季語/枇杷(びわ)を使った俳句

「枇杷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枇杷」について

【表記】枇杷

【読み方】びわ

【ローマ字読み】biwa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

枇杷を含む俳句例

尼寺や甚だ淡き枇杷の味/村上蚋

枇杷の箱端しく積みて艀来る/篠原

村の塵ほとんど枇杷の掛袋/森田峠

枇杷をもぐ女が見ゆる嗽/細川加賀

無伴奏組曲夜の枇杷太る/浦川聡子

火山灰落して枇杷の袋掛く/峰山清

枇杷熟す十七歳の白昼夢/玉乃井明

枇杷熟れて海へ傾く桜島/菖蒲あや

枇杷描き枇杷羊羹の包み紙/高澤良一

枇杷剥いて想ふ東海あたりかな/林桂

雨上りわけても枇杷の雨雫/高澤良一

枇杷積んで桜島より通ひ舟/伊藤柏翠

枇杷剥けば果肉に潜む少年期/秋尾敏

枇杷の葉の照り一月の防波堤/中拓夫

先生を考へてをり月の枇杷/斉藤夏風

寐てまつや梅田枇杷麦郭公/内藤丈草

仏龕の箔の古さよ枇杷の色/尾崎紅葉

佇みて枇杷よくおちる処かな/中田剛

信堅き島人の枇杷熟れそむる/有働亨

海明り早生り枇杷は四国一/高澤良一

俳句例:21句目~

土佐湾に面して枇杷の袋掛/高澤良一

夕風の枇杷もぐ蹠仰ぎけり/岩田昌寿

枇杷種に遠い灯がつき老夫妻/桂信子

枇杷の精おとづれし日の風甘き/中勘助

野育ちや小枇杷の出臍緑帯び/香西照雄

退院の夜の団欒の枇杷すする/伊東宏晃

袋破れ一顆は天へ枇杷実る/稲垣法城子

一粒の枇杷まろびたる畳濡れ/亀井糸游

葉も幹も埃まみれや太る枇杷/山西雅子

管理人室の横手の枇杷たわわ/高澤良一

枇杷山に娘も駆り出され袋掛/伊東宏晃

犬枇杷に沖より旭駈けつけし/高澤良一

枇杷の実の天を仰ぎて太りけり/上村占

富浦の一足はやきハウス枇杷/高澤良一

枇杷の種弾みて富士の山開き/飯田龍太

枇杷の実の見えし天体望遠鏡/大石雄鬼

兄弟の枇杷植うといふ垣根哉/鏑木一葉

病人の出す枇杷の種大きかり/高澤良一

犬枇杷にほとばしり落つ厨水/戸川稲村

弔問の途中の枇杷が綺麗なり/鈴木伸一

俳句例:41句目~

弟にうとんぜられて枇杷啜る/野田美帆

枇杷の葉の窓の如くに蝕まる/横山白虹

北海の青潮下に枇杷ちぎり/鈴鹿野風呂

厩の牛昔藤のごとし枇杷の村/橋本鶏二

ふたまわり下の男と枇杷の種/池田澄子

海光に早くも枇杷の紙被れり/林原耒井

浦曇り枇杷は袋にひっそりと/高澤良一

枇杷の肛門すすり家族ら霊迎/江里昭彦

枇杷の葉に供ふ野のもの釈奠/鶴丸白露

枇杷値切る婦人忘れぬ貞操を/宮武寒々

水玉を生毛につけて卓の枇杷/福本天心

枇杷食べて雀の死にし話する/細見綾子

枇杷青しひとときかつと机照る/中拓夫

枇杷は黄に天主の塔は海光に/石原八束

闘病の細き指もて枇杷すする/中村芳子

天平のおどけ眼に枇杷熟るる/今井竜蝦

枇杷もるや都をどりと書ける皿/辻桃子

妻あらぬ一日の枇杷の疵古し/下村槐太

青枇杷や九十九折なす島の道/石川桂郎

枇杷熟るる出窓の多き異人館/中井啓子

俳句例:61句目~

妻在らぬ一日の枇杷の疵古し/下村槐太

枇杷たべて再び火口覗かざる/津田清子

枇杷の実の幼なさ見せて昼の雨/松村蒼石

枇杷の木と兎にありし鞭のあと/栗林千津

枇杷の柔毛わが寝るときの平安に/森澄雄

枇杷の核の沁み拡がれる白紙哉/西山泊雲

枇杷の疵新古ながらに烙絵色/島村元句集

これよりは暗黒、海に枇杷繁り/攝津幸彦

さっきから鴉が鳴いて枇杷日暮/高澤良一

枇杷の種はずみころがる海の家/桜井博道

ひあはひに枇杷の葉青し秋の空/渡辺水巴

枇杷の種掌に吐きついで韻あり/内藤吐天

枇杷たわゝ朝寝たのしき女の旅/近藤愛子

枇杷の鈴四五枚の葉に立据はり/西山泊雲

ほんのりと枇杷の匂ひやご本尊/岸本尚毅

枇杷の露涼しと窓を蔽ふ日かな/会津八一

枇杷の黄を旅に加ふる雨ながら/古舘曹人

やはらかき紙につつまれ枇杷のあり/篠原

ゆふぐれの枇杷を仰ぎて青ざめし/中田剛

枇杷むけば亡き人の来て一つ剥く/岡本眸

俳句例:81句目~

枇杷をもぐ笠を阿弥陀に雨の中/福田蓼汀

わが齢の忽と過ぎゆく枇杷の種/古舘曹人

枇杷をむく母にまだある指力/大木あまり

枇杷を剥く指から宙は始まりぬ/大西泰世

枇杷剥きぬ不良になれぬ中年ヘ/櫂未知子

枇杷啜り土佐の黒潮したたらす/渡辺恭子

枇杷洗ひ供ふ泪目きらびやか/赤松けい子

枇杷照るや天は地よりも乱れつつ/堀葦男

枇杷熟れて漁村故なく貧しかり/青木重行

枇杷熟れて黒雲のゆく迅さかな/岸本尚毅

枇杷萌えて掌合すごとし卒業期/古沢太穂

枇杷買うて舷梯のぼる夜の雨/橋本多佳子

枇杷買ひて夜の深さに枇杷匂ふ/中村汀女

枇杷青し悪童の瞳の澄めりけり/中島杏子

枇杷黄ばむほの明るさに百日忌/高澤良一

湖の日の金環枇杷の熟れにけり/丹羽啓子

潮曇る岬鼻の枇杷熟るる日は/松尾崎明美

灘の色明るき雨に枇杷熟るゝ/秋元草日居

墓裏のいろづく枇杷に田が濁る/松村蒼石

灯や明し独り浴後の枇杷剥けば/石塚友二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ