季語/野分(のわき)を使った俳句

「野分」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「野分」について

【表記】野分

【読み方】のわき

【ローマ字読み】nowaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・野わけ(のわけ:nowake)

・野分雲(のわきぐも:nowakigumo)

・野分だつ(のわきだつ:nowakidatsu)

・野分跡(のわきあと:nowakiato)

・野分晴(のわきばれ:nowakibare)

季節による分類

・「の」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

野分を含む俳句例

膳先は葎雫や野分吹/一茶

無常とや心に野分世に嵐/林翔

巌上の院は小粒に野分雲/林翔

裸児と烏とさはぐ野分哉/一茶

梺なる我蕎麥存す野分哉/蕪村

野分して盥に雨を聞夜哉/芭蕉

辻君も帰る野分の旦かな/許六

草花の屏風をたゝむ野分哉/也好

無花果や垣は野分に打倒れ/史邦

野分めく風を面に景岳忌/松崎豊

崖草は空へ綯はるる野分波/林翔

石狩の野分の果ての漁師町/暮雪

生あつい月がちら~野分哉/一茶

客僧の二階下り來る野分哉/蕪村

山川に高浪も見し野分かな/石鼎

冷々と朝日嬉しき野分かな/支考

爪先の冷たしといふ野分哉/一茶

猪もともに吹るゝ野分かな/芭蕉

寝筵や野分に吹かす足の裏/一茶

母老ゆや野分潮騒彩なすは/原裕

俳句例:21句目~

萩薄思ひ思ひの野分哉/正岡子規

相当討野分の朝しられけり/調和

岩礁の海鵜胸張る野分雲/東天虹

芋の露全く落し初野分/大熊輝一

磯神の一燈の白野分浪/近藤一鴻

ほつ~と馬の爪切る野分哉/一茶

鳥一羽野分彩るごとく来て/原裕

悉く稲倒れ伏す野分哉/寺田寅彦

声も立てず野分の朝の都鳥/闌更

夏を宗と造れば庵に野分哉/也有

悪妻を溺愛せむか野分星/齋藤玄

外屋敷や野分に残る柿の蔕/野童

旅戻る面なりけり野分後/齋藤玄

渡し守舟流したる野分哉/炭太祇

拡声機遠き野分の音洩らす/楸邨

野分後太極拳が空気割り/須藤徹

野分中月は光を得つつあり/風生

月今宵野分の雲の中走る/辻桃子

本堂の瓦はがれし野分哉/寺田寅彦

野分していよ~遠き入日かな/草城

俳句例:41句目~

野分あと街は輝く万華鏡/高澤良一

元寇の防塁跡の野分かな/皆川盤水

小走の犢に暮るゝ野分哉/西山泊雲

光起が百鬼夜行く野分哉/正岡子規

砂山に芒ばかりの野分哉/夏目漱石

身近きは響き野分の遠谺/斎藤空華

屋ねまくる暴風の中や虫の声/李由

藪の月一瞬ありし野分かな/たかし

枝裂てしろりと明る野分哉/炭太祇

別るゝや野分を前の明り星/齋藤玄

屋根ふきや野分の朝隙もなし/露草

屋根まくる野分の中や虫の声/李由

猪の男鹿追ひ行く野分哉/正岡子規

山は虹いまだに湖水は野分哉/一茶

化け兼る狐とびゆく野分かな/空能

化け兼る狐とびゆく野分かな/空能

山川に高波も見し野分かな/原石鼎

蓮沼の木曾殿最後野分中/平井照敏

只白き賀状を托す野分かな/森黄耿

眞黒な雲走り行く野分哉/正岡子規

俳句例:61句目~

ながらへて野分に渡る胡蝶哉/鹿ト

花園の垣倒れたる野分哉/正岡子規

の吹き倒さるゝ野分かな/松瀬青々

巌三方一方の海が野分飛ばす/林翔

吹き飛ばす石は浅間の野分哉/芭蕉

荒れ~て末は海行く野分かな/猿雖

痛快に芭蕉裂けたる野分かな/草城

鷲の子や野分にふとる有磯海/去来

鷄頭の皆倒れたる野分哉/正岡子規

水戸城の空堀崩る野分かな/樫村英

能の笛湿す野分の真直中/林十九楼

肌沈め野分の泉底明るむ/筒井節子

鶏頭の穂先とびちる野分かな/八束

地球岬その白さもて野分截る/林翔

鶏頭に牛の刀の野分かな/横井也有

鶏の空時つくる野分かな/高浜虚子

二度童子跼りたる野分跡/攝津幸彦

河渉る馬の首や野分吹く/石井露月

鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉/蕪村

石積んで野分に向ふ車哉/正岡子規

俳句例:81句目~

浅川の水も吹き散る野分かな/炭太

塩原の殺生石に野分かな/吉屋信子

野分して飄亭來る夜明哉/正岡子規

みちのべの狗尾草も野分かな/鷹女

飛ぶ鷲の勢盡きし野分哉/正岡子規

顔出せば鵙迸る野分かな/石田波郷

靴の釘石もて曲げる野分中/不死男

明星や家さだまりし野分中/齋藤玄

露草の花みづ~し野分晴/西山泊雲

宗鑑の生芋かぢる野分哉/正岡子規

電信の柱を倒す野分かな/正岡子規

人細し野分の朝の大伽藍/正岡子規

磴の須臾の日にして野分前/岸田稚

阿羅漢のつくる野分や切通/齋藤玄

夕蝉や野分がのこる岨の竹/及川貞

夕闇に馬光り居る野分哉/内田百間

白壁に月さやかなる野分かな/松浜

野分して葎の中の小菊哉/正岡子規

門前の老婆子薪貪る野分かな/蕪村

野分して芭蕉は窓を平手打つ/茅舎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ