季語/夏の蝶(なつのちょう)を使った俳句

俳句例:201句目~

揚羽蝶渡ればやみぬ汐まねき/楠部九二緒

たまたまの消息が訃ぞ梅雨の蝶/細川加賀

揚羽蝶舞ひいづる墓を洗ひけり/岸風三楼

夏蝶やくわんおんの楽壺中より/加藤耕子

夏蝶のわたれる池を乾しにけり/古舘曹人

夏蝶のやさしからざる眸の光り/飯田蛇笏

出家とは若狭の夏の蝶なりし/堀之内長一

常磐木の花あるらしや梅雨の蝶/高木晴子

風こぼすものより夏の蝶となる/稲畑汀子

溶岩赭く夏蝶つかみどころなし/古舘曹人

夏蝶のはるかにくだる港かな/夏井いつき

揚羽蝶蹤きゆく吾とひと知るや/福永耕二

風に堪へ花を去らざる揚羽蝶/高橋淡路女

夏蝶や花魁草にばかり来る/阿部みどり女

この道はみなとにつづく揚羽蝶/宗田安正

烏蝶ゆきて翔たするもののあり/後藤夜半

海のいろたたへてうるむ揚羽蝶/朝倉和江

烏蝶来ては胃の腑に陰すなり/相生垣瓜人

なほ高き方へゆかんと揚羽蝶/山口波津女

捕虫網ふるへてとれぬ揚羽蝶/天野佐喜子

俳句例:221句目~

暮るゝまで山の夏蝶飛んでゐし/小林たか子

ミイラ見しひとみをよぎる夏の蝶/加藤耕子

恙ひと日地を擦りゆける梅雨の蝶/岡田和子

夏蝶やわれは今日待ち今日去らせ/中村汀女

夏の蝶いくつも蕗葉はなれけり/金尾梅の門

夏の蝶あいくちのごと地におちし/川口重美

梅雨の蝶人の訃いつもひらりと来/鈴木栄子

梅雨の蝶妻来つつあるやも知れず/石田波郷

梅雨の蝶少しの庭に出であそぶ/上野さち子

習ひあふザイルさばきや梅雨の蝶/堀口星眠

梅雨の蝶白しレールにとまるかな/野村喜舟

梅雨の蝶破れかぶれとなりにけり/香西照雄

飴ねぶる子にひらめくや夏の蝶/金尾梅の門

夏蝶の魏より来たらしうすよごれ/坊城俊樹

夏蝶の放ちしごとく高くとぶ/阿部みどり女

夏蝶の吹かれ来て飲む溶岩の水/富田うしほ

揚羽蝶雨後の路地より発ちゆけり/高澤良一

汚れてはをらざる梅雨の蝶来る/相生垣瓜人

夏の蝶日かげ日なたと飛びにけり/高浜虚子

夏蝶のましろに現れぬ一位の木/鈴木しげを

俳句例:241句目~

烏蝶あはれ啼かねば昏れてしまふ/三橋鷹女

烏蝶あはれ啼かねば暮れてしまふ/三橋鷹女

カルメンのさながらに舞ふ夏の蝶/鈴木華女

夏蝶のかなた踏絵をふみし日は/赤松けい子

秋櫻子忌のけふ低からず梅雨の蝶/斎藤節子

草むらを風に追はるる梅雨の蝶/池口美奈子

烏蝶鳥の如くに翔けり去る/五十崎古郷句集

夏の蝶高みより影おとしくる/久保田万太郎

撒水の土に身さまし歩行く揚羽蝶/西山泊雲

烏蝶水辺の朝を樹がくれぬ/五十崎古郷句集

大椎の中よりいでし梅雨の蝶/阿部みどり女

夏蝶や木天蓼の葉の白きより/汽笛/勝峯晋風

梅雨の蝶わが家を去らずとゞまらず/相馬遷子

梅雨の蝶泣きたき日とてあるものを/小谷伸子

梅雨の蝶翔たざるは汝も祈るにや/成瀬桜桃子

子のあとを母と夏蝶従いてゆく/阿部みどり女

カメラマンの恋のまま夫梅雨の蝶/石田あき子

出会ひがしらに夏蝶唇に触るゆゆし/鈴木栄子

ひたすらにとびてかなしき揚羽蝶/山口波津女

夏蝶のまだらマグダラマリアかな/夏井いつき

俳句例:261句目~

日当ればすぐそこにふえ梅雨の蝶/深川正一郎

たましひのぬけし機の翼夏蝶や/久保田万太郎

海わたる夏蝶句碑にまはり来る/阿部みどり女

うたた寝のかいなをのぼる夏の蝶/宇多喜代子

夏蝶翔るや杉に流れ来て真一文字/島村元句集

梅雨の蝶たま~まよひ来て黄なり/久保田万太郎

天降り来る夏の蝶殖えもせず二つ/長谷川かな女

山の蝶どこにもつけり梅雨の茶屋/長谷川かな女

この世あの世を行き交ふ白き梅雨の蝶/鍵和田のり子

タイトルとURLをコピーしました