季語/荻(おぎ)を使った俳句

「荻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「荻」について

【表記】荻

【読み方】おぎ

【ローマ字読み】ogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・風聞草(かざききぐさ:kazakikigusa)

・寝覚草(ねざめぐさ:nezamegusa)

・荻原(おぎはら:ogihara)

・浜荻(はまおぎ:hamaogi)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

荻を含む俳句例

凩やこの頃までは荻の風/蕪村

荻ぞ影百物がたり声の暮/調古

空山へ板一枚を荻の橋/原石鼎

侘人も一僕はあれ荻の声/幽山

折~や雨戸にさはる荻の声/雪芝

友とする夜も文車の荻の声/鬼貫

居酒屋の昼定食や荻の風/小澤實

荻の声舟は人なき夕べかな/闌更

夕暮や蚊を聞かへて荻の風/也有

風の音や汐に流るる荻の声/露伴

荻吹くや提灯人を待つ久し/虚子

一もとの荻にも秋の戦ぐ音/召波

荻を見に来れば道々荻の声/月居

荻吹や燃る浅間の荒残り/炭太祇

夢となりし骸骨踊る荻の声/其角

倒れけり霜の下荻卒中風/調枕子

桜井が咄し中半や荻の風/中村史邦

山荻の日に出て埃叩きけり/原石鼎

浜荻や馴れたる風の伊勢なまり/等

松が嫉水がね飲ません荻が上/洞雨

俳句例:21句目~

鯊釣や蘆荻の中の半日は/尾崎迷堂

虹の根や暮行くまゝの荻の声/士朗

伊勢荻や鵜の進む夜の風の音/馬仏

浜荻や当風こもる女文字/井原西鶴

少年の口笛去りぬ荻の声/愛澤豊嗣

影蹴つて帰る少年荻の声/丹羽啓子

この大河渡れば父郷荻の声/熊田鹿石

さつさつと荻も氷も霰かな/中村史邦

荻の角水のきらめき従へし/高浜朋子

荻の穂や頭をつかむ羅生門/松尾芭蕉

臍かくす河童太郎や荻の花/鬼頭進峰

荻の声こや秋風の口うつし/松尾芭蕉

浜荻の一ト夜泣たは誰が声ぞ/北枝/

出後れて泊る舟あり荻の聲/井上井月

川ぐまや白帆しわむる荻の風/中勘助

荻の道少し斜めに通りけり/福島はま

荻の風北より来り西よりす/高井几董

荻の風楼の灯遠く華かに/石島雉子郎

海沿ひを荻沿ひを人弔ヘ/蓬田紀枝子

荻の風獺の夫婦の通りけり/大野洒竹

俳句例:41句目~

一本の荻にも秋のそよぐ音/黒柳召波

荻吹くやかしこの山も歌枕/石橋秀野

水鶏啼く芦荻もありて水無瀬川/巨口

荻吹くや燃ゆる浅間の荒れ残り/太祗

浦ぶりに細き声あり荻の上/立花北枝

弥陀原の雲を遊ばす荻の風/菊地秀雄

豆蟹の荻の葉のぼる月夜哉/梅沢墨水

鉢に植てかひなき荻のそよぎ哉/来山

門の荻よそ~しくも声すなり/蒼きう

水はねて突と角組む荻なりし/星野椿

荻の風潮満ちてより静まりぬ/杜野光

猟犬の荻の茂みにかくれけり/羅蘇山人

荻の声近寄りてまた遠ざかり/江藤ひで

老画人光りて消えし荻の声/平井さち子

荻さわぐ秋篠川に月待てば/民井とほる

荻の葉に折々さはる夜舟かな/内藤鳴雪

かたびらの襟にはくさし荻の音/千代尼

まつすぐに届かない声荻の花/窪田久美

ゆくりなく伊勢路に入りて荻の声/松宇

タぐれや蚊を聞かへて荻の風/横井也有

俳句例:61句目~

一面に角ぐみいづれ荻ならむ/河野美奇

荻も穂に出るや星のあそびより/千代尼

山の日に荻にしまりぬ便所の戸/原石鼎

南北のなんでまひるの荻や馬/安井浩司

古歌にある沼とて荻の騒ぐなり/森田峠

岸の荻一舟かくす高さあり/足立みどり

荻吹くや葉山通ひの仕舞馬車/高濱虚子

廃校と決まりしよりの荻の風/蓮實淳夫

荻映り古江は暮れてゆくばかり/岩田潔

荻萩と下葉くらべよ長みじか/野澤凡兆

生えそめて水光りけり荻の角/高橋悦男

鰡獲たるその顔見せよ荻夕べ/臼田亞浪

見えぬ世も戦あるらし荻の声/中村苑子

湯の洞を出て一人きく荻の声/深谷雄大

酒肆を出て蘆荻に橋や秋の川/飯田蛇笏

源流に歩を向け荻の声を聞く/加古宗也

漁歌止んで只汐風の荻を吹く/寺田寅彦

阿武隈の蘆荻に瀕す冬木かな/飯田蛇笏

頬ずりに子は目を閉づる荻の声/不死男

潮浴びや隧道ぬけて荻の路/楠目橙黄子

俳句例:81句目~

物食はで荻の歌読む流人かな/尾崎紅葉

荻を見てあれば灯りぬ双林寺/五十嵐播水

なつかしき荻の葉伸びや塀の上/黒柳召波

棹さして水醒ましゆく荻の声/和田ゑい子

荻の葉のもの言ひがほやけさの秋/千代尼

荻の葉の折り~さはる夜舟かな/内藤鳴雪

荻の葉の高きにをりし螢かな/楠目橙黄子

とどわらの夕日に撓む荻のこゑ/沼澤石次

軽きものぶつかりおうて荻の声/如月真菜

荻の風いとさうざうしき男かな/蕪村遺稿

浜荻のひと夜泣いたは誰が声ぞ/立花北枝

荻しづまり障子を入るゝ艸の宿/松瀬青々

雪の不二蘆荻の上にゆくりなく/鈴木花蓑

鯊つりを埋めてそよぐ蘆荻かな/飯田蛇笏

今日見しは角組む荻か肯へり/森安より子

蜑が子の荻に領巾振るわかれ哉/尾崎紅葉

荻の声のこるあつさを隙で居る残暑/千代尼

荻の声やにはの頬ずり片眼閉づ/秋元不死男

ばせを植ゑてまづ憎む荻の二葉哉/松尾芭蕉

蘭の丈の荻より伸びて五月かな/岡本癖三酔

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ