季語/人参の花(にんじんのはな)を使った俳句

「人参の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「人参の花」について

【表記】人参の花

【読み方】にんじんのはな

【ローマ字読み】ninjinnohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花人参(はなにんじん:hananinjin)

季節による分類

・「に」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

人参の花を含む俳句例

人参の自生の花も勝手道/佐藤豊子

人参の花の終りを人のあと/下田稔

人参の花を近くに朝泳ぐ/大井雅人

人参の花の白などうるさけれ/斎藤玄

庭畑の隅をかすませ花人参/嶋田麻紀

人参の花まつすぐに島の空/曽根新五郎

畑隅をかすませてをり花人参/嶋田麻紀

白日に夢さらしけり花人参/上関ふみ子

にんじんの花汚れゐて土用浪/細見綾子

山畠花にんじんに陽が褪せ来/沢崎北斗

鎌研ぎの錆降りかかる花人参/伊丹三樹彦

にんじんの花のこりゐて秋暑し/田中冬二

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ