季語/御命講(おめいこう/おみょうこう)を使った俳句

「御命講」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「御命講」について

【表記】御命講

【読み方】おめいこう/おみょうこう

【ローマ字読み】omeiko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・御会式(おえしき:oeshiki)

・会式(えしき:eshiki)

・会式太鼓(えしきだいこ:eshikidaiko)

・万燈(まんどう:mando)

・日蓮忌(にちれんき:nichirenki)

季節による分類

・「お」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

御命講を含む俳句例

上人の鼻に箔おけ御命講/史邦

紅白の餅の柱やお命講/高濱虚子

菊鶏頭きり尽しけり御命講/芭蕉

御命講や油のやうな酒五升/芭蕉

上京や月夜しぐるゝ御命講/几董

伴僧の一人は有髪御命講/丹羽晴代

御命講の華のあるじや女形/炭太祇

御命講やあとの月には月の友/荒雀

立正安国立正平安御命講/迫田健路

御命講や紙子のうへの麻ばかま/奚

老沙彌の塩辛声や御命講/河野静雲

御命講や顱のあをき新比丘尼/許六

門前の峯き煮〆や御命講/野村喜舟

お命講島の高みに籠り堂/成瀬櫻桃子

山火事の如き日落とし御命講/林昌華

日だまりに菊百鉢や御命講/清水基吉

法の花松にとられなお命講/高浜虚子

法被の紺匂ふ墓守御命講/中川はぎの

菊鶏頭切り尽しけり御命講/松尾芭蕉

お命講や立ち居つ拝む二法師/村上鬼城

俳句例:21句目~

みちのくは冬すぐそこに御命講/森澄雄

吾が信の足らざる思ひ御命講/今田安柄

御命講乞食場所を追はれけり/細川加賀

御命講毒強き酒くみにけり/上田五千石

手をかりて起居の婆やお命講/羽生敏子

暇なき小僧の起ちゐや御命講/高田蝶衣

色餅にむかしなつかし御命講/小澤碧童

お命講の町出はづれて吊橋に/赤堀五百里

五色に塗る餅柔かしお命講/長谷川かな女

堂伽藍ともらざるなし御命講/池上いさむ

御命講や寺につたはる祖師の筆/正岡子規

盛物やがゞとそびえておめい御命講/可躍

いちじくをごま垂れで喰べお命講/中山純子

お命講かゝはりなしや余所の寺/阿波野青畝

母はもとより我も老いけり御命講/小澤碧童

あさがほのまだ咲きやめず御命講/久保田万太郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ