季語/青葡萄(あおぶどう)を使った俳句

「青葡萄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青葡萄」について

【表記】青葡萄

【読み方】あおぶどう

【ローマ字読み】aobudo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

青葡萄を含む俳句例

葡萄青葉漣なせり遠ドナウ/林翔

前山の青葡萄園大傾斜/三好潤子

狐雨去れば透明青葡萄/羽部洞然

生涯に落日いくつ青葡萄/山口剛

青ぶだう火山の曇り庇まで/下田稔

精神は肉体である青葡萄/須賀典夫

青葡萄重なる窓や揮天儀/二村典子

雨粒のままに雨来て青葡萄/岡本眸

夜学生青葡萄山まはりくる/飴山實

青葡萄畠の中の城の窓/大峯あきら

青葡萄大粒に夜の潤へり/伊藤京子

影を己へ刻む青葡萄雲の峰/宮津昭彦

待つといふことの寂けさ青葡萄/林翔

日を吸つて飴色兆す青葡萄/富田直治

ゆうぐれの力を余し青葡萄/久保純夫

一塊の人語に触るる青葡萄/対馬康子

去り際に置け二房の青葡萄/櫂未知子

爆音や青き葡萄に影うまれ/加藤秋邨

青葡萄玲瓏と昼過ぎにけり/菅原鬨也

吾が帷覗くは青き葡萄かな/林原耒井

俳句例:21句目~

青葡萄旅の夕べを重ねつつ/草間時彦

夜の山ちかく風澄む青葡萄/石原舟月

青葡萄夕爾の故郷いまだ見ず/樋笠文

鼠出て月をうかがふ青葡萄/加藤楸邨

青葡萄しだるる隙に湖の紺/佐野美智

山国のけぢめの色の青葡萄/藤田湘子

川を呼び山風を呼び青葡萄/広瀬直人

青葡萄紅茶のみたる手の血色/片山桃史

きり雨の雫のひかる青ぶだう/粳間ふみ

青葡萄透き高温の日に耐ふる/津田清子

ひしひしと月夜玉張る青葡萄/石原林々

青葡萄香水消ゆる扉のほとり/石橋秀野

まだ誰も触れない涼気青葡萄/今瀬剛一

みすずかる信濃の夕焼青葡萄/福田蓼汀

友の母われにやさしや青葡萄/村山古郷

子にだけは唄ふ父なり青葡萄/能村研三

嵐めく風にあらはれ青ぶだう/吉岡恵信

昏睡の死者は那辺に青葡萄/磯貝碧蹄館

朝毎の話題に太る青葡萄/小笠原須美子

濁流に日のあたりけり青葡萄/山口誓子

俳句例:41句目~

病難を脱し仰げり青葡萄/長谷川かな女

葉の色と同じ色して青ぶだう/渡辺しづ

葉籠りの青き葡萄や五月雨/五十嵐播水

葡萄青し人の生る木を夢の中/柿本多映

蟷螂若く鎌の弱さよ青葡萄/島村元句集

雨だれのしづく大きく青葡萄/下山宏子

青ぶだう庭に泉をもつ一戸/つじ加代子

青ぶだう老人はみな杖を持ち/高木晴子

青葡萄つきかげ来れば透きにけり/草城

青葡萄一猫長く化粧ふかな/磯貝碧蹄館

青葡萄密なりあたり暗きまで/相馬遷子

青葡萄山から村の時計読む/大峯あきら

青葡萄律を正せしピアノの上/鷹羽狩行

青葡萄白亜の像の目とせばや/西岡正保

ふるさとにある暗がりや青葡萄/森田智子

青ぶどう風を追い越す声ありき/四ッ谷龍

青葡萄おそひし雹のおそろしき/上田芳子

山の向うは青葡萄園その拡がり/金子兜太

見てくれと甘味は別の青ぶだう/高澤良一

青葡萄イエスの泪地に満てり/成瀬桜桃子

俳句例:61句目~

山ぐにの没日みじかし青ぶだう/太田邦武

青葡萄執筆嫌ひでとほされず/百合山羽公

ボイラーマン出て胸曝す青葡萄/羽部洞然

青葡萄天地ぐらぐらぐらぐらす/三橋鷹女

経文の語尾のかげりの青葡萄/鳥居美智子

綾なして洩れる日のあり青葡萄/矢崎春星

青ぶだう日毎に凌ぎやすくなる/高澤良一

青葡萄掌にのせて掌の夕暮れよ/平井照敏

塔聳てり青葡萄みなさかしまに/宮津昭彦

青葡萄垂れながき夏はじまりぬ/木下夕爾

復元の花圃もやや古り青葡萄/下村ひろし

葡萄青き旦夕を妻の痩せにけり/林原耒井

青葡萄農園に燈の増えずひとつ/宮津昭彦

青葡萄透きてし見ゆる別れかな/赤尾兜子

たのしさは寝ねて見上ぐる青葡萄/岩田由美

青葡萄と秋刀と海を恋ひにけり/川島彷徨子

葡萄青し遺影いつまでモーニング/宇山雁茸

孤児の歯を抜いてついばむ青葡萄/沢木欣一

向き合はぬまま青葡萄食べ終へし/谷口桂子

みごもりて青葡萄に日の当りゐる/中山純子

俳句例:81句目~

青ぶどう家に子のなきには触れず/岸風三楼

青葡萄気温いよいよ昇るかな/阿部みどり女

いくさ無しむらさきすべく青葡萄/中村草田男

一房の葉にかくれたる青ぶだう/上野/小百合

青ぶどう夜明けは山のうしろから/鈴木美千代

青葡萄にかくし二階のあることも/長谷川かな女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ