季語/夏の蝶(なつのちょう)を使った俳句

俳句例:101句目~

もつれゆく蝶を行かしめ烏蝶/後藤夜半

ピアノ舁き入る庭に夏蝶の祝福図/林翔

入院の行李ひとつや梅雨の蝶/山田文男

千曲川しづかに迅し夏の蝶/柴田白葉女

夏されば渦の空にも揚羽蝶/佐野まもる

夏の蝶一族絶えし墓どころ/柴田白葉女

夏の蝶仰いで空に摶たれけり/日野草城

夏の蝶書寫の杉間の深さ飛ぶ/高田蝶衣

夏の蝶杉高ければ高きまで/青柳志解樹

夏の蝶神の急使として過ぎし/山本歩禅

夏蝶と云ふ遥けさを見返らむ/寺田澄史

夏蝶に導かれ住む都かな/阿部みどり女

夏蝶に狂ひさうなる花時計/櫛原希伊子

夏蝶に髪膚ゆだね薊煎る/竹下しづの女

夏蝶のあらあらしきは喪の使/有馬籌子

夏蝶のつかず離れず乳母車/清野よし子

夏蝶の乗り来て電車軽くなる/都筑智子

夏蝶の人目引かむと来て白し/日置草崖

夏蝶の影揺れやまぬ楽譜かな/仙田洋子

夏蝶の息づく瑠璃や楓の葉/水原秋櫻子

俳句例:121句目~

夏蝶の武蔵ぶりなり大いなり/筑紫磐井

夏蝶の目くらく一対一でゐる/成井恵子

夏蝶の目まぐるしけれ花を剪る/及川貞

夏蝶の眩しき野合見てゐたる/高澤良一

夏蝶の粉に咽びし息の緒か/山下真理子

夏蝶の触るゝも迅し離るゝも/渡辺桂子

夏蝶は沙漠の影に入らず舞ふ/仙田洋子

夏蝶は砂漠の影に入らず舞ふ/仙田洋子

夏蝶も紺紙金泥の経ならむ/水原秋櫻子

夏蝶やはらひかねたる旅の塵/小林康治

夏蝶や女神の首はつとになし/古舘曹人

夏蝶や布裁ち糸巻くこと切に/野澤節子

夏蝶や楽人の頭のみな揺れて/原コウ子

大揚羽蝶牛車の軽き荷の上を/八十島稔

晒井の底より見たる揚羽蝶/加藤かけい

懶しやたわたわ沈む梅雨の蝶/臼田亞浪

我が来たる道の終りに揚羽蝶/永田耕衣

揚羽蝶おいらん草にぶら下る/高野素十

揚羽蝶おのれの翳に疲るるや/朝倉和江

揚羽蝶しばらく石に遊びおり/久保純夫

俳句例:141句目~

揚羽蝶とぶ密林を知りつくし/右城暮石

揚羽蝶もつれ合ふとき藍発す/羽部洞然

揚羽蝶誇りの翅の大破して/山口波津女

揚羽蝶鏡に入りて黄を濃くす/谷口桂子

揚羽蝶飛ぶ密林を知りつくし/右城暮石

旅に出るやうに家出を揚羽蝶/櫂未知子

松に来て翅たゝみぬ夏の蝶/軽部烏帽子

梅雨の蝶のみかは森に息ふかし/有働亨

梅雨の蝶人人の列くぐりけり/磯野多希

梅雨の蝶相逢はしめて芒反る/石塚友二

梅雨の蝶草むらを出て大空へ/みどり女

梅雨の蝶見てゐて眠し旅戻り/高濱年尾

残る壁赭し夏蝶の野に聳え/殿村莵絲子

水打てば夏蝶そこに生れけり/高濱虚子

細書きの鏡花の墓に梅雨の蝶/藤岡筑邨

渇きつつ草にもつかず夏の蝶/小池文子

濃霧はれし釧路の町や夏の蝶/田中冬二

烏蝶けはひは人とことならず/川端茅舎

烏蝶胡麻刈る額をあふちけり/西島麦南

眼下津軽肩はなれゆく夏の蝶/加藤楸邨

俳句例:161句目~

竹林へ何すべくきて夏の蝶/大木あまり

黒牛を越ゆ夏蝶のあらあらし/那須淳男

絵硝子の秘色をぬすむ揚羽蝶/朝倉和江

縋るもの探して低し梅雨の蝶/池田秀水

肥料背負ふ先へ先へと烏蝶/吉澤きみ子

谷越えるまで夏蝶の持ち時間/齋藤愼爾

長生やある時間以後揚羽蝶/中尾寿美子

風おらび夏蝶よりも馬怯む/殿村莵絲子

あくがれて夏蝶と越ゆ海の紺/金箱戈止夫

夏蝶や老の肘にもあるえくぼ/北原志満子

夏の蝶一顧せし地にわれらあり/中村汀女

最後まで生きぬくは誰梅雨の蝶/星野立子

有刺鉄線などに夏蝶阻まれず/稲垣きくの

夏蝶や歯朶の茂みにくゞり入り/小杉余子

熔岩赭く夏蝶つかみどころなし/古館曹人

石のうへ圧しつゝとぶ揚羽蝶/百合山羽公

夏蝶や我が句に時節絶ゆるなし/尾崎迷堂

坂尽きて背の子をおろす夏の蝶/福田蓼汀

夏蝶の黒さを夢にもてあます/高橋謙次郎

稲架照らす提灯の紋ぞ揚羽蝶/水原秋櫻子

俳句例:181句目~

情欲やこはれてひかる夏の蝶/夏井いつき

カーナビに無き句碑道や夏の蝶/磯野充伯

幻もあるべし梅雨の蝶殖えぬ/相生垣瓜人

山の子に翅きしきしと夏の蝶/秋元不死男

梅雨の蝶埃のごとく樹々に群れ/高澤良一

考への先をよぎりし梅雨の蝶/副島いみ子

舞ひ下りて真白き夏の蝶となる/前山百年

わが墓を嗅ぎあてにけり揚羽蝶/宗田安正

もつれ合ひつ海へ出づ夏の蝶/山本たけを

揚羽蝶ひらかなのごと宙舞へり/谷口桂子

ぼろぼろの過去帳今日の揚羽蝶/中山純子

遠つ世もかく飛びたるや夏の蝶/吉屋信子

金色のみなぎる梅雨の蝶生れし/宮崎敬介

常山木の花に暫時尻曲げ揚羽蝶/西山泊雲

揚羽蝶使者のごとくに遺跡ゆく/鈴木照子

夏蝶の風なき刻を飛べりけり/池上浩山人

夏蝶の越えゆく荒瀬とどろくも/内藤吐天

夏蝶や途切れてはまた塩の道/塩野崎巻浪

降りいでし草より松へ夏の蝶/軽部烏帽子

雨の糸たぐりのぼりし梅雨の蝶/高木晴子

タイトルとURLをコピーしました