季語/自然薯(じねんじょ)を使った俳句

「自然薯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「自然薯」について

【表記】自然薯

【読み方】じねんじょ

【ローマ字読み】jinenjo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・自然生(じねんじょう:jinenjo_)

・山芋(やまいも:yamaimo)

・山の芋(やまのいも:yamanoimo)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

自然薯を含む俳句例

年玉や水引かけて山の芋/鬼城

いち早く自然薯黄葉狐雨/高澤良一

国東や錫杖めきし山の芋/和田順子

長考は山の芋より始まりぬ/桂信子

山芋の茎は一旦下降して/高澤良一

自然生背筋一本通りたる/高澤良一

自然生背筋一本通りたる/高澤良一

新涼に山芋売の来りけり/芝不器男

自然薯の花の千本影千本/鳥居美智子

自然薯の包引つ提げ長身に/高澤良一

晩酌の具の山芋掘りに来し/高澤良一

根性の据はり方見ゆ自然生/高澤良一

自然薯を下げて最後に現れぬ/原田喬

自然薯の切口白き寒露かな/池田秀水

横たはる様は涅槃の自然生/高澤良一

自然薯の偏屈を押し通す形/高澤良一

自然薯は長寿の薬之ある哉/高澤良一

古雪や自然薯蔓の垣を垂る/飯田蛇笏

堀り尽す先の先まで自然薯/稲畑汀子

自然薯掘る山蔭のこゑ風の間/中拓夫

俳句例:21句目~

太鼓判押す自然薯の面構え/高澤良一

鵙高音自然薯を掘る音低く/高濱虚子

山の芋雲母交りの砂こぼす/沢木欣一

山芋おろす阿うん像影長し/伊東達夫

横たはる様は涅槃の自然生/高澤良一

山芋の妖しき白さ啜りけり/久安五劫

山芋の擂粉木に鉢踊り出す/高澤良一

自然薯にみだらな話山笑ふ/中山純子

山芋の黄葉せる道和みけり/高澤良一

自然薯の枯葉を金に山日濃し/上條勝

山芋を掘る境内を恐れずに/橋本對楠

自然薯の髯蓄ふは富貴の出/高澤良一

山門下自然薯掘の自転車か/高澤良一

自然薯の長さ包みし草の丈/土屋保夫

掘り尽す先の先まで自然薯/稲畑汀子

自然薯掘おのが影より立上る/岡田貞峰

狐ききをり自然薯掘のひとり言/森澄雄

自然薯の忘れられたる葉一枚/遠藤久子

自然薯を提げて藪より現はれし/星正喜

自然薯の包み方からして律義/高澤良一

俳句例:41句目~

何で臍曲げてしもうた自然生/高澤良一

墓山を自然薯掘りが来て荒す/高橋柿花

如意杖のごと自然薯を握り持つ/轡田進

自然薯はすすきの褥して届く/高澤良一

山芋の全貌を地に横たへし/山崎ひさを

自然薯の物言ふごとく土零す/高澤良一

擂り鉢のままの山芋夜宴張る/高井北杜

山芋もなうての末や何首烏芋/上村次郎

暗く深く温く自然薯掘りし穴/川村紫陽

自然薯擂る力が乳の形生む/蓬田紀枝子

自然薯擂る妻は大佛坐りして/高澤良一

自然薯黄葉城山の径明るうす/高澤良一

苞ひらき醜の自然薯現はるる/沢木欣一

藁苞の自然薯を買ふ湖東かな/小原英湖

蛇穴に入り自然薯太りけり/太田耳動子

朝市の婆の自然薯ひとならび/斎藤小夜

刃をあてて切口あをき山の芋/富安風生

山芋の黄葉慰めなき世なり/百合山羽公

山の芋供へてありぬ閻魔堂/滝沢伊代次

山の芋摺りしすりこぎ谷水に/沢木欣一

俳句例:61句目~

自然薯の怪異は美味の証にて/高澤良一

自然薯のいやに素直や栽培物/高澤良一

山芋の杖より長きめでたさよ/岸本尚毅

自然薯の包み開けば土の香す/高澤良一

自然薯の全身つひに掘り出さる/岸風三楼

髯づらの自然薯蝦夷の顔したり/高澤良一

自然薯の思案のさまに曲りたる/土肥幸弘

自然薯の蔓の雨粒つぎつぎと/佐々木六戈

自然薯を刺身づくりに空也の忌/吉田紫乃

自然薯を宝の如く掘りあぐる/富永/きぬ

自然薯を掘るに手間暇かかりけり/所山花

自然薯を掘る己が身を沈めゆき/藤野/力

自然薯を掘れば大島よく見えて/谷口淑江

自然薯を洗ふ時間を惜しまずに/右城暮石

この橋を自然薯掘りも酒買ひも/高野素十

自然薯掘り出されたる肌さらす/富安風生

自然薯掘り藪の匂ひを持ち帰る/皆川盤水

とっかかる自然薯掘りの一本目/高澤良一

自然薯掘土さくる音土落とす音/高澤良一

ゆすぶつて動ぜぬ石や自然薯掘る/上村占

俳句例:81句目~

よう喋る自然薯堀にしてはよう/高澤良一

一家言あるべし山芋掘りとして/高澤良一

山芋の蔓のゆくへを暑しとも/佐々木六戈

苦虫を噛みつぶす顔自然薯にも/高澤良一

蒼天に山芋の枯れすすむなり/伊藤いと子

山芋の蔓巻き上げて大暑なり/土屋かほる

藪がしら自然薯の蔓たぐりそむ/川端茅舎

山芋も仲間この地にながらへり/村越化石

山芋を摺りまつしろな夜になる/酒井弘司

日盛の自然薯の葉のそよぐなり/岸本尚毅

時雨るゝや自然薯掘りの藪の中/野村喜舟

海眩し自然薯掘りが藪を出て/皆川美恵子

狐ききをり自然薯掘りのひとり言/森澄雄

自然薯がおのれ信じて横たはる/中村汀女

自然薯とおもふ荷ほどき面白く/高澤良一

自然薯のそれと知らるる長包み/高澤良一

自然薯の一徹を掘り出しにけり/岩木/茂

自然薯堀むづかしき顔したりけり/高澤良一

自然薯を暴れぬように藁苞のなか/杉本雷造

自然薯の美髯この世のけむりほど/木村虹雨

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ