季語/新生姜(しんしょうが)を使った俳句

「新生姜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新生姜」について

【表記】新生姜

【読み方】しんしょうが

【ローマ字読み】shinshoga

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

新生姜を含む俳句例

新生姜水に浸して姉の盆/原田喬

新生姜十三娘の厨事/渡辺ふみ夫

新生姜はみ出て男の紙袋/鈴木邦子

千灯会門前で買ふ新生姜/沢田充子

じだらくに命惜しまむ新生姜/森澄雄

ふるさとの山動かざり新生姜/神蔵器

一杯屋下物莫迦貝と新生姜/石塚友二

大いなる益子の皿に新生姜/桑原月穂

新生姜洗ひし水の走り出す/伊藤通明

新生姜買物かごに夫が入れ/佐藤輝子

癌研を出で来し街に新生姜/会美翠苑

白山の雨きらきらと新生姜/日美清史

すつぱりと葉先は落す新生姜/嶋田麻紀

佐渡見ゆる船の朝餉の新生姜/東條和子

友ありて夜の酒過す新生姜/片山鶏頭子

平穏といふ新生姜噛んでをり/西村信男

恥らひて紅のほのかに新生姜/今泉貞鳳

恥らひの紅ほんのりと新生姜/小西四郎

新生姜いちどは欲りし妻の座よ/樋笠文

新生姜兄妹の灯のなにげなし/小池文子

俳句例:21句目~

新生姜洗ふしぶきを香らせて/後藤信子

新生姜点すに早くなりにけり/荒井正隆

曳八百屋新生姜匂はせ来たる/石塚友二

洗はれてつるつるの股新生姜/辻田克巳

浦に白波立ちやすき日や新生姜/中拓夫

路に桶出して八百屋の新生姜/島田芳恵

鮮明に朝がはじまる新生姜/上田五千石

すつきりと葉を伸しけり新生姜/長谷川櫂

てんぷらの揚げの終りの新生姜/草間時彦

新生姜しつかり者と見られをり/鈴木栄子

新生姜抜けば香りの土こぼす/小川ユキ子

新生姜うらはづかしく洗はるる/邊見京子

新生姜眼をみひらきて母は食ぶ/鈴木鷹夫

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ