季語/蜆汁(しじみじる)を使った俳句

「蜆汁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蜆汁」について

【表記】蜆汁

【読み方】しじみじる

【ローマ字読み】shijimijiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

蜆汁を含む俳句例

少しさめ薄紫の蜆汁/中嶋秀子

牛島や桜に早き蜆汁/正岡子規

鶯の根岸の里や蜆汁/正岡子規

蜆汁父の大きな椀剥げて/林徹

黒松を出る日一髪蜆汁/齋藤玄

蜆汁/話上手の妻が居て/八木實

十三湖濁る大景蜆汁/蓬田紀枝子

叡山の裏側冷えし蜆汁/萩原麦草

庭先の山吹黄なる蜆汁/遠藤梧逸

快々と熱に昏めり蜆汁/目迫秩父

母方は近江の血筋蜆汁/高木秀慈

蜆汁終の栖の定まらず/木村速子

七十の母の煮炊の蜆汁/柳沢洸洋

戦争の砂漠が写り蜆汁/沢木欣一

蜆汁煮ゆるや夢に藤の花/松瀬青々

いい人に少し疲れて蜆汁/幸村睦子

蜆汁離るるひとは忘らるる/辻桃子

近江の子近江に帰り蜆汁/岩本周熈

遠き恩返せぬままや蜆汁/中村啓子

亡びたる国の光や蜆汁/高野ムツオ

俳句例:21句目~

還俗の膝にこぼすや蜆汁/会津八一

八重桜咲きけり芋に蜆汁/正岡子規

吹き晴れて硯の水と蜆汁/攝津幸彦

啜るとき真顔の夫や蜆汁/松村多美

金婚も常のごと過ぐ蜆汁/石野冬青

をさなさを馳走に寒の蜆汁/飴山實

高波を見つつ土用の蜆汁/桜田宗平

宍道湖の今朝の濁りや蜆汁/辻桃子

蜆汁花ちる頃の寒さかな/小杉余子

暗黒の黒まじるなり蜆汁/攝津幸彦

東京の暮しはじまる蜆汁/山田弘子

江戸詰モ已ニ久シヤ蜆汁/正岡子規

癇性の母でありしよ蜆汁/清水基吉

蜆汁一病もまた神の寵/藤村多加夫

蜆汁人の死と壁一重かな/小林康治

蜆汁殊に小粒や諏訪泊り/三上秋翠

ほんの少し家賃下りぬ蜆汁/渡邊水巴

いまのまにやみし吹雪や蜆汁/龍岡晋

弟のひとりは無口しじみ汁/恒任愛子

からし菜の薹立つ頃や蜆汁/正岡子規

俳句例:41句目~

末伏の眼鏡くもらす蜆汁/稲垣きくの

これといふ人なき家系蜆汁/岡本久一

われなりの養生訓や蜆汁/深見けん二

戀といへど上澄あをき蜆汁/塚本邦雄

稿了の手のくぼみたり蜆汁/星野紗一

しじみ汁菊枯れし宿の蔀越/室生犀星

蜆汁粒を揃えて出されけり/松下敞子

夫がゐる日の早灯し蜆汁/柴田白葉女

蜆汁妻の雀斑が病めりけり/小林康治

蜆汁すすり叡山明けて来し/萩原麦草

水変り焚く火も変り蜆汁/百合山羽公

欲捨てて今も生きをり蜆汁/村越化石

蜆汁母在りし世を夢かとも/三森鉄治

妻われを凡夫といへり蜆汁/辻田克巳

れんこん屋の急な階段蜆汁/田中冬二

喪の明けて更に淋しや蜆汁/古川淳子

金澤にかかる繊月しじみ汁/田中裕明

日曜やひとりに余す蜆汁/山田みづえ

ひとりにはひとりの音の蜆汁/石田勝彦

ふるさとに旅籠住ひや蜆汁/楠目橙黄子

俳句例:61句目~

まつくらな雨降りにけり蜆汁/石田郷子

ゆくゆくは出雲に栖みて蜆汁/松本雨生

わが作のラジオ洩る夜の蜆汁/石川桂郎

下々の下の客と興じて蜆汁/石島雉子郎

蜆汁はなし八雲に及びけり/望月由紀子

修羅越えて余後の土用の蜆汁/西明更風

堅田の灯またたきやまず蜆汁/山田春生

蜆汁はや子も揃ふことまれに/中村汀女

蜆汁よくなる世とも思はれず/福森妙子

止めどなき流転舌やく蜆汁/稲垣きくの

蜆汁深空のなかはさだまらず/飯島晴子

蜆汁用なき人となつてをり/佐々木六戈

蜆汁病みても母を哭かすかに/小林康治

大風に閉ざす障子や蜆汁/阿部みどり女

椅子四つ空いて居るなり蜆汁/柏木/博

しじみ汁いのちの限り母の恩/角川春樹

音たてて組む卓袱台や蜆汁/堀井より子

帰国子に先ずたつぷりと蜆汁/蒲沢康利

蜆汁朝のカナリヤ鈴を振る/小原菁々子

蜆汁家計荒るゝにまかせをり/小林康治

俳句例:81句目~

喪のあけてまた喪に入るや蜆汁/川上梨屋

にぎやかな音の立ちけり蜆汁/大住日呂姿

世のつねの浮き沈みとや蜆汁/鈴木真砂女

こころざし立てしことなし蜆汁/清水基吉

見たくなき芝居ばかりや蜆汁/大場白水郎

なみなみとけかちの国の蜆汁/伊佐山春愁

あぢさゐやしみじみうまき蜆汁/小川軽舟

花にまた早き京都や蜆汁後の月/酒井黙禪

蜆汁母の世消えてひさしきかな/松村蒼石

めそめそと雨の降る日や蜆汁/広江八重桜

蜆汁の身を剥し食いヒロシマ忌/橋本夢道

蜆汁きのふ大火のありしかな/久保田万太郎

離婚と決めし夫へ食べさす蜆汁/清水美津枝

のれん入れて風すさぶ夜の蜆汁/鈴木真砂女

しじみ汁煮つまる枇杷いろの夕灯/柴田白葉女

かちやかちやとかなしかりけり蜆汁/山口青邨

しじみ汁おかはりをして子は発てり/田邊えりな

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ