季語/踊子草(おどりこそう)を使った俳句

「踊子草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「踊子草」について

【表記】踊子草

【読み方】おどりこそう

【ローマ字読み】odorikoso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・踊草(おどりそう:odoriso)

・踊花(おどりばな:odoribana)

・虚無僧花(こむそうばな:komusobana)

季節による分類

・「お」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

踊子草を含む俳句例

寺裏に踊子草の道ありし/江藤都月

村過る踊子草の短かさに/古舘曹人

板橋を踏めば踊子草をどる/森田峠

無伴奏午前十時の踊子草/松山足羽

兵の墓までの道なる踊子草/宮田富昭

小暗くて踊子草は木曾の花/中村明子

抜かれたる踊子草よ誰が化身/きよみ

紅さして踊揃ひし踊子草/広瀬ひろし

踊子草信濃の雲へ径消ゆる/澤田緑生

踊子草踊らせ風の外海府/数馬あさじ

踊草咲きむらがれる坊の庭/山口青邨

鳥の声いつも吉野の踊子草/三木幸子

ひとりの子踊子草の蜜を吸ふ/若木一朗

マズルカと思ひ踊子草を見る/京極杞陽

朝すがし踊子草が来て咲けり/大野一有

流れあり踊子草に奏でつつ/宗像夕野火

若き手に摘まれ踊子草をどる/池田秀水

踊子草咲きむらがれる坊の庭/山口青邨

踊子草蕗をむく子に踊りけり/西本一都

ぬきん出て踊子草は風の中/釘宮/真由美

俳句例:21句目~

カドリールそんな踊子草を見つ/京極杞陽

摘みし手に踊子草ををどらせて/稲畑汀子

汽車の灯の昼とのあはひ踊子草/小池文子

踊子草かこみ何やら揉めてゐる/飯島晴子

踊子草みな踊りゐるひとたむろ/茂里正治

踊子草踊りしままに栞られて/稲畑廣太郎

露坐仏をかこみて咲きぬ踊子草/西島静歩

おへんろの通り過ぎたる踊子草/今井千鶴子

きりもなくふえて踊子草となる/後藤比奈夫

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ