季語/守宮(やもり)を使った俳句

「守宮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「守宮」について

【表記】守宮

【読み方】やもり

【ローマ字読み】yamori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・屋守(やもり:yamori_)

季節による分類

・「や」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

守宮を含む俳句例

夕刊の小説了る守宮かな/小川軽舟

守宮出る頃の階段脇の壁/高澤良一

声明と闇の間を這う守宮/高島光陽子

守宮など出る頃階段脇の壁/高澤良一

人妻となりて守宮の腹親し/山根真矢

初めての老眼鏡に守宮来る/山尾玉藻

守宮出て全身をもて考へる/加藤楸邨

壁虎の簑蟲ゆする今朝の秋/廣江八重櫻

守宮ゐて昼の眠りもやすからず/上村占

守宮めにど胆をぬかれ厠出づ/小松月尚

やあ守宮お主ところで何代目/高澤良一

夫より守宮がこわし大妊婦/田川飛旅子

守宮出る家となりしか急階段/高澤良一

夏襟をくつろぐるとき守宮鳴く/飯田蛇笏

夕餉時いつもの守宮来てをりし/小玉孩子

夜毎鳴く守宮見なれて憎からず/安達夏子

あおざいの女に守宮鳴きにけり/有馬朗人

守宮出て少女のころの秘密かな/辻美奈子

守宮出て真青な夜が玻璃に満つ/加藤楸邨

お四国に宿を守宮と借りにけり/本杉桃林

俳句例:21句目~

一線を越えて守宮となりたまふ/櫂未知子

やもりはう暗夜は駅が鼓動する/大西健司

五月雨の蔦の芽喰ひに守宮かな/大谷碧雲居

お絵像にめをと守宮や打ちむかひ/河野静雲

守宮啼くやヒマラヤ杉の深き燈に/渡辺水巴

お出ましの守宮と暫しにらめっこ/高澤良一

やもり鳴き皿を割つたるやうな月/高瀬恵子

守宮出て致死量ほどに洋燈燃ゆ/小島ノブヨシ

スコールにまた出でゆける守宮かな/如月真菜

天井扇にふるるふる守宮と吹かれいる/伊丹公子

守宮かなし灯をいだくときももいろに/服部京女

やもりの夜開けたトランクがからっぽ/川口重美

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ