季語/秋茄子(あきなす)を使った俳句

「秋茄子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋茄子」について

【表記】秋茄子

【読み方】あきなす

【ローマ字読み】akinasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋なすび(あきなすび:akinasubi)

・名残茄子(なごりなす:nagorinasu)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋茄子を含む俳句例

頂きに花一つつけ秋茄子/原石鼎

日々の是好日や秋茄子/高野素十

朝市の秋茄子の色云々す/能村研三

秋茄子に唇が集り共和国/高田律子

秋茄子の紫おもし親遠し/石橋秀野

背負籠の底に乏しや秋茄子/鮫島交子

朝市へいそぐ軽舸の秋茄子/桂樟蹊子

案じ顔妻に読まれて秋茄子/福田紀伊

一庵の秋茄子育つ日の続き/石崎晋象

道のべやうす埃して秋茄子/山口青邨

母と子に厨しづけし秋茄子/大野林火

堕したる児の齢も十秋茄子/辻田克巳

秋茄子に海より来る通り雨/棚山波朗

風たのし手提の中の秋茄子/飯山/昭

秋茄子の彩を深めて雨上る/住田歌子

淋しさは畑に漲り秋茄子/深川正一郎

秋茄子や雲の奥より雲生る/間島律水

立てし竹皆外れをり秋茄子/高浜虚子

ぎす跳ねる秋茄子畑の日照雨/石原舟月

鮎はあれど鰻はあれど秋茄子/正岡子規

俳句例:21句目~

秋茄子の畝間に雨の溜りそむ/清崎敏郎

秋茄子に世話女房と人はいふ/星野立子

味うすき京の朝餉の秋茄子/今井つる女

落涙のごとく小さし秋なすび/松村幸一

小鳥より拙なけれども秋茄子/清水径子

秋茄子の丘気まぐれな雲があり/中拓夫

秋茄子の残る二つをもぎにけり/上村占

旅もどり俎板濡らす秋茄子/蓬田紀枝子

秋茄子唐辛子の朱に奪はれぬ/正岡子規

秋茄子の花咲きとむる二三輪/西島麦南

秋茄子の腐つ野人語遠くなる/斉藤夏風

急な客とて秋茄子焼くことに/稲畑汀子

添へ竹を逃げて小さき秋茄子/加藤武夫

焼きあがり甘さの匂ふ秋茄子/松原ふみ

秋茄子剪るさも大事さうな音/飯島晴子

病む人が老いての恋や秋茄子/正岡子規

秋茄子の露の二三顆草がくれ/西島麦南

秋茄子や地を慕ひゆく岬の風/池上樵人

秋茄子の漬け色不倫めけるかな/岸田稚

秋茄子の葉と花を干す莚かな/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

小浅間や妻と買足す秋なすび/加藤郁乎

朝市は女ばかりや秋なすび/長野八重子

糟糠の妻とはなれず秋なすび/重田琴子

死と書きて消す露濡れの秋茄子/平井照敏

浄土にも秋茄子くらい在つて欲し/橋間石

痩せてまた手にす今年の秋茄子/石川桂郎

白陀亡し地に秋茄子の露まみれ/村上高悦

秋茄子にアルミ貨ほどの空の光/斉藤夏風

秋茄子に入れし包丁しめらざる/川崎展宏

秋茄子に再び暑し二三日/吉武月二郎句集

秋茄子に目のない男ゆめを見ず/橋石和栲

秋茄子のつやつや人の気配なし/雨宮弥紅

秋茄子の固き素顔の六つ余り/殿村菟絲子

秋茄子の土にまみれて豪雨かな/岸本尚毅

秋茄子の尻地に着けて太りゐし/池田秀水

秋茄子のいづこか光り夜の湖/加藤知世子

秋茄子へ厨子をはなれてゆきし声/上村占

秋茄子や嫁二人住む屋敷うち/小川ハナ子

秋茄子や邪魔にされつつ婆達者/皆川白陀

秋茄子小きはもののなつかしき/正岡子規

俳句例:61句目~

秋茄子根の土もろくひかれけり/西島麦南

秋茄子の暮色にまかす黒びかり/藤岡筑邨

秋茄子や母の仕草のまた老いて/皿井節子

秋茄子の尻キチキチと塩の中/長谷川秋子

ひとつ盗る秋なすの紺極まれば/角川春樹

今日の日の菜つもりして秋茄子/松藤夏山

容なるやいなやの傷の秋茄子/篠田悌二郎

秋なすびマリアも売られ朝の市/対馬康子

庭畑の秋茄子をもて足れりとす/富安風生

秋茄子に優しさのこり引かれけり/松村蒼石

秋茄子にこみあげる紺ありにけり/鈴木鷹夫

秋茄子を二つ食べたるからだかな/栗林千津

日にほてりたる秋茄子もぎにけり/川上梨屋

秋茄子の稚けなきまま採られけり/鈴木昌江

秋茄子もすでに終りや尻とがり/高田門前子

秋茄子ややさしくなりし母かなし/星野立子

掘り倒す生き長らふる秋茄子を/百合山羽公

秋茄子や初老といふは水に似て/鍵和田釉子

よはひすずろに秋茄子の数かぞへ/木村虹雨

秋茄子の色手のひらに染みにけり/滝井孝作

俳句例:81句目~

秋茄子の皮をつるりと料理長/御代田壽美子

秋茄子や峡の夕映え地には来ず/馬場移公子

秋茄子や此方に来たらぬ花の濃さ/永田耕衣

秋茄子や誰もいぬので拝んでみる/宇多喜代子

秋茄子に開扉のきしり消えゆけり/米沢吾亦紅

秋茄子の日に籠にあふれみつるかな/高浜虚子

もぎとつてこゞしくも見ゆ秋茄子/廣江八重櫻

秋茄子をもぐやどこかでピアノ鳴る/加倉井秋を

片親に十とせ和泉の秋茄子/『定本石橋秀野句文集』

老いても子に従わぬ母の頑固の故郷の秋茄子/橋本夢道

秋茄子や塩くちひゞく汁のもの/『定本石橋秀野句文集』

秋茄子やふるさとならむ墓どころ/『定本石橋秀野句文集』

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ