円

夏大根荷縄で搦げ負はせけり/皆川白陀

夏大根ぴりゝと親し一夜漬/菊地トメ子

昼月ひやり夏大根を農婦提げ/大野林火

母すこし恐きがよろし夏大根/橋本榮治

俳句例:21句目~

夏大根細きを刻み旅に出たし/斎藤兼輔

夏大根かりりと噛んで浅酌す/栗生純夫

夏大根父母の遊ぶを見て日暮/金田咲子

ひり辛き夏大根とオルゴール/小島千架子

ふるさとの辛味さばしる夏大根/松本陽平

チャボ一羽夏大根の向ふゆく/村中/美代

夏大根使い慣れたるミキサー機/村本畔秀

夏大根辛し恥づることなき貧/成瀬桜桃子

夏大根きざむ無口の娘となりて/土生重次

沓掛や薬味に抜きし夏大根/長谷川かな女

夏大根おろせば月のありにけり/船山順吉

この村が過疎とも見えぬ夏大根/房川喜三男

ふるさとに父訪ふは稀れ夏大根/池上浩山人

寄席裏に住みついて夏大根おろす/橋石和栲

夏大根のひそかにわれを待つ日かな/津沢マサ子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ