季語/苗代(なわしろ)を使った俳句

「苗代」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苗代」について

【表記】苗代

【読み方】なわしろ

【ローマ字読み】nawashiro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・苗代田(なわしろだ:nawashiroda)

・苗田(なえだ:naeda)

・短冊苗代(たんざくなわしろ:tanzakunawashiro)

・親田(おやだ:oyada)

・苗間(なえま:naema)

・のしろ(のしろ:noshiro)

・苗代じめ(なわしとじめ:nawashitojime)

・苗代粥(なわしろがゆ:nawashirogayu)

・苗代水(なわしろみず:nawashiromizu)

・苗代道(なわしろみち:nawashiromichi)

・苗代時(なわしろどき:nawashirodoki)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

苗代を含む俳句例

門前の小便小僧苗代寒/原裕

泥亀や苗代水の畦づたひ/史邦

市中や苗代時の鯰売/正岡子規

遅桜苗代つくり来て憩ふ/楸邨

苗代や或夜見初し稲の妻/几菫

苗代の足跡苗代ある限り/北山河

苗代の田螺を拾ひ絶しけり/西友

苗代に雨緑なり三坪程/正岡子規

鷺下りて苗代時の寒哉/正岡子規

苗代のこの泥濘が開田村/原田喬

桟や短冊二枚の小苗代/西本一都

梟がほうと苗代寒の宵/野田歌生

苗代の村を寒がる男たち/中拓夫

尿前や苗代蛙昼鳴きて/茂里正治

水澄みて籾の芽青し苗代田/支考

苗代泥膝頭まで女かな/菅原師竹

苗代寒父の瞋りの今はなし/子郷

苗代や鞍馬の桜ちりにけり/蕪村

苗代や親子して見る宵の雨/一茶

苗代に仁王のやうな足の跡/野坡

俳句例:21句目~

苗代や二王のやうな足の跡/野坡

苗代やうれし顔にもなく蛙/許六

苗代の青や近江は真つ平ら/英治

三ヶ月に狐化かさん苗代田/支考

畦道や苗代時の角大師/水田正秀

苗代の雨緑なり三坪程/正岡子規

苗代と死者を隔つる白襖/野中亮介

苗代に藤の落花や大原路/野村泊月

鮒跳んで苗代寒の水の上/岸本尚毅

提灯の苗代水に映りゆく/田中冬二

けふできて光り一日苗代田/森澄雄

一畝の苗田直枝に直毛虫/香西照雄

苗代のところ~の曇りかな/原月舟

暁の苗代に北目指す汽車/大井雅人

さくら散苗代水や星月夜/蕪村遺稿

苗代にひた~飲むや烏猫/村上鬼城

苗代にぽつと灯りし婚の家/長田等

苗代や鬱々として遠汽笛/河野南畦

苗代に力あつめて海の風/田中裕明

なつかしや苗代水に畦とぎれ/汀女

俳句例:41句目~

苗代の水の天井風が吹く/田中裕明

苗代の水張る労働前夜祭/萩原麦草

苗代の秋田こまちに水鏡/高澤良一

苗代の色紙に遊ぶかハづかな/蕪村

苗代の足あと耶蘇か落人か/長田等

よく熟れて苗代苺向ふ岸/岡本圭岳

江村を苗代辺にも柳かな/細谷柚翁

苗代の風が役場のなか通る/原田喬

一枚の大苗代田歪みをり/清崎敏郎

土佐は今二番苗代青田中/高濱年尾

伊賀泊り苗代寒の星浴びて/太田嗟

苗代に映る教師の引越荷/木村蕪城

苗代へ分るる水の目高哉/正岡子規

苗代や一粁先に艦浮ぶ/秋元不死男

苗代に歳々の顔うつし老ゆ/大串章

苗代や日あらで又も通る路/炭太祇

苗代や杏の花の花ぐもり/相馬遷子

苗代や沼の真菰と風かよふ/秋櫻子

苗代や濁りて川は早瀬なす/森澄雄

苗代や許六の蛙史邦の亀/子規句集

俳句例:61句目~

落人の裔か苗代作りして/高浜年尾

赤米の神の田に幣苗代田/河野頼人

頬冠りとれば苗代寒の顔/名見崎新

苗代に落つ一塊の畦の土/高野素十

妹がかぶる手拭白し苗代田/寺田寅彦

苗代や早起きをして白髪ふゆ/中拓夫

うつくしや扇づくりの苗代田/青邨/

苗代の密生密の密なるもの/山口誓子

ここに十二使徒の足型苗代田/長田等

苗代に花をこぼして桐高し/遠藤梧逸

稀に書く本名優し苗代田/中村草田男

さざ波と見れば苗代蛙かな/井沢正江

しこまれて苗代馬のあゆみかな/山店

苗代の水のつゞきや鳰の海/松瀬青々

苗代に野鼠除けの夜水張る/宮崎牛芽

苗代に日々茂り行く柳かな/籾山柑子

苗代に苗木漬クるや吉野人/松瀬青々

朝市の品かずふえて苗代寒/伊藤敬子

竃の火囲炉裡に移し苗代寒/田中冬二

李咲く村苗代をかゞやかす/萩原麦草

俳句例:81句目~

苗代に月の曇れる夜振かな/飯田蛇笏

シグナルの下毎年の苗代田/河野静雲

五分保つ苗代水も夏近し/広江八重桜

父の死後苗代の底を踏む素足/中拓夫

苗代や抜くたび白む農の脚/石川桂郎

苗代に楢山あさき鵯のこゑ/石原舟月

出羽の国苗代に花吹き溜る/皆川盤水

吉野まで沿線苗代時なりし/細見綾子

苗代や干し連ねたる何の網/会津八一

苗代や小蛇のわたる夕日かげ/大江丸

寺と寺つなぐ旅なり苗代田/村越化石

山吹の水を引きたる苗代田/松瀬青々

苗代の密なる緑いつまでぞ/西東三鬼

機不況つゞき苗代寒つゞき/渡辺小芽

苗代の参差と山邊春めきぬ/石井露月

猪から雨かかりけり苗代田/萩原麦草

苗代に満つ有線のビートルズ/今井聖

翼立て苗代の泥を取る初燕/橋本夢道

苗代から真つ縦に甲斐駒ヶ岳/原田喬

苗代にシベリヤの夫映る懼/藤後左右

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ