季語/夏蕨(なつわらび)を使った俳句

「夏蕨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏蕨」について

【表記】夏蕨

【読み方】なつわらび

【ローマ字読み】natsuwarabi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

夏蕨を含む俳句例

夏蕨天草島の山高し/中村汀女

首塚や人ものぼらぬ夏蕨/山店

欠け欠けて遊女の墓や夏蕨/柏禎

石負女の幸一握の夏蕨/西本一都

落し来る筏の上の夏蕨/今村晩果

遠囃子椀に沈みし夏蕨/野澤節子

山荘の庭に長けけり夏蕨/高濱虚子

百人の人にもてなす夏蕨/都甲君子

くるしくも雨こゆる野や夏蕨/白雄

碧空に消ゆる雲あり夏蕨/岡田日郎

高原の観光ホテル夏蕨/赤星水竹居

大皿に釘で彫りたる夏蕨/長谷川櫂

鳥鳴いて山静かなり夏蕨/子規句集

夏蕨壮年の男に捲毛二三/香西照雄

夏蕨遠山見ゆるころ夕餉/大野林火

入日の前の土の明るさ夏蕨/桂信子

痩畑の又野にかへる夏蕨/野村泊月

上州を訪へば茶受けの夏蕨/吉居珪子

俎にあまりて丈の夏わらび/田村木国

墓の字につかふ長鋒夏わらび/上村占

俳句例:21句目~

旧道は消ゆるほかなし夏蕨/西本一都

夏蕨興亡のいま亡に帰し/上田五千石

夏蕨能登も奥なる坊泊り/大橋越央子

山火事のありたる地肌夏蕨/茨木和生

山荘にとどく大束夏わらび/米沢登秋

老い母よ祈り惚けし夏蕨/小檜山繁子

茹でゝ喰ふ興安嶺の夏蕨/楠目橙黄子

踏み迷ふことも楽しや夏蕨/稲畑汀子

道のべにおきある籠に夏蕨/木村蕪城

夏蕨井に浸せしを忘れきし/鳴戸幸子

夏蕨と高野豆腐の料理かな/吉田冬葉

山住のこころ足らふや夏蕨/木村蕪城

いしぶみは峠の名のみ夏蕨/大岳水一路

せせらぎに親しみ行くや夏蕨/大沢起佐

とるほどは無くて山麓夏わらび/及川貞

万葉の安騎野にたけし夏蕨/小竹よし生

夏わらび谿に真深く雲しづむ/河野南畦

灰汁抜きの灰の軽さよ夏蕨/佐藤東北夫

焼きし野の拓かずもある夏蕨/野村泊月

みよしのや荷ほどに採れて夏蕨/及川貞

俳句例:41句目~

採るほどは無くて山麓夏わらび/及川貞

あく抜きて隣家に分ける夏蕨/松本サキ子

夏わらびここに眠りて日暮まで/田中裕明

夏わらび尼の手籠に見えてをり/蓑口祈水

夏わらび手に殖やしゆく塩の道/和知喜八

甕伏せしあたりもつとも夏蕨/つじ加代子

夏蕨摘むやをみなら手甲して/西尾秀東子

夏わらび戸毎に干せる宇陀の里/つじ加代子

旅びとに古塔かたぶく夏わらび/稲垣きくの

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ