季語/夏蓬(なつよもぎ)を使った俳句

「夏蓬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏蓬」について

【表記】夏蓬

【読み方】なつよもぎ

【ローマ字読み】natsuyomogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏蓬を含む俳句例

波倒れたる音一つ夏蓬/上村占

魂の弛む真昼の夏蓬/寺井谷子

山風や人の背丈の夏蓬/勝又水仙

仮の世の回転扉夏蓬/高野ムツオ

地謡の十人あまり夏蓬/伊藤敬子

横薙の雨の固さや夏蓬/松本幹雄

弦きりし音ただ一度夏蓬/中田剛

寸足らず東尋坊の夏蓬/高澤良一

夏蓬証しを隠す丈となる/星野紗一

雨しげく谷川澄みて夏蓬/松村蒼石

身構へて一打の鎌や夏蓬/加藤典昭

淋代の夏磯蓬長けにけり/古舘曹人

旅の師を旅して追ひぬ夏蓬/赤松子

夏蓬影なく天使像まろぶ/小林康治

対岸の石切るこだま夏蓬/大中祥生

夏蓬煤煙くさき江東区/秋元不死男

七浦のかくし田ふかく夏蓬/大中祥生

夏蓬あまりに軽く骨置かる/加藤楸邨

夏蓬けものの匂まぎれをり/沼澤石次

夏蓬径のあやふき神威岬/墓田いさを

俳句例:21句目~

夏蓬瓦礫をふみて虔しみぬ/富安風生

夏蓬伸び放題に漁夫帰る/有馬草々子

寝かさば石立たさば仏夏蓬/篠崎圭介

夏蓬細身に雀くぐりけり/小山田抒雨

橋失せて洲の茫々と夏蓬/大平マサ子

蓬長け波音人を安からしむ/右城暮石

蓬長け火山の裾の霧まとふ/村越化石

病む牛の膝をかくして夏蓬/平子公一

かの日より敗兵たりき夏蓬/木山白洋

鷺隠す丈なし雨の夏蓬/長谷川かな女

夏よもぎ将軍の馬隠岐に死す/巌谷小波

つまづきし鎌が香に立つ夏蓬/白井爽風

笹の実に糅てんと摘むや夏蓬/木村蕪城

夏蓬きれいな舌を見せあいぬ/永末恵子

夏蓬やあまりに軽く骨置かる/加藤楸邨

夏よもぎ茫々と母たづねたし/徳本映水

雲の湧くたびに伸びんと夏蓬/廣瀬直人

青年にいきなり出合う夏蓬/森下草城子

夏よもぎ納屋聚落は海へ延ぶ/巌谷小波

さまよへる翅音かすかに夏蓬/鷲谷七菜子

俳句例:41句目~

夏蓬ふぁうる/ふらいを兄が追ひ/中烏健二

ふるがへりたるまゝの葉も夏蓬/佐藤多太子

相背いて高く飛ぶ蝶夏よもぎ/阿部みどり女

夏よもぎ急雨香だちて降りにけり/飯田蛇笏

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ