季語/山帰来の花(さんきらいのはな)を使った俳句

「山帰来の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山帰来の花」について

【表記】山帰来の花

【読み方】さんきらいのはな

【ローマ字読み】sankirainohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・がめの木の花(がめのきのはな:gamenokinohana)

・さるとりいばら(さるとりいばら:sarutoriibara)

・かから(かから:kakara)

・がんだちいばら(がんだちいばら:gandachiibara)

・からたちいばら(からたちいばら:karatachiibara)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

山帰来の花を含む俳句例

山帰来若葉して山の雨走る/内藤吐天

歳月のささやき山帰来の花/鷹羽狩行

灯台を真下に山帰来の花/平井伊都子

百穴へ径はくもでに山帰来/浜中柑児

紺青の海へかざして山帰来/太田鴻村

花つけて松に懸りぬ山帰来/伊藤無門

雨やんで巌這ふ雲や山帰来/飯田蛇笏

山帰来花つけて陽のやはらかし/長野豊子

岩の上に咲いてこぼれぬ山帰来/村上鬼城

海まぶしくて花散らす山帰来/青柳志解樹

田のひとのゆききや山帰来の花/染谷杲径

葉をつくり花をつくりぬ山帰来/松藤夏山

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ