季語/山椒の花(さんしょうのはな)を使った俳句

「山椒の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山椒の花」について

【表記】山椒の花

【読み方】さんしょうのはな

【ローマ字読み】sanshonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・はじかみの花(はじかみのはな:hajikaminohana)

・花山椒(はなさんしょう:hanasansho)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

山椒の花を含む俳句例

朝粥の膳に一ト箸花山椒/高岡智照

花山椒煮るや山家の奥の奥/松瀬青々

指先に摘みし名残や花山椒/谷村喜美子

花山椒口内炎を咬んでしまう/和田幸司

誰か知る山椒の花の見え隠れ/渡辺桂子

ひそみ立つ毒婦の墓や花山椒/槫沼けい一

昼酒の酔ほのぼのと花山椒/佐久間木耳郎

死が見ゆるとはなにごとぞ花山椒/齋藤玄

花山椒みな吹かれみなかたちあり/齋藤玄

風立てば山椒の花も揺らぎたる/神津杉人

あやふやに炊きて匂ひぬ花山椒/後藤比奈夫

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ