季語/夏の星(なつのほし)を使った俳句

「夏の星」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏の星」について

【表記】夏の星

【読み方】なつのほし

【ローマ字読み】natsunohoshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・星涼し(ほしすずし:hoshisuzushi)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏の星を含む俳句例

鉢の子や国上に勁き旱星/原裕

旱星教会裏は曠野めき/三谷昭

旱星流木は山忘れざる/大庭紫逢

旱星百姓強き酒に酔ふ/長井哀耳

ふるさとや豊年星の旱星/有働亨

団交のあとを残業旱星/亀井糸游

面舵に船傾きて星涼し/高浜虚子

旱星神の水甕手窪ほど/佐藤火星

水使ふ音の夜更けて旱星/内藤吐天

水ゆれて猫の渡りし旱星/柚木紀子

行軍や古沼に夏の星一つ/相馬遷子

人形に生死の無くて旱星/永井純子

光年の時差の煌き星涼し/藤浦昭代

夏星よ黒猫百歳の耳立て/金子皆子

星涼し光となりて飛びにし代/林翔

月蝕の闇引き緊まる旱星/熊田鹿石

男泣く外科病棟の旱星/伊丹三樹彦

耳掻購い帰る東京の旱星/赤尾兜子

草の香を強く感じて旱星/如月真菜

力なき木々に力の旱星/永田耕一郎

俳句例:21句目~

星涼し青竹踏みの土不踏/村本畔秀

鬱々と潮は満ちをり旱星/下村ひろし

夏の星すゞろ篠笛吹く異人/中島月笠

旱星祈られ疲れの主は一人/池田澄子

草枕の我にこぼれぬ夏の星/正岡子規

夏星に海も日暮れの音展く/飯田龍太

梅雨の星齢といふも茫々と/廣瀬直人

木星の水と出会いの旱星/畠山あさみ

星涼し遊歩甲板の籐椅子に/岸風三楼

夏星のやう夫恋の火を胸に/仙田洋子

旱星積みたる漁網匂ひけり/植竹京子

星涼し川一面に突刺さり/野見山朱鳥

夏星や草木に人の息かかり/飯島晴子

旱星集へば踊るジプシーは/吉野義子

旱星食器を鳴らす犬と石/秋元不死男

屋根明るむUFOでなく旱星/安西篤

旱星われを罵るすなはち妻/西東三鬼

犬楠の木は石より堅し旱星/古舘曹人

狐憑き診て戻る夜の旱星/武井ひろ子

閨を出でて限に春の星涼し/会津八一

俳句例:41句目~

星涼しく白樺も闇たのしめり/宮津昭彦

星涼し夜は夜の面の龍馬像/つじ加代子

星涼し昼は黒砂に雲母賞でぬ/香西照雄

アラビヤの空を我ゆく夏の星/星野立子

嘴あらば銜へむ夏の星赤し/正木ゆう子

夏の星近き幹みな濡れてをり/桜井博道

畑から背負つて戻る梅雨の星/小出秋光

疲れ寝のてのひらを抜け旱星/桜井博道

カフェテラスの白き装ひ星涼し/大谷茂

夏星の座の組み変はる青氷河/小澤克己

水底の石にこもりし梅雨の星/伊藤敬子

酔うて寝る破片ばかりの旱星/上原勝子

夜泣き子の深き眠りへ旱星/三浦加代子

女立たせてゆまるや赤き旱星/西東三鬼

降ろされし帆の匂ひけり旱星/藺草慶子

星涼しうたごゑ流れくる川原/穴澤光江

エチュードの後のしじまの旱星/高橋修宏

夏の星きよらに光り寝そろひぬ/片桐苣女

父祖の地に入りて微塵の星涼し/橋本榮治

星涼しニューヨーク行パリー行/山本歩禅

俳句例:61句目~

星涼し吾子賜はぬも神の意か/水田むつみ

星涼しみよしのの坊灯をもらす/下村梅子

星涼し寝るを惜みて立つ門に/星野麦丘人

夏星や少女ひそかに初潮来る/沖田佐久子

身のうちの虚空に懸かる旱星/大道寺将司

星涼し樅のふれあふ音かさね/星野麦丘人

金星すでにただの夏星先駆者よ/香西照雄

星涼し謡の声のをとこをみな/猪俣千代子

星涼し遠い日本の見えそうな/シヨー麗子

ひとところ密雲洩るる梅雨の星/道部臥牛

蓼科の夜はしんしんと星涼し/鳥羽とほる

夏の星の顔なつかしも暮れかゝる/上島鬼貫

牛飼星涼し人に後るゝばかりにて/小林康治

星涼しアンデルセンの童話など/星野麥丘人

夏星のひとつを吾れの胆とせる/和田耕三郎

むささびや杉にともれる梅雨の星/水原秋櫻子

夏星一顆母の笊よりこぼれ落ちむ/磯貝碧蹄館

電報の文字は「ユルセヨ」梅雨の星/西東三鬼

夏星などよく知れる夫なりき愛したり/玖保律子

星涼しユダヤかたぎのはなし好き/久保田万太郎

俳句例:81句目~

水際ゆいてしんみりさむし夏の星/飛鳥田れい無公

跳ねたる夏星赤毛の赤ン坊漁夫が抱く/磯貝碧蹄館

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ