季語/夏の海(なつのうみ)を使った俳句

「夏の海」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の海」について

【表記】夏の海

【読み方】なつのうみ

【ローマ字読み】natsunomi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏海(なつうみ:natsumi)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の海を含む俳句例

天草の島山高し夏の海/高浜虚子

岩鼻に佛刻まん夏の海/会津八一

島々や千々に砕けて夏の海/芭蕉

神やこの島好みけん夏の海/宗因

松籟や隋より韻き夏怒濤/和田悟朗

砦前夏濤上陸すべて自砕/香西照雄

夏海や一帆の又見え来る/高浜虚子

夏の海遠きは紺の平らけく/上村占

夏濤の発端純白立志めく/香西照雄

夏波の衰へ白帆また窶る/石塚友二

夏怒涛飛沫に恋の傷いくつ/石寒太

きらきらと夏濤透けば松細し/篠原

長濤を以て音なし夏の海/三橋敏雄

門を落ちて夏濤白く南せる/山口誓子

壱岐低く対馬は高し夏の海/高浜虚子

夏海の帆碧々とゆきゆけり/小橋啓生

点滴のぎらつく生や夏の波/高野豊和

夏の海鉄打つ響き得て展く/椎橋清翠

寂しきは夏の海なり足二本/永田耕衣

砂利積みし牛を鞭うつ首夏の浜/林徹

俳句例:21句目~

高根より礫うち見ん夏の海/池西言水

附林の朝澄みうつる夏の海/高田蝶衣

晩年やまだ海のまま夏の海/永田耕衣

晩年や空気で冷える夏の海/永田耕衣

紀勢線夏の怒濤を車窓にす/脇田絹子

夏濤のくだけし力砂つたひ来る/篠原

はまなすは浜の砦よ夏怒濤/藤木倶子

夏怒濤二人で守る砂の城/岩井たけを

石伐りのたがね谺す夏の海/前田普羅

刻々と真珠は育つ夏の海/松尾いはほ

絹を牛を産す嶋々や夏の海/尾崎迷堂

船に打つ五尺の釘や夏の海/渡辺水巴

病髪洗ふ逆さに夏の怒濤見て/城佑三

軒下に包丁研げり夏の海/小枝秀穂女

反対の電車に乗れば夏の海/岡田史乃

夏海に天の橋立伸びきりし/金丸希骨

夏海へ燈台みちの穂麦かな/飯田蛇笏

中年や身を夏濤のなすまゝに/藤井亘

船欄や青夏濤に胸押しあて/榎本冬一郎

逝く夏の二夜怒濤のをさまらず/西山睦

俳句例:41句目~

犬吠の夏めく怒濤見んと来し/大津希水

ブイの波そこに騒ぎて夏の海/松藤夏山

合言葉ささやき夏の海に寄る/仙田洋子

夏の海未来はいつも遠きもの/川口武雄

夏の海若者のみのものならず/中西利一

屋上に宿名かゝげて夏の海/鈴鹿野風呂

遠くより風来て夏の海となる/飯田龍太

風雲のかがやき折れて夏の海/山口青邨

黒髪に打電いくつも夏の海/渡辺誠一郎

夏海の紺の中なる能登の尖/家田小刀子

夏海へなだれたためる蜑百戸/清崎敏郎

夏の波見馴れし靴を揃えけり/高澤晶子

戻り来て瀬戸の夏海絵の如し/高浜虚子

目に余る夏海なれば石擲ぐる/沢木欣一

船の鼠啼いて夏海霧深かりぬ/臼田亜浪

雨斜め夏海へゆく汽車の胴/柴田白葉女

よるべなく光あかるし夏の浜/山口誓子

夏の浜天女の翳のおびただし/鳴戸奈菜

夏の浜泳ぎを知らぬ体がじゃま/大高翔

夏怒濤白髪誉められてをりぬ/飯島晴子

俳句例:61句目~

夏濤の内のやさしき声屑藻へ/成田千空

夏濤の砂にましろし音たてて褪す/篠原

夏濤漂ふ浮標の赤城さかえの死/中拓夫

そりこ打て遐世ながらの夏の海/臼田亜浪

オホーツクブルーに夏の海無辺/高澤良一

カレンダーめくれば夏の海の音/関口美子

夏海へ大河の口やあからさま/松根東洋城

くづるゝと思ふ夏浪くづれ来る/横山白虹

卵皿に揺れ夏海を蝦夷へ渡る/中村草田男

ガラス浮子真青に積まれ夏怒濤/川村紫陽

坂東太郎ここより夏の海になる/須佐薫子

艇の玻璃夏の海光はじき航く/五十嵐播水

玄関にコパカバーナの夏の海/保田白帆子

漁舸かへる夏海黝ろむ波濤かな/飯田蛇笏

海星散開いくさ世経し夏の海/山田みづえ

乳房張りきたれる夏の怒濤かな/平井照敏

浚渫船どぼんと夏の海覚ます/宮川としを

乳母車夏の怒濤によこむきに/橋本多佳子

師は逝けり夏の怒濤の巌を摶ち/伊東宏晃

かくまでに父似の男児夏怒濤/宇多喜代子

俳句例:81句目~

卒塔婆のみなぱたぱたと夏の海/小澤克己

夏海や空へ声あげボート漕ぐ/大橋櫻坡子

紀の浦の怒濤あがれり夏料理/古賀まり子

貨車のかげ夏浪白くあがるなり/大野林火

漁夫の墓の中に日の霊遠夏濤/磯貝碧蹄館

壱岐の島途切れて見ゆる夏の海/高浜虚子

夏海や水着人花の咲く如く/長谷川かな女

夏浪を桶にす尚も揺れこぼるる/松崎鉄之介

見とほしに夏海紺をふかめたり/柴田白葉女

子を探しに出でてむなしく夏の浜/山口誓子

夏海を見下ろして木をゆさぶれる/細見綾子

郷愁や夏波ななめにななめに寄す/川口重美

父から子へ夏の怒濤を裂くナイフ/対馬康子

空の鳥賊架へ傾しぐ電柱遠夏濤/磯貝碧蹄館

そらす背に夏の怒濤を聴きにけり/仙田洋子

ネガチブにまたポジチブに夏の海/鳴戸奈菜

駆けてゆくポニーテールや夏の海/今橋眞理子

朱鷺は見ざりし大き入り日の夏の海/林原耒井

夏濤夏岩あらがふものは立ちあがる/香西照雄

夏濤男濤透きとほりつつ捲かむとす/香西照雄

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ