季語/花野(はなの)を使った俳句

「花野」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花野」について

【表記】花野

【読み方】はなの

【ローマ字読み】hanano

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

花野を含む俳句例

花野にて耳に緋房は羊の仔/林翔

花野風鋏借りあふ声離る/井上雪

霧はひて林没るる花野かな/風生

地獄谷隣合せの大花野/菅野一狼

北国はすでに花野や馬放つ/正雄

夕花野風より水の急ぎけり/黛執

金剛の杖受けし夢花野なか/原裕

噴煙や花野に坐して花摘まず/貞

一雨に流れ濁りて花野かな/成美

紙屋川花野に橋を渡しけり/田梅

北極星確かめ過る大花野/豊田晃

闘牛の吐く息荒し花野菊/高井北杜

横乗りに花野ぞゆるす牛の鞭/万里

大花野幼子の背に陽の翼/吉原文音

風落ちて男が残る大花野/栗林千津

花として我も交らん夕花野/水島稔

風敏し花野の中の吾亦紅/草間時彦

から風に片頬さむき花野かな/許六

三人の一人晴眼花野行く/村越化石

芒谷下りて果なき花野かな/碧梧桐

俳句例:21句目~

里人は突臼かやす花野哉/井原西鶴

霧深き花野や声が命綱/黒坂紫陽子

蝶~の身の上しらぬ花野哉/千代女

鳥銜へ去りぬ花野のわが言葉/静塔

屠牛場に通ふ径の花野哉/内田百間

浅間山前掛山と花野ゆく/高浜虚子

瞑れば花野は蝶の骸なる/柿本多映

暴動は寒し花野の柵低し/対馬康子

山臥の火を切こぼす花野かな/野坡

花野行足弱組に加われり/高澤良一

花野行く太陽の下風の中/星野立子

花野統ぶ松虫草の水浅黄/西本一都

老僧の花野遊びは苦行とも/齋藤玄

幾千の傘降る夜の花野かな/須藤徹

広道へ出て日の高き花野かな/蕪村

雨を呼ぶ紫よ黄よ大花野/山田弘子

仏光も花野明りの七ッ山/久米正雄

信玄の棒道今もある花野/福田蓼汀

再会の友よ花野に綱引かむ/仁平勝

別れ惜し花野に渡る風見つゝ/立子

俳句例:41句目~

野仏となるぞ花野に長居せば/狩行

鈍行の膝に童女や夕花野/加藤耕子

花野中大き昔の日が沈む/水原春郎

北辺の花野を走る白き馬/有馬朗人

花野ゆく女の服の大雑把/高澤良一

鶉ともならで花野のいたち哉/也有

大花野夕日は赤き玉となり/中村明子

花野にて鈴振りおとす哀れさよ/苑子

大花野微かに道の下りゐて/辻田克巳

湖がうかび上つてくる花野/京極杞陽

大鴉花野の果にひるがへり/高橋馬相

花野きて又しも橋を渡りけり/上村占

天上氷河地上花野よ徒渉る/斎藤俊子

道曲る花野の独活の花笠に/皆吉爽雨

極楽に行く人送る花野かな/永井荷風

天龍に沿ふ段丘の花野かな/瀧井孝作

近づけば黙る花野の岩いしころ/展宏

越の旅戻りの花野月夜かな/山口翠子

観世音おはす花野の十字路/川端茅舎

昼月の妖しく明き花野かな/橋本鶏二

俳句例:61句目~

西域の花野を越ゆる塩袋/鳥居おさむ

行我もにほへ花野を来るひとり/言水

蝶蜂も死にて花野の終る時/細見綾子

蜿蜒とあとかたもなき花野径/斎藤玄

蓬髪の人過ぎゆきし花野かな/原石鼎

鞭捨てて花野に入る女騎手/内田恵子

蒙古医の看板かかげ花野中/田村了咲

腰下す花野に霧島山沈む/宗像夕野火

鮮かに羊歯耀ける花野かな/京極杞陽

花野ゆくバスの母子の笑顔よし/草太

いっぽんの手拭首に花野行/高澤良一

一すじの光り花野の忘れ水/橋口ふみ

若犬が蜻蛉返りの花野かな/小林一茶

一刷きの海の際まで夕花野/橋本榮治

山伏の火を切りこぼす花野かな/野坡

樽前に日は落ちてゆく花野かな/青邨

一睡やわが身の中の花野行/齋藤愼爾

一筋の花野の中の滑走路/工藤吾亦紅

骨の父抱きて花野の橋渡る/関戸靖子

飯場出来花野の中に電話鳴る/星野椿

俳句例:81句目~

洛へは道しか~の花野かな/尾崎迷堂

天平の花野に白きパンタロン/車谷弘

上士幌花野に馬を放ち飼ふ/高木晴子

世の中をかう見て行ん花野かな/胡故

花野ゆくこゝろに源氏物語/藤崎久を

うしろ手に花野夕山旅を閉じ/渋谷道

風はらむ花野や指の漂ヘり/柿本多映

額へやる我手つめたき花野かな/石鼎

乙女座の男集まれ花野の天/原子公平

花野渡る三鴉の中の一鴉鳴く/草田男

嶺一つ越せばソ聯よ大花野/村越梅咲

川一つ跳んで花野の人となる/神蔵器

月へ行くバスが一台花野発/中嶋秀子

川音の昼はもどりて花野かな/千代尼

日は渺と昼月残る花野かな/倉根文吾

人声に少し離れてゆく花野/今成志津

満面に花野の入日訃に向ふ/石原舟月

人悼むごとく花野に深入りす/石嶌岳

夕花野人声近きところ過ぐ/木村蕪城

霜枯に咲くは辛気の花野哉/松尾芭蕉

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ