季語/金柑(きんかん)を使った俳句

「金柑」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「金柑」について

【表記】金柑

【読み方】きんかん

【ローマ字読み】kinkan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・金橘(きんきつ:kinkitsu)

・姫橘(ひめきつ:himekitsu)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

金柑を含む俳句例

金柑は咳の妙薬とて甘く/川端茅舎

金柑は黄に仏塔は金色に/佐野五水

金柑のありたけ点る観音堂/高澤良一

金柑の下を吊り目の猫通る/加藤青女

金柑の甘煮に移る日ざしかな/井上雪

金柑の甘煮の艶や九月果つ/藤井三郎

金柑や年寄り順に消ゆる島/川崎展宏

門前の金柑男のやうに噛む/飯島晴子

金柑の甘さとろりと年迎ふ/鈴木真砂女

金柑の食べ頃となる恵方かな/岸本尚毅

金柑やにはかに鶏の目は昏るる/中拓夫

金柑をくぐりてのぞく郵便箱/泉とし子

金柑を星のごと煮る霜夜かな/黒田杏子

金柑を煮てぬくもりし妻の頬/小林康治

金柑を煮詰める匂い仏まで/十亀かずみ

顔傾げては金柑を据いでをり/加藤楸邨

金柑にはや頬白の来鳴くなり/岡本癖三酔

金柑に風をいとひて恒友忌/阿部みどり女

金柑の径にオートバイ縮んだり/菊川貞夫

金柑の笑顔そこらに振りまきて/高澤良一

俳句例:21句目~

金柑の鉢そのまゝや雪の中/阿部みどり女

金柑はくすりのひとつ鉢に買ふ/石川桂郎

金柑をほほばりて来し海の子等/老川敏彦

金柑を生らせ死ぬまで棲む家ぞ/高澤良一

金柑百顆煮て玲瓏となりにけり/川端茅舎

金柑の温まりゆくたなごころ/阿部みどり女

金柑は葉越しにたかし今朝の霜/芥川龍之介

金柑やねむりぐすりを猫が飲む/小島千架子

金柑を舐めひと噛みにしてしまふ/西田/孝

きんかんの苗木きんかん十ばかり/若林かつ子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ