季語/蒜(にんにく)を使った俳句

「蒜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蒜」について

【表記】蒜

【読み方】にんにく

【ローマ字読み】ninniku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葫(にんにく:ninniku_)

・ひる(ひる:hiru)

・大蒜(おおにんにく:oninniku)

季節による分類

・「に」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

蒜を含む俳句例

墓畠蒜の花咲きいでぬ/飯田蛇笏

山畑や蒜植うる微雨の中/斎藤雨意

忍辱の鎧に蝉の啼き通す/高澤良一

蔵王脊に蒜洗ふ夕まぐれ/蓬田紀枝子

病ひ抜けして蒜をつゞけをり/東出善次

老眼にしばらく暗く明るき蒜/和田悟朗

蒜の臭さに馴れて夜店見る/木下いさむ

蒜をかけつらねたる泥家かな/長谷川巌

蒜を吊しおきしが芽となれり/森田公司

蒜早も煮らるべく立つ雲弥生/石塚友二

にんにくと煙草の話文化の日/高澤良一

にんにくを薬の食や冬ぬくし/石川桂郎

壁に乾くにんにくの束冬木立/小池文子

恋の日は愛し蒜の芽根をふとく/赤尾兜子

葫を刻む香のして夜のキッチン/北村薫子

蒜をみぢんに打つて梅雨一家/鳥居美智子

蒜を掘るウラルアルタイ語族かな/小澤實

にんにくに出来る頭や春近し/広江八重桜

にんにくを吊りて烈日落としたり/糸大八

逃げ水や浜にんにくの幾砂丘/佐藤南山寺

俳句例:21句目~

隠亡が息捨てにくる花にんにく/高井北杜

にんにくの臭みなぎらし土掘れり/中川子桜

にんにくの芽に親しめば日差し来ぬ/小池一覚

にんにくを噛みつつ粥の熱き吸ふ/長谷川素逝

メーデーの鮮童にんにくの親しさや/古沢太穂

にんにくの芽の黄のふかくかげろひぬ/小山空々洞

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ