季語/花菖蒲(はなしょうぶ)を使った俳句

「花菖蒲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花菖蒲」について

【表記】花菖蒲

【読み方】はなしょうぶ

【ローマ字読み】hanashobu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菖蒲見(しょうぶみ:shobumi)

・菖蒲園(しょうぶえん:shobuen)

・菖蒲田(しょうぶた:shobuta)

・白菖蒲(しろしょうぶ:shiroshobu)

・黄菖蒲(きしょうぶ:kishobu)

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

花菖蒲を含む俳句例

紫の白へ流れて白菖蒲/林翔

菖蒲刀砥水の沼に茂りけり/調古

暁や六日の菖蒲露の闇/松瀬青々

いづれ菖蒲一座の袂節句買/調玉

四阿に人混む雨の菖蒲園/安原葉

切口にすぐ山水や菖蒲引/飴山實

背戸口に砥汁流るゝ菖蒲哉/巨州

江戸前の藍染幟菖蒲市/伊東宏晃

染飯の庄屋弁当菖蒲園/田中英子

一本の白菖蒲また一行詩/中村明子

白菖蒲神泉に立つ風の筋/福本天心

春水や轟々とし菖蒲の芽/高浜虚子

垣一重菖蒲まこもよ水鶏啼く/麦邑

二色の菖蒲の芽あり畦に沿ひ/立子

人妻のあだに美し菖蒲園/鈴木花蓑

かけ菖蒲して傘貸さむ女客/泉鏡花

白菖蒲蕾きりきり鏃めく/高澤良一

水急ぐ白一色の菖蒲田ヘ/三橋鷹女

月光に花びら傷め白菖蒲/岡田日郎

燕の巣覗きて菖蒲ふきにけり/篠原

俳句例:21句目~

水温む泥に茜や菖蒲の根/西山泊雲

老残の月昼ながら菖蒲園/鷹羽狩行

病よし菖蒲枕をするほどに/上村占

颯爽と菖蒲の柄で役者買/筑紫磐井

はち巻の菖蒲花咲く簪かな/泉鏡花

風抜ける一瞬の闇白菖蒲/鎌倉佐弓

雨雲の足はかりゐる菖蒲引/飴山實

廣々と紙の如しや白菖蒲/星野立子

御前に菖蒲の池や花御堂/河野静雲

長々と肱にかけたり菖蒲売り/白雉

足音に来る鯉の口捩菖蒲/東條/照

菖蒲田の蕾の勢ひ葉の勢ひ/梶尾黙

紫の菖蒲に妻と入れ替る/古館曹人

白菖蒲母の袂に風こもり/大関靖博

花前の菖蒲や鶉炉に返し/石川桂郎

黄菖蒲や板のかわく翁堂/高井去私

朝市や解けば荷の中白菖蒲/高木聡輔

無花果の暗き水あり菖蒲園/遠藤梧逸

いねてより菖蒲の匂ひ思ひ出す/綾子

黄菖蒲は野に在る花に候や/高木晴子

俳句例:41句目~

鼻先に菖蒲咲きをり足洗ふ/下村梅子

栗の花散るや櫓端の古菖蒲/小川牛里

白菖蒲おののき易き花もてり/樋笠文

向ふなる汀の菖蒲水を出し/高浜虚子

かへり来し命虔しめ白菖蒲/石田波郷

業平の男ぶりなる菖蒲かな/赤松柳史

目のまへの暮れゆく雨の菖蒲かな/誠

迷子居や一輪挿に藍の花/為成菖蒲園

毛越寺僧の足型か菖蒲田に/沢木欣一

絨緞に押す乳母車菖蒲の日/古舘曹人

胸うすき日本の女菖蒲見に/細見綾子

花終へし菖蒲田に水鮮しき/都筑智子

夜蛙の声となりゆく菖蒲かな/秋櫻子

大捷か菖蒲の長さ根の紅さ/渡邊水巴

天が下菖蒲の折葉立葉かな/高澤良一

莟解く風を待ちをり白菖蒲/高島筍雄

菖蒲の葉北斎の線出し尽す/吉田紫乃

菖蒲咲きつぐ群衆の横顔に/吉本忠之

菖蒲園入口の蕾すく~と/佐野青陽人

ほぐれそめ翳知りそめし白菖蒲/林翔

俳句例:61句目~

家康の世よりの庄屋菖蒲園/澤村啓子

水暮れて海の鳥来る菖蒲園/山口誓子

小径さヘ八橋折れに菖蒲園/桂樟蹊子

菖蒲園底明りして雨つづく/高井北杜

菖蒲田の水に潜みし源五郎/大塚育子

菖蒲田の花の高さの風の道/行方克巳

菖蒲田の音を一つに水落す/古舘曹人

菖蒲髪粋に見らるゝ年の頃/高浜年尾

萎えた花摘む園丁や菖蒲園/今泉貞鳳

万座より落せる水の白菖蒲/前田普羅

薄赤き根を束ねたる菖蒲哉/松瀬青々

下戸の沢上戸の沼なりむら菖蒲/立詠

裏口に菖蒲紫ガス屋です/柴崎左田男

金屏に明暗はあり菖蒲の日/古舘曹人

人波に吾子さしあげ初詣/為成菖蒲園

門川のかりの渡舟や菖蒲園/橋本鶏二

採氷池菖蒲の新葉いろどりぬ/瀧春一

霖雨の窓のながめや菖蒲池/野村泊月

青柳の菖蒲にさはる廂かな/会津八一

昼ながら天の闇なり菖蒲園/山口誓子

俳句例:81句目~

髪の菖蒲解けて匂へり枕上/大木石子

初市の積荷にもたれ空は晴れ/菖蒲園

曇り日の花を重ねて白菖蒲/渡辺立男

鯉浮み亀浮き神の菖蒲池/小原菁々子

黄菖蒲の中洲が頒つ梓川/白岩てい子

黄菖蒲の水に映るは仏めく/今井誠人

丹生川村の菖蒲蓬を朝市に/久保美智子

いつの世に恋せし人ぞ菖蒲刈/松岡青蘿

雨は今霽れたばかりの菖蒲哉/鈴木苔花

雨どどと白し菖蒲の花びらに/山口青邨

雨ありしあとの日傘や菖蒲園/鈴木花蓑

芽菖蒲の切先風を震はする/後藤比奈夫

かはほりや小庭明るき白菖蒲/石井露月

白菖蒲別れし夫の訃を聞けり/館岡沙緻

水亭の腰窓の辺の菖蒲の芽/松本たかし

金堂のほとりの水に菖蒲の芽/星野立子

遅速ありありて賑はふ菖蒲の芽/松本進

返り咲く菖蒲一輪なるがよし/城谷文城

身の端を忘じてをりぬ菖蒲園/齋藤愼爾

しだり尾の長屋長屋に菖蒲哉/服部嵐雪

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ