季語/夏野(なつの)を使った俳句

「夏野」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏野」について

【表記】夏野

【読み方】なつの

【ローマ字読み】natsuno

子季語・関連季語・傍題・類語など

・卯月野(うづきの:uzukino)

・五月野(さつきの:satsukino)

・青野(あおの:aono)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏野を含む俳句例

夏野来て塔心跡の水に影/爽雨

撫子や夏野の原の落し種/守武

天地の円美しき大夏野/加藤耕子

水ふんで草で足ふく夏野哉/来山

八方にことばが重し夏野原/照敏

空腹に雷ひゞく夏野哉/小林一茶

狂喚を後に後にと夏野ゆく/静塔

飛ぶ雲の皆向ひ来る夏野かな/余子

枕木は鳥の木琴大夏野/石井紀美子

鉄砲の調練見ゆる夏野哉/正岡子規

青野ゆき馬は片眼に人を見る/誓子

角あげて牛人を見る夏野かな/青蘿

目薬をさせば夏野の大欅/野木桃花

大砲の車小さき夏野かな/正岡子規

夏野より七くさ深き雪間かな/蓼太

教師臭青野に消えて若い教師/林翔

夏野原州を分てる標一基/安井亜狂

水臭き夏野の石に腰をかけぬ/耕衣

沈酔に夢も夏野のしかいふな/多少

竜巻の柱を立てて大夏野/山本歩禅

俳句例:21句目~

鵲も稀に飛ぶのみ大夏野/高浜虚子

着水と思い夏野に膝を折る/渋谷道

夏野路や渡り石工が鑿袋/野村喜舟

一むれや夏野かけぬく二歳駒/ノ松

秣負ふ人を枝折の夏野哉/松尾芭蕉

一僧の脚絆真白き夏野哉/酒葉月人

大いなる卵拾ひし夏野かな/内藤鳴雪

大なる雲落ち来る夏野かな/会津八一

大夏野太古を今に野牛食み/小沢明美

牛なべて逆髪たりし青野あれ/上田玄

望遠鏡離せば青野の馬豆粒/川村紫陽

ふもとまで青野の起伏閑古鳥/長田等

密猟か試射か夏野の銃声は/加藤親夫

五月野の露は一樹の下にあり/草田男

操縦桿引いて青野を傾かす/駿河岳水

鮒鮓の便りも遠き夏野かな/蕪村遺稿

振袖に鐙をかくす夏野かな/椎本才麿

欅臼亀裂を深む夏野かな/大木あまり

水が水押して四万十川の夏/野木桃花

旅人の兎追ひ出す夏野かな/子規句集

俳句例:41句目~

赤牛のかたまり動く大夏野/斉藤小夜

夏野中父の肋のゆきにけり/山尾玉藻

雷の雲踏み越えて夏野かな/会津八一

兵五千夏野を通る旦かな/野田別天楼

行々てここに行々夏野かな/與謝蕪村

放牧の馬の背光る夏野かな/福島孝子

蛇呑みて海原めきし大夏野/朝倉和江

十二時の大砲ひびく夏野哉/正岡子規

白雲の夏野の果てや村一つ/会津八一

仔牛はや隆まる後姿夏野原/奈良文夫

上陸し帰化し夏野や仏の顔/和田悟朗

青野分軒に遊びて軒端唄/加倉井秋を

只一人雷雨を冒す夏野かな/石井露月

搾乳婦夏野の茜曳きずれる/庄司圭吾

野生馬の遠目夏野を傾かす/田沢公登

夏野駆け放馬いよいよ漆黒に/北光星

絶えず人いこふ夏野の石一つ/正岡子規

荒涼の夏野の月へ蛾が消ゆる/佐野良太

いかづちの荒てひさしき夏野かな/史邦

輿舁に酒銭乞はるゝ夏野かな/野村泊月

俳句例:61句目~

うつくしく牛の痩せたる夏野かな/凡兆

遥々と思ひつゞけて来し夏野/星野立子

重荷もちて身をなく夏野かな/蕪村遺稿

鉱脈のいづち走れる夏野かな/石井露月

雲の影日がな流して大夏野/今橋眞理子

順礼の棒ばかりゆく夏野かな/松江重頼

どこまでも単線軌道夏野断つ/相馬遷子

にこにこと布一枚の夏野なり/永末恵子

顧みて夏野の馬車の移りけり/遠藤梧逸

飼はれ鳴く丹頂蝦夷の大夏野/大橋敦子

馬の匂ひの夏野の果に赤い橋/星野紗一

鳥渡り明日はと望む山夏野/河東碧梧桐

卯月野に笑つて沈む明日の陽/佐藤鬼房

卯月野の法隆寺なり詣でけり/尾崎迷堂

卯月野や茜消えなば母も消ゆ/中村苑子

一人一人折れゆく夏野路あるらし/林翔

三粒ほど眉に雨降る夏野かな/岡本松浜

下毛や青野つゞきに風薫る/松根東洋城

人体の此処彼処なる夏野かな/久富風子

今日も今日も雷遠き夏野かな/会津八一

俳句例:81句目~

光る蜂青野の汽車に伴走す/伊丹三樹彦

低き木に馬繋ぎたる夏野かな/子規句集

六地蔵青野の端で暮れてゐる/小宅容義

古墳より古墳を望む大夏野/関口ふさの

地の極み雲湧き夏野果知らず/福田蓼汀

怒らぬから青野でしめる友の首/島津亮

鳥墜ちて青野に伏せり重き脳/安井浩司

翔たざりし九重鴉が青野の芯/横山白虹

夏野大日の落ち方を西と知る/福田蓼汀

青野よりヒト直立して来たる/前田秀子

青野来て礎石の大に安んずる/巌谷小波

青野来る静かな額見てゐたり/加藤楸邨

夏野行きつくしぬ大河横はり/石井露月

夏野行く人透明になるおそれ/出井一雨

青野涯剣にゆびを捺すらんよ/安井浩司

夏野行けば釣鐘草も咲てゐる/北原白秋

夏野越茨の白さをたのみかな/増田龍雨

大川も夏野の渦にほかならず/平井照敏

改札を出てそのままの大夏野/奈良文夫

海道を衝くべき道の夏野かな/野村喜舟

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ